MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
アメリカGP チームレビュー  フェラーリ
20050622001126.jpg

 ミシュランの全チームがレース不参加を決めたことで、フェラーリがジョーダン・トヨタとミナルディ・コスワースのブリヂストン勢の中で1‐2勝利を飾ったのは至極当然の結果であった。

 以下がフェラーリ・チームから発表されたコメントである。



【M.シューマッハ R.バリチェロ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ特集



★ジャン・トッド
「我々の今季初勝利と1?2フィニッシュは異例の状況下でもたらされた。この状況をボクシングに例えれば、我々とブリヂストンはテクニカル・ノックアウトで勝ったようなものだ。今日の主目的は、順位に関係なく、2台をトラブルなく最後まで走らせることだったが、二人のドライバー間には接戦が見られた」

「ロリー・バーンが技術監修を行ったマシンでの100戦目を記録できたことをうれしく思う。また同時に、私がスクーデリアの責任者となってから80勝目でもある。フェラーリにとってナンバー1市場であるこの国での勝利は、非常に重要だ」

「このような状況になっても、多くのファンが残り、最後まで跳ね馬の旗が振られていたことがうれしかった。今日起きた事態には大変驚いているが、直接私に関係のないことについてはコメントを差し控えたい。ブリヂストンは並々ならぬ働きをしてくれている。シーズンは残り10戦となり、我々はいつものように目標を達成すべく、努力するのみである」


★M.シューマッハ
「とても奇妙なグランプリで、スタートで他のクルマが次々とピットインしていくのは異様な光景だった。事実上、僕たち二人しかいなかったといえるが、ルーベンスとのレースは接戦だった。今シーズン初勝利の獲り方としてはベストの方法ではなかったし、ファンにとって嘆かわしい出来事だった。それでも、多くのフェラーリ・サポーターたちがこの奇妙なレースの成り行きを最後まで見守ってくれたことがありがたかった。普通の状態で戦えなかったことが本当に残念だ。他のクルマが参加していたとしても、僕らは強かったし、きっと勝てたはずだからね」

「今日起きたことは僕たちにはどうしようもないことで、他の人たちの問題について詳しいことは知らない。だが、これだけは言える。僕らとブリヂストンには、よりパフォーマンスに優れ、耐久性の低いタイヤがあったにもかかわらず、ここがタイヤに厳しいサーキットということが分かっていたために、それを持ち込まないという選択をした。レース中、ルーベンスにトップを奪われたのは、ピットストップで時間をかけてタイヤをチェックしたからで、それにかかった時間が僕の方が長く、また彼がとてもハードにプッシュしていたためだ」


★R.バリチェロ
「今日はレースファンにとって悲しい一日だ。他のクルマがピットに戻っていったことも残念だが、きっと彼らの問題は深刻なものだったのだろう。10ポイントを取り逃がしたことも悔しい。トップに立った後はかなりハードにプッシュして、ミハエルとのギャップを広げることができたし、アウトラップも素晴らしかった。トップの座を守ろうとしたが、上手くいかなかった。ブリヂストンとフェラーリは本当に努力を続けてきたので、あんなことがなくても僕らは勝てただろう。クルマは一番速かったし、スタートではミハエルより僕の方が速かった。でも、どうしても前に出られなかったんだ。アメリカでのF1人気はこれまでもあまり高くはなかったけど、これでまた評判が落ちてしまっただろうね」


★ロス・ブラウン
「レース中は何もトラブルがなく、タイヤパフォーマンスは最後まで安定していた。ドライバーたちはお互いにハードにプッシュし合っていて、2回目のピットストップの後はエキサイティングな展開だった。このような状況下においても、良いレースが見せられるように我々は努力した。ピットストップで慎重だったのは、それだけの時間があったからだ」

スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/264-220bc505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。