MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
BAR リカールでニュルブルクリンクでのカムバックに照準
20050516223340.jpg

BARホンダ リカールでニュルブルクリンクでのカムバックに照準
05年05月13日

 ラッキーストライク BAR ホンダはヨーロッパGPでのレース復帰へ向けて、ポール リカール サーキットでコースに戻った。アンソニーとエンリケが水曜日に、ジェンソンと琢磨が金曜日にテストを担当し、4人すべてのドライバーがプログラムに参加した。最初の2日間はモナコ仕様のレイアウトでテストが行なわれたため、チームはテスト日数をセーブするために木曜日の走行を取りやめる決定を下した。


人気blogランキングへ
↑クリックしてください!!

 今週のテストの照準はニュルブルクリンクへ向けてのさらなる空力アップデートの評価、ヨーロッパとカナダGPへ向けてのタイヤ選択、そしてブレーキ開発作業に合わせられた。チームはポール リカール サーキットにおいて2218km、532周をカバーした。

 水曜日、アンソニーは新しい空力開発の評価に集中し、117周を走行した。彼の午後は電気系のトラブルがエンジンにダメージを与えたことによって、早い終了を迎えた。エンリケはロングランにおいてタイヤケーシングプログラムを実施しながら、同時にブレーキの評価も完了した。彼は1日で171周を走行している。

 モントリオール仕様のレイアウトに変更されると、ジェンソンは水曜日に試した方策と新しいものの両方について空力テストプログラムを継続した。いくつかのギアボックストラブルと度重なるレッドライトによって走行時間を失ったにも関わらず、彼は113周を走行している。琢磨は今後のレースへ向けてのタイヤ評価を実施した。彼のBAR ホンダ 007は午前中にハイドロリックリークを抱えて走行時間をロスしたが、それでも1日を通して131周を完了している。他のクルマがセーフティーバリアにダメージを与えるほどのアクシデントを引き起こしたため、午後のセッションでは再び短いサーキットレイアウトに変更された。


★J.バトン
「望んでいたほとんどの項目をテストすることができたけど、何度かギアボックストラブルを抱えたからベストな1日ではなかったね。でも、ボクらが解決できないものなどない。ほとんどのタイヤに関する作業はもう1台のクルマで行なわれたため、ボクらは主に空力の作業に集中した。テストしたすべてのことが上手く機能しているようだから、ボクらが向かう方向は分かっている」


★佐藤琢磨
「ニュルブルクリンクでのレース前にボクらが走行できる唯一のチャンスだったから、とても重要なテストだった。今週はテストチームのみんなが本当にハードに仕事をしたから、今日のテストをタイムシートのトップで終えられたのはとても報われるものだったね。2つのサーキットレイアウトを経験するチャレンジングな1日になった。午前中はタイヤプログラムで多くの距離を周回し、午後にはショートサーキットレイアウトでセットアップに関してとても良い進歩を遂げたから成功と言える1日だったし、クルマも上手くパフォーマンスしていた。みんなのハードワークの後で、さらに強く、速くなってヨーロッパGPでレースに戻ることを楽しみにしている」


★アンソニー・デビッドソン
「水曜日は主に空力の評価を行ない、終盤にはセットアップに関する作業も実施した。クルマは新しいパーツとともに良い感じだったし、力強い開発ペースを見せ続けることができて満足している」


★エンリケ・ベルノルディ
「今回のテストにおけるボクの重要な仕事は、ロングランでのパフォーマンスを評価するためのタイヤケーシングプログラムだった。いくつかの新しいブレーキダクトもテストしたし、クルマのバランスは向上しているようだった。安定していて速いタイムだったし、価値ある情報を得ることができたから、ボクにとってはかなりポジティブなテストだったよ」


★マーク・エリス (チーフテストエンジニア)
「今週は理想的なサーキットレイアウトではなかったが、予定していたすべてのプログラムを期待できる結果とともに完了することができた。ヨーロッパとカナダGPへ向けた開発が成功であることが証明されたし、勝利するために先頭でレースに復帰できることを期待している。絶え間ない開発ペースは衰えておらず、チーム全体の強さの証明である」


★中本修平 (エンジニアリングディレクター、HRD)
「エンジンについて再び有意義なテストだったし、レースに戻ることが待ちきれない」


ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/135-1e1c2204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。