MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
サンマリノGP チームプレビュー  トヨタ
20050421224158.jpg


 ヨーロッパから離れた地で行われた開幕3戦で、2回の表彰台を獲得するという夢の様なスタートを切ったパナソニック・トヨタ・レーシングは、ドライバーズ、コンストラクターズ両選手権で2位のポジションを携えてヨーロッパラウンドへと凱旋する。
チームは、これまでの印象的な勢いを維持し、現在の25点という選手権ポイントを増やせることを期待して、イモラで行われるサンマリノGPへと臨む。

 2戦連続での2位表彰台と、3戦全てでトップ3からのスタートという素晴らしいスタートを切ったJ.トゥルーリは、選手権ポイント16点を携え、イタリア人である彼にとって今シーズン最初のホームレースに挑むこととなった。
ヨーロッパにおける4月の気候は、バーレーンやマレーシアでの、まるで溶鉱炉のような猛暑とは大きく異なるため、相対的なパフォーマンスを予想するのは難しい。しかし、慎重なJ.トゥルーリは、力強いスタートを切ったシーズンを、着実に築き上げていくことを望んでいる。


★J.トゥルーリ
「2005年シーズンが始まる前には、選手権ランキング2位でヨーロッパに戻ってくることが出来るとは想像もしていなかった。この信じられない状況を実現してくれた、パナソニック・トヨタ・レーシングのスタッフ全員の絶えないハードワークに感謝したい。確かに現在、期待は非常に高くなっているが、我々は地に足をつけて着実に歩まねばならない。サンマリノGPはホームGPではあるが、イモラ・サーキットは特に好きなコースというわけではない。イモラ攻略の重要なファクターは、ブレーキング時の安定性とトラクションにあるが、前2戦に比較すると非常に気温が低く、トヨタが過去にここで縁石に苦しんでいたということも考慮する必要があるだろう。しかし、TF105は大きな進化を見せており、また、この週末へ向けて空力のアップデートも行なわれ、より多くのポイント獲得を目指すことになる。きっと良い結果が得られるはずだ」


 R.シューマッハは前戦バーレーンGPの決勝で素晴らしいパフォーマンスを見せ、価値ある4位フィニッシュを果たし、2度目のポイントを獲得、計9ポイントで選手権4位に付けている。そして、R.シューマッハは、上向きの調子を維持することを決意して、サンマリノGPの行われる、彼にとって特別な思い出のあるサーキットへ向かう。


★R.シューマッハ
「私はいつもイモラへ戻るのを楽しみにしている。私のF1初勝利は2001年のイモラであり、それ以来ここでは決勝レース、予選共に好成績を挙げてきた。これまでイモラはトヨタにとって得意なサーキットではなかったが、今年の好調を維持出来ると考えてもおかしくはない。イモラ・サーキットは、多くの長いストレートと低速コーナーを持ち、F1カレンダーの中で最もテクニックを要求するコースの一つだ。それは、ブレーキへの負担が大きいことを意味するが、我々はバーレーンで強力なブレーキ能力を証明し、自信を持っている。ヤルノ・トゥルーリは2戦連続での表彰台獲得という素晴らしい仕事を成し遂げたが、私はマレーシアで5位、バーレーンで4位に入っており、順番通りに行けば次戦の表彰台は私のものになるはずだ。そしてそれがまさに目標だ」


 イモラでのパフォーマンスは、縁石をいかに攻略出来るかにかかっている。過去トヨタはここイモラで苦戦してきたが、シャシー部門テクニカル・ディレクターのマイク・ガスコインは、TF105が挑戦するに充分な能力を備えていると考えている。


★マイク・ガスコイン (シャシー部門テクニカル・ディレクター)
「縁石の攻略はイモラにおける重要な要素である。そしてそれは、過去トヨタの弱点でもあったが、今年進化したTF105はハンドリングを大幅に改善しており、このレースウィークにこれまでの様な問題は起こらないと思っている。また、イモラは猛烈に暑かったマレーシアとバーレーンの過去2戦と比較すると、明らかに涼しくなる。この気温差に対応するために、我々は先週ポールリカールでの合同テストに参加し、同様な温度下でミシュランタイヤがどう反応するかを立証し、レースウィークへ向けて最後のタイヤ選択を行った。全体的に見て、トヨタの快進撃を止める要素は見つからず、我々がより多くのポイント獲得を目指すのも当然と言える」

スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/26-4c6bd139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。