MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
カナダGP チームプレビュー  ザウバー
20050608214640.jpg

モントリオールでポイント獲得に期待

 チーム・ザウバー・ペトロナスはカナダGPが開催される北米カナダに向かった。開催地のモントリオールは言わずと知れたJ.ビルヌーブのホームレース。チームはここから再び2連戦に挑む。



【F.マッサ J.ビルヌーブ ザウバー グッズ】  楽天 ザウバー特集



 舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはイモラに特徴が似ているため、第4戦サン-マリノGPで今シーズンのベストパフォーマンスを見せたザウバーは自信を持っている。


★J.ビルヌーブ
「モントリオールは僕にとって特別なレースだ。ホームレースというだけでなく、カナダGPにはいろいろと素晴らしい面があるからね。ここに来ると特別な気持ちになるんだ。コースはとても素敵な場所にあるし、観客も熱狂的で、他のサーキットに比べてドライバーとファンの距離が近いから、それが素晴らしい雰囲気を作り出すんだ。街ではたくさんのイベントが開かれて、サーキットを訪れる人々を歓迎する。モントリオールに来て、この街に夢中にならない人はいないよ! レースに関しては高速コーナーがないから、予選はあまりエキサイティングではないね。でも、何カ所もきついブレーキングエリアがあるから、レースではオーバーテイクが可能だ。メインストレートではスピードが時速330?340kmにまで達するけど、ストレートの途中にある中速シケインはトリッキーだね。素早く方向を変えるためには、かなりスピードを乗せていかなければならない。多くのドライバーがここでアクシデントを経験しているわけだけど、僕もその一人さ。最近のレースでは不運続きだったから、カナダではポイントが獲れることを期待している。僕らのチームはいい結果を出して当然なんだ。僕にとっては忙しい一週間になりそうだけど、それを楽しみしているんだ」


★F.マッサ
「モントリオールは素晴らしい街だし、コースも好きだよ。とても独特なコースで、少しイモラに似ているんだ。ストレートとシケインが多いからね。だからブレーキには厳しいんだけど、ストレートがあるおかげでオーバーテイクのチャンスもある。秘訣は手前のコーナーを上手く抜けること。特にヘアピンでね。ヘアピンを上手く立ち上がれたら、そこから続くストレートではたいていオーバーテイクを仕掛けたほうがいい。そして、コーナーの飛び込みでブレーキを遅らせて、誰かを捕まえることができたらチャンスだ。僕たちのクルマは他のサーキットよりモントリオールに合うはずだよ。イモラで上手くいったように、ここでもいい走りができると思う」


★ウィリー・ランプ (テクニカルディレクター)
「モントリオールはヘアピンから最終シケインまでロングストレートがあるが、全体的にはミディアムダウンフォースのサーキットだ。高速で安定する、バランスのいいクルマがあれば、トップスピードでポジションをキープし、ストレートで他のドライバーたちを抜くことができる。また、コンクリートウォールのすぐ側を走る個所も多いため、自信を持ってラップタイムを出すためにも、バランスは重要だ。路面は2004年のグランプリが終わった後、再舗装されたので、タイヤパフォーマンスについては予想がつかないというのが正直なところだ。モントリオールでは通常、ブレーキや加速、いいトラクションが必要なので、テストではかなりソフトなコンパウンドを使ってきた」

「モントリオールは現在のF1カレンダーにあるどのサーキットよりもブレーキに厳しいため、ブレーキのクーリングを最大限に設定しなければならない。したがって、ブレーキ素材も最も優れたパフォーマンスのものを使用する。また、エンジンにもかなりの負担がかかり、気温も予測がつかないことから、クーリングの設定も幅を持たせる必要がある。空力セッティングはミディアムダウンフォースに設定するため、モナコ前のポールリカールと先週のモンツァでテストした新しいフロントウイングとリアウイングなど、改良版の空力パッケージを持ち込むつもりだ」

「その他ではヘアピンの出口や、そこから続くメインストレート、最終シケインへのブレーキングなど、コースにはオーバーテイクのチャンスもある。ここではブレーキの安定性とトラクションが重要になるので、いいパフォーマンスに期待したい」



ポイント換金や、アンケートの謝礼受取りで稼ごう!


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/218-0d832633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。