MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ロン・デニス 「モントーヤへのペナルティは重すぎる」
20050614234604.jpg

 マクラーレンのボス、ロン・デニスは、J.P.モントーヤがカナダGPで失格となったことに対し、ペナルティが重すぎると主張した。



F1グッズ売れ筋ランキング! 楽天ランキング市場



 デニスは、モントーヤのピットルール違反について自らの責任を肯定も否定もしなかった。しかし、クラッシュしたJ.バトンのBARホンダを撤去するためにセーフティーカーが導入された際、一連のミスの結果、ルール違反が起こってしまい、モントーヤはK.ライコネンにトップを譲り渡すことになったと述べた。

 デニスは、モントリオールに集まったジャーナリストたちに対し、次のように語った。
「レースを通して、私たちは難しい選択をしなければならず、その結果、ピットでのプレッシャーが高まってしまった。そんな中、セーフティーカーが導入された際、ファン?パブロを即座にピットへ呼ぶという行動をしそびれるというミスを犯してしまった」
「もちろん、それでキミは優位に立った。彼はトップでトラックに戻れたのだからね。ファン?パブロがピットに戻った時、彼は驚くほど冷静だった。その後、彼はエンジニアから、ピットを出るとき白線の左側にとどまるよう指示を受け、これに従った。しかし、私たちは彼に、赤信号であるかどうか確認するように念を押すことはしなかった」

 モントーヤがピットアウトしようとするまさにその時、セーフティーカーに先導された隊列が彼の前を通過しようとしていた。モントーヤはこの列の中、クルサードの前に割り込む形でコースに復帰した。当初、モントーヤに対する失格のペナルティはこの行為が原因だと考えられていたが、後に、彼がピットレーン出口の赤信号を無視したことによる裁定であったことが明らかになった。
「失格の裁定は、ファンの犯した罪に相当するものではない。重すぎると思っている」とデニスは語った。

 デニスは、もしも一連のミスがなければ、モントーヤは移籍後初の優勝を果たしていたかもしれないと語り、ポイントリーダーのF.アロンソのリタイアに乗じて、彼との差を縮める絶好のチャンスを生かせなかったと述べた。
「1?2フィニッシュも可能だった。しかも、ファン?パブロの移籍後初優勝でね。しかし、レースはまだたくさん残っている。私たちはいつものように、チームとして、ポジティブなものであろうとネガティブなものであろうと、自分たちの行動の結果を受け止めていく。今シーズンの残りのレースでも、戦略は変えない。2人のドライバーに対し平等に、そして一生懸命コミットし、優勝を狙っていく」




ノルベルト・ハウグ チームにも一部責任はある

 マクラーレンのロン・デニスは、ピットレーンのレッドシグナルを見落としたJ.P.モントーヤに対するブラックフラッグは厳しすぎるものだと語っている。

 デニスはモントーヤがシグナルに注意を払うべきだったと述べているのに対し、メルセデスのノルベルト・ハウグはチーム側にも一部責任があると語っている。
「間違いなく両方の責任だ。ドライバーは見なければならないし、チームも見なければならない。しかし、私の見解ではこのセーフティーカールールは新しいものであり、我々には十分な慣習がなかったと言えるだろう」

 一方、ルノーの2台がリタイアした後、モントーヤがリードしているとき、マクラーレンチームはK.ライコネンに対して2位のポジションを維持するように説得していたとデニスは明らかにしている。



カンタン約3分のオンライン車査定


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/235-7633619b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。