MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
エディ・アーバイン ジョーダンを買収?
20050523230403.jpg

 F1を引退した際には、ドライバーからデスクワークに職を変えるなんてまっぴらだと語っていたエディー・アーバインだが、今では、自分はちゃんとしたチームボスになれると考えている。


人気blogランキングへ
↑クリックしてください!!


 モナコGPが開幕してから、アーバインはかなり話題の的になっていた。ジョーダンのオーナーになって間もないアレックス・シュナイダーから、チームを買収するのではないかというのだ。アーバイン自身が金を出すということはなさそうだが、モナコGP恒例の金曜の休日にパドックに現れ、裕福そうなロシア人をつれて様々なチームを訪問して回っていた。
 自分の元雇用主だったジョーダンからチームの運営を引き継ぐ意志があるのかどうかを聞かれたアーバインは、はっきりとは答えなかった。しかし、例の調子で、チームボスのなすべきことはドライバー時代に十分見てきたと語った。
「やればできると思うね」とアーバインはBBCラジオ・ファイブ・ライブに対して語った。
「ジャン・トッドのような最高の例も見てきたし、フォード自動車のような最悪の例も見てきた。フォードのやり方のマズさを見たことのほうが、ずっと勉強になったと思う。トッドは、すべてのことに素晴らしい配慮をしていたからね。トッドは、かなり理想的な仕事ぶりだった」
「人は自分の過ちからしか学べないものだ。そしてフォードは、どうするのが間違いかということを見せてくれた。ジャガーでフォードのやり方を経験したことで、はるかに目を開かせてもらったよ。だが、どちらの経験も必要だね」

 アーバイン自身は、フェラーリとジャガー時代のサラリーに加えて賢明な投資も行っており、金に不自由はしていない。だが、ジョーダンへの支払いの大半を受け持つと見られているのは、ロシア人のゲストの方だ。
 アーバインは、ルーツタム・タリコ氏を大勢のパドックの知り合いに紹介したが、やはりターゲットにしているのはジョーダンだけだと見られている。アーバインは、今回モナコに来たのは「実地調査」のためだというが、タリコがシュナイダーにチーム買収を持ちかけることは、非常に有力視されている。シュナイダーは、今季開幕前にジョーダンチームを購入したばかりなのだが。

 grandprix.comによれば、タリコは8億7千万ドルの財産を持っていると見られ、現在はロシアン・スタンダード銀行の頭取を務めているという。しかし、彼はまた“やり手”との評判もあり、ソビエト連邦の崩壊後にチョコレートとアルコールをロシアに輸入して財をなしたという。1998年に、タリコは独自のブランドのウォッカ(ロシアン・スタンダードという名称の)を発売し、これはたちまちロシア国内でのベストセラー・ブランドとなった。その後、タリコは金融業界へと転向して、築いた財産で銀行を買収し、ロシアン・スタンダード銀行と改称した。
 アーバインとエディー・ジョーダンは、常にお互いを賞賛し合ってきているが、今回も、F1での役割について聞かれて、ふたりともお互いを高く評価する発言をした。
 アーバインは、ジョーダンがシュナイダーにチームを売却したときに、残念に思ったと述べた。
「F1にはカラーが必要だし、エディー・ジョーダンがいないのは残念だ。彼は、カラフルなキャラクターのひとりだったからね」

 一方、ジョーダンも似たような賛辞を送り、アーバインはお堅いパドックに“ライフスタイル”ともいうべきものを再びもたらしてくれるだろうと述べた。
「F1は、エディー・アーバインのようなキャラクターを必要とする状況になっている」とジョーダンはBBCに対して語った。
「F1につきものだった、スタイルやパーティやライフスタイルといったものが、今はまったく欠けているんだ。エディーこそまさに、それを提供できる男だ。F1はもともとの活気や興奮や真の幸福感を失いつつあると思う。マニュファクチャラーはF1を金のかかるフォーミュラにしてしまった。彼らはもっと自制しなくてはならない。プライベートチームとマニュファクチャラーチームの間にははっきりした断絶がある」
「エディー・アーバインは、そのための触媒になりうるだろう。彼が買収によって、チームオーナーとしてF1に戻ってくるなら、私個人としては、観衆の一番前で歓呼を送るよ」




バーニー・エクレストン チームアーバインはF1にとって良いもの

 バーニー・エクレストンはエディー・アーバインがまもなくチームオーナーズサークルに参加するかもしれないことを良いニュースであると語っている。
 エクレストンはもし、アーバインのロシア人後援者が6ヶ月前にアレックス・シュナイダーが支払った金額の約半額でシルバーストンを拠点とするチームを獲得すれば、F1にとっては良いものになるだろうと主張した。

「このアイデアは好きだよ。彼はよく喋るし、人々を仰天させるだろう。」とエクレストンはイングランドの新聞で語った。

 シュナイダーはエディー・ジョーダンから約4千5百万ドルでチームを買収した。これはデビューにかかる2千万ドルも含まれている。
 しかし、皮肉にも、個人的に資金を投資しないアーバインは格安の2千2百万ドルでジョーダンに飛びつくことができた。
 したがって、なぜまずはじめに公平にロシアンカナディアンはジョーダンを買収しなかったのか?
「なぜなら、彼らはパーティーへいくことが好きだからさ。」と74歳のエクレストンはにやりと笑った。



GDOSHOP.comのお買い得ゴルフ用品



スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/163-a795be77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。