MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
モナコGP チームプレビュー  マクラーレン
20050517215036.jpg

バルセロナの優勝に続け

 絵のように美しいモンテカルロで、今年もF1世界選手権第6戦モナコGPが行われる。グランプリ期間中は小さな公国がF1一色に染まり、メルセデス・ベンツにとっては1954年から1955年までの12戦を含むと、F1参戦200戦目を迎えることになる。


人気blogランキングへ
↑クリックしてください!!

 スペインGPでK.ライコネンが優勝し、コンストラクターズランキング3位のチーム・マクラーレン・メルセデスはモナコから続く4回の2連戦に備えている。ライコネンはドライバーズランキングで現在3位、チームメイトのJ.P.モントーヤは8位。そして、モナコGPからは金曜日のフリー走行で走るサードカーにアレックス・ブルツが乗ることとなった。


★K.ライコネン
「チームにいい結果をもたらしたスペインから、続けてモナコに来られて最高だ。モナコは誰もが勝ちたいレースだから、いいパフォーマンスを発揮したい。ここはスペインとはまったく違うチャレンジになる。レースをするサーキットの中では一番短くて、一番低速のコースだから、平均速度は時速160kmになる。高速が出なくても、ブレーキングポイントでは強いGがかかり、クルマとドライバーにとってキツくなるんだ。ツイスティーなコースで100%の集中力が必要とされるので、常に気をつけなければならない。小さなミスが命取りになる。オーバーテイクは難しいが、前を走るクルマがすごく遅いか、あるいはミスをしたら、ミラボーに進入するブレーキングで抜くチャンスがある」


★J.P.モントーヤ
「モナコGPはロケーション、雰囲気、歴史などをいつも楽しんでいる。2003年にここで優勝したのはキャリアで最高の瞬間だった。ランオフエリアがないことや、タイトなアームコ(ガードレール)、特殊な路面、そこには排水溝やマンホールカバーがあるけど、モナコだから気にならない。路面の特徴からライドハイト(車高)はシーズンを通して一番高くする。曲がりくねったコーナーではフロントエンドのグリップの良さがカギを握り、そこを速く抜ける必要がある。空力効率はハンドリングほど重要ではないが、誰もがダウンフォースは最大にして走るだろう。ポールリカールのテストでモナコに向けて、いいセットアップができたので、木曜日にコースを走るのが楽しみだ」


★アレックス・ブルツ
「モナコGPでチームのサードカーに乗れることになってうれしい。以前、モナコでは3回レースに出場したことがあるが、素晴らしい経験だった。だからモナコでMP4?20に乗るのを楽しみにしている。先週の金曜日、テストでアクシデントがあったけど、タイヤ選択に力を入れ、ポールリカールでは全体的にいいテストができた。コースのレイアウトから低速になるため、メカニカルグリップがカギだ。グリップレベルが低いけど、走り込んでラバーが乗るにつれて、グリップは上がってくる傾向にある。従って木曜日の僕たちの仕事は大事になるね」


★マーティン・ウイットマーシュ (マクラーレンCEO)
「先週はチーム・マクラーレン・メルセデスの全員がスペインGPでのキミの優勝と、パフォーマンスの向上を目指し、堅実な仕事を続けてこられたことを喜んでいた。そして迎えるモナコは、完全な集中力を必要とする容赦のないサーキットだ。モナコ用セットアップを手がけたポールリカールでのテストではキミ、ファン-パブロ、ペドロ、アレックスの4人でトータル1900kmを超える距離を走りこんだ。モンテカルロでは当然、予選が重要となるが、予選1回目はいい順番で出走できる。結果を出すには、これを最大限に利用することが大事だ」


★ノルベルト・ハウグ (メルセデスVP)
「モナコGPでは前戦スペインのときと同じような仕事をすることになるだろう。しかし、モンテカルロの市街地サーキットはバルセロナとも、カレンダーにあるどのコースとも違う。モナコは予選でもレースでも、平均スピードが遅いサーキットの一で、1周の半分しかフルスロットルで走らない。レース時間も1時間45分ぐらいかかるので、一番長いと言えるだろう。その一方で他のサーキットではレースで300kmを走るが、ここは260kmなので一番短いグランプリとなる。F1シーズンの中でモナコGPは最も重要なレースで、どのドライバーもチームも絶対に勝ちたいグランプリに挙げている。半分のドライバーとチームが優勝を狙える位置にいるから、誰が一番いい走りをするか、とても楽しみだ」





スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/142-c0ee0197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。