MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
モナコGP チームプレビュー  ジョーダン
20050517215806.jpg

伝統のサーキットで飛躍に期待

 モナコの予測不可能なコース特性がチームに合うとして、ジョーダン・グランプリはレースを楽しみにしている。しかし、その一方でモナコはオーバーテイクが不可能に近い難コースでもある。


人気blogランキングへ
↑クリックしてください!!

 T.モンテイロとロバート・ドーンボスの二人はF3000時代にこのコースでの走行経験がある。N.カーティケヤンは初めてだが、ストリートコースの経験はあり、F3時代にマカオで優秀な結果を残している。スペインGP終了後、モンテイロとカーティケヤンはチームの理学療法士、ジェラルド・グレイが用意したプログラムに従い、肉体と精神の両面をモナコのレースに向けて鍛えてきた。

 チームは5月13日にサンタポッドでニッキー・パストレリを走らせ、空力の評価テストを行っている。


★T.モンテイロ
「F1でもっとも有名なサーキットの一つで、危険とさえ言われるモナコにスリルを感じている。レーシングドライバーにとって、特別な場所だ。ここでは下準備がとても大切で、クルマのセットアップはもちろんのこと、自分自身の精神面も整えておかなければならない。他の場所以上に、クルマに乗り込む前の準備を完全にしておく必要がある。ほんの小さなミスが深刻な影響を及ぼすことから、常に100%集中していなければならない。ここではチームも結果を期待できるので、少し運が良ければ、ポイントが獲れるかもしれない。僕自身はバルセロナでの調子を維持したいと思っている。ストリートサーキットはいつも大好きだった。チャンプカーにいた時は19戦中8戦がストリートコースで、結果も良かった。F1でのモナコはどうなるか、楽しみだ」


★N.カーティケヤン
「F3の時はマカオで速かったし、ストリートサーキットとは相性がいいので、モナコで走るのが待ちきれない。素晴らしい伝統の一戦だ。ブリヂストン・タイヤにはハードなレースになるだろうし、なによりも頻繁にギアチェンジをするギアボックスへの負担が大きい。オーバーテイクするスペースはほとんどないので、予選も重要だけど、チャレンジの準備はできている」


★ロバート・ドーンボス
「どのドライバーもそうだろうけど、モナコに行けるのをとても楽しみにしている。世界でもっとも有名なサーキットで走れるなんて、すごくエキサイティングだよ。昨年F3000でレースをしたことがあり、ストリートサーキットはスピードを感じることができるので、大好きなんだ。ミスをしないようにずっと集中しているのはドライバーにとって挑戦だ。木曜日にいい仕事ができるよう、準備を整えていくよ」


★トレバー・カーリン (スポーティングディレクター)
「3人のドライバーにとって、F1マシンでこのコースを走るのは初めてのことだ。ナレイン、ティアゴ、ロバートはみんな過去にジュニアフォーミュラのストリートサーキットで活躍を見せている。伝統的なコースではジョーダン・グランプリも力を発揮できると考えており、トヨタの素晴らしい信頼性を生かし、フィニッシュまで走りきって、いくらかポイントを手にしたい」


★ジェラルド・グレイ (ジョーダン理学療法士)
「どのレースも、F1ルーキーである我々のドライバーにとっては大きなチャレンジだ。ギアチェンジが多く、わずかのミスやコースアウトも許されないモナコは、カレンダーの中でもっとも精神力を問われるレースだろう。78周に及ぶ強力な集中力が必要とされる。そうした力は、屋内外での計画的なトレーニングによって培われるものだ」

「現在、ナレインとティアゴの二人は北アメリカでのレースと、7月の2回の連戦のために徹底したトレーニングを行っている最中だ。こうしたハードな練習を通して強い精神を養いながら、肉体も鍛えていく。チーム入りが開幕直前だったため、ドライバーたちは体力的な不足を適切な精神訓練で補わなければならなかった。これまでのところ、確実な進歩が見られている」





スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/143-3d6cca26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。