MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ルノー ダブルポイントフィニッシュでリードを広げる
20050509221100.jpg

マイルドセブン ルノーF1 チーム
メディアインフォメーション

スペインGP、日曜日

 バルセロナで行なわれた今日のスペインGPにおいて、マイルドセブン ルノーF1 チームは12ポイントを獲得し、シーズン6度目のポディウムフィニッシュを達成した。F.アロンソは彼のホームグランプリで2位に入り、シーズン5戦連続となるポディウムフィニッシュを達成し、G.フィジケラはボディワークの破損によってタイムを失う難しいレースになりながらも5位でフィニッシュした。チームは問題を解決するための彼の2回目のピットストップを早めたため、それによって彼は2位のポジションを手放すことになった。

 しかし、チームは今日の午後に12ポイントを獲得し、トータルで58ポイントとなったことで、コンストラクターズチャンピオンシップにおけるリードを広げている。最も近いライバルであるトヨタよりも18ポイント上まわっている。フェルナンドは44ポイントでドライバーズチャンピオンシップにおいてトップを維持しており、ジャンカルロは14ポイントで4位となっている。


★F.アロンソ 2位
「今日は、勝利と同じような気分だよ。週末を通してほとんど問題のないファンタスティックなクルマだったし、2位になることでできる限りのことはやったと思っている。最初のスティントでは小さな問題を抱えていて、キミにとっては楽すぎたように見えたかもしれないけど、マクラーレンはボクらよりも少し速いと思っていたし、次のレースではこの差が同じではないという自信がある。観衆は間違いなく勝利を願っていたと思うけど、それでもインラップにはボクがフィニッシュしたことや、チームが達成したことについて満足してくれていることを見ることができた。5レースを終えて5回のポディウムを獲得し、すでに44ポイントを記録しているというのはファンタスティックだし、チーム全体がボクらのポジションを維持するために最大限のプッシュを行なってくれることは分かっているよ」


★G.フィジケラ 5位
「レースを終えて最高に感動している。ポイントフィニッシュできたことは嬉しいし、今日はボクらのクルマがペースを持っていることが示せたと思う。でも、ボクらの作戦は優れていて、セットアップも的確で、良いレースを行なっていただけに、問題を抱えたのは悔しいね。P2はボクのものだったと思う。問題はレース半ばに起こったんだけど、突然フロントのダウンフォースを失ったように感じたから、ピットに戻って念のためノーズを変更し、フロアの問題を修復した。そして、同時に再給油も行なった。ウェーバーをパスできたことは嬉しく思っている。ボクは彼よりも速いことが分かっていたし、最終コーナーの出口で彼を捉えて、ターン1へ向けて良い攻撃を仕掛けることができた。全体として、5位のポジションにはとても満足している。再びポイントを獲得することができたし、モナコでの次のレースでは最初の予選を良い位置からスタートすることができる。あそこではそれがとても重要になるだろうし、ボクのお気に入りのサーキットだから、力強い結果が得られるととても楽観視しているよ」


★フラビオ・ブリアトーレ (マネージングディレクター)
「シーズンのすべてのレースに勝利できるわけではないし、今日のような日はチャンピオンシップのことを考える必要がある。今日は、チームにとってファンタスティックな結果を記録した。2台がポイントを獲得し、そのうちの1台はポディウムを達成した。フィジの問題がなければ2位と3位になっていただろう。ジャンカルロは素晴らしいレースを行なったし、クルマの問題によってポディウムを失ったことについて彼に謝らなければならない。フェルナンドは何のミスも犯さなかったし、スペインの観衆の前で2位に値していた。また、今日の午後において印象的なパフォーマンスを見せたマクラーレンを祝福する」


★パット・シモンズ(エンジニアリングエグゼクティブディレクター)
「最初に、今日傑出したペースを持っていたマクラーレンを祝福したい。序盤はリアタイヤのブリスターに悩まされたとはいえ、フェルナンドのレースはまずまずコントロールされたものだった。ブリスターが消えたときには、もはやキミに対してチャレンジすることはできなかった。ジャンカルロは素晴らしいレースを行なった。第2スティントにおいて、彼を劇的にスローダウンさせたボディワークの問題が起こるまでは、2位のポジションを見据えていた。チームは素早く対応し、フィジコは問題を解決するためにとても早い段階で2度目のストップを行なった。それからの彼のチャレンジは、ペースを維持して他のクルマがピットストップを行なう間に順位を上げるというものだったが、彼はミスなくそれをやってのけた。レースのファイナルラップで彼が記録したファステストラップは、小さな慰めだった」
スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/105-5d4b24ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。