MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
カナダGP チームプレビュー  マクラーレン
20050607231226.jpg

モントリオールに向けて準備が整う

 北米2連戦はカナダ・モントリオールにあるノートルダム島のジル・ビルヌーブ・サーキットで幕を開ける。



【ライコネン モントーヤ マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン特集



 モナコGPで勝利を飾り、続くヨーロッパGPでも強さを見せたK.ライコネンは、カナダでも力強いパフォーマンスを披露しようと意気揚々。また、ここ3戦でポイントを獲得しているJ.P.モントーヤも結果を残そうとチャンスを狙っている。


★K.ライコネン
「ジル・ビルヌーブ・サーキットはストレートスピードが時速320kmに達する高速サーキットの一つだ。ということは、ブレーキングゾーンも大きくなり、その結果、いつもより大きなブレーキダクトを使うことになる。また、ブレーキング時に安定性のあるセットアップも必要だ。他のサーキットと比較するとしたら、このサーキットはイモラに一番似ているかもしれないな。結果はさておき、MP4?20はイモラの特性に合っていたから、今週末もいい走りができるといいね。でも、土曜日の予選はかなり早めに出なければならないから、路面が汚れていて不利になるだろう」


★J.P.モントーヤ
「カナダGPはいつも楽しめるグランプリなんだ。雰囲気がとてもいいし、ファンもすごく熱狂的で、本当に楽しいグランプリだよ。コース自体はローダウンフォースのセットアップで走る一方、ハイスピードでのグリップが必要だ。終始、クルマが軽い感じだから、常に限界にいるような気がするよ。また、バリアがとても近いので、モナコのように正確かつ高速で走らなければならない。低速コーナーの立ち上がりでは、いいトラクションが必要になる。コースレイアウトはヘアピンの進入を始めとするオーバーテイクポイントもあるので、ファンのためにエキサイティングなレースをしたいよ」


★ペドロ・デ・ラ・ロサ
「サーキットが再舗装されたので、新しいアスファルトの特徴は未知数なんだ。新しい路面が気温やミシュランタイヤの磨耗にどのように影響するかを見極めるために、金曜日のセッションはできるだけ周回を重ねるつもりだよ」


★マーティン・ウイットマーシュ 
  (マクラーレン・メルセデスF1チームCEO)
「先週はシルバーストーンでセットアップを煮詰め、ミシュランとはカナダGPに向けたタイヤテストと同時に、イギリスGPに備えたプログラムにも取り組んで生産的なテストをすることができた。ジル・ビルヌーブ・サーキットはとても難しいサーキットで、例年、消耗戦になることで有名だ。加速とブレーキングが極端なため、エンジンとブレーキがカギを握るし、ブレーキへの負荷が大きいので、クーリングが最重要になる。そのため最近のテストでは、それらの部分を重点的にテストし、いい結果を得ている」


★ノルベルト・ハウグ
 (メルセデス・ベンツ・モータースポーツ副社長)
「チーム全体がカナダとアメリカでの2戦を楽しみにしている。ここ3戦のレースの周回数は合計すると203周に及ぶが、そのうちの192周でキミ(ライコネン)が他をリードしていたというデータがある。間違いなく前戦でも勝てたはずだが、今回のカナダに向けてもポテンシャルは上がっている。モントリオールにあるジル・ビルヌーブ・サーキットは高速レイアウトのため、トップスピードは時速300kmを超え、レースの65%をフルスロットルで走る。長いストレートやタイトなシケイン、ヘアピンの組み合わせがブレーキにとても厳しくなるサーキットだ」



全国7000社以上の中古車業者が出品する検査・品質評価付きの良質な中古車を、格安で手に入れるチャンス! 楽天くるま市場 by Aucnet


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/217-e3350c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。