MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ヘレス合同テスト最終日 (6/24)
20050626200537.jpg

 K.ライコネンがヘレステスト最終日にテストへ合流した。彼はモントーヤからテストを引き継いだ。モントーヤとは異なり、キミは最終日のファステストドライバーではなかった。
 ファステストラップタイムを記録したのはBARのJ.バトンであった。彼はF.アロンソよりもほんの少しタイムを上回った。レッドブルレーシングでスコット・スピードが、ヘレステストに参加した。



【佐藤琢磨 J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 BARホンダ特集



 最終日、ヘレスでのテスト3日目は水曜日や木曜日よりも冷たいコンディションの中、開始された。K.ライコネンはあまり多くの周回数を走行しなかった。チャンピオンシップにおける彼の最大のライバル、F.アロンソは木曜日のテスト日程を飛ばしたが、今日はトラックに出てきた。

 レッドブルレーシングは午前中にD.クルサードとリウッツィがテストを開始し、そのクルサードからその日のうちにスコット・スピードがテストの役割を引き継いでいた。トラックタイミングシートは午前中にクルサードが走行していたことに気付かず、そのため、F1Racing.netでのクルサードとスピードのテストリザルトは混合している。

 テストセッションはまれに見る赤旗中止となった。午前中のマシントラブルは佐藤琢磨のみであった。最終日のテスト終了時間を早めたのはフランク・モンタニーで、サードセクターでルノーのマシンを止めた。


1 J.バトン (BARホンダ)    01:17.154 83Laps
2 F.アロンソ (ルノー)      01:17.179 118Laps
3 K.ライコネン (マクラーレン)  01:17.345 61Laps
4 F.マッサ (ザウバー)      01:17.375 87Laps
5 J.トゥルーリ (トヨタ)     01:17.430 112Laps
6 F.モンタニー (ルノー)     01:17.549 118Laps
7 佐藤琢磨 (BARホンダ)     01:17.559 28Laps
8 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン) 01:17.685 95Laps
9 A.ピッツォニア (ウィリアムズ) 01:17.970 80Laps
10 N.ハイドフェルド (ウィリアムズ) 01:18.136 67Laps
11 E.ベルノルディ (BARホンダ)  01:18.570 47Laps
12 S.スピード (レッドブル)     01:18.619 101Laps
13 R.ゾンタ (トヨタ)        01:18.658 99Laps
14 A.デビッドソン (BARホンダ)  01:18.678 36Laps
15 V.リウッツィ (レッドブル)    01:19.681 101Laps




BAR テストでトラブルを起こしたにもかかわらず、エンジンに自信あり

20050626202123s.jpg
 BARは新たにアップグレードしたホンダエンジンに自身を持っている。それはフランスGPに用いられるであろう。
 しかし、それにもかかわらず、今週のヘレステストでチームはエンジントラブルに悩まされていた。

「今日、開発してきたエンジンの1台が珍しいトラブルを引き起こしたけれども、マニクール用の新しいエンジンの特性はポジティブな改善であったと思える。」とチーフテストエンジニアのマーク・エリスは語った。
「また、我々はさまざまな操縦性の改善を成功させた。これは今年、これからの数戦で効果が出てくるかもしれない。」

「9月までに2度テストが残されているので、我々のプログラムは当然、かなり包括的となってくる。」と彼は加えた。
「これからの数戦でコンペティティブなパフォーマンスを導くため、BARホンダ全体でマシンの開発をさらに激しく押し進めていくだろう。我々は空力テストで得た結果に満足しているし、レースバランスを改善するためにシャーシに対してきびしく取り組んできた。」

 BARは今シーズン、未だノーポイントである唯一のチームとなっている。




ルノー テスト最終日にトラブルは起きないとの結論

20050626202435s.jpg
 ルノーF1チームはヘレス最終日に多くのマイレージを稼ぎ、テストを終えた。
 その日はテクニカルトラブルに悩まされることもなかった。2日間の困難なテストを行った後、チームは2台のマシンに対してトラブルフリーな走行を行うことが出来た。チームは主にタイヤ選択の面でフランスGPの準備を完了させた。

 チーフテストエンジニアのクリスチャン・シルクは次のようにコメントした。
「我々はマニクール用の準備を完成させる生産的な1日を送った。また、シャーシ開発プログラムやブレーキに関しても開発を進めている。問題なくマシンは走行した。これは我々の2台のマシンで1000kmもの距離を走破できることを意味している。」




ザウバーも新フロントウィング投入

20050626202656s.jpg
 ヘレス合同テスト、最終日にF.マッサが大きくタイムを上げたザウバー・チームだが、テスト・エンジニアによればこれは新投入のフロントウィングの効果が大きいということだ。

 チームはこれでフランスGPに向けてエアロダイナミックスを含めたセットアップが大きく進捗、タイヤについても好データが出ているということで自信をみせている。



愛車の価格、ご存知ですか?



スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/280-6ef64983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘレス・テストでバトン選手が一番時計!

南スペインのヘレス・サーキット(Jerez circuit)で合同テストが行われ... 佐藤琢磨 の応援 & News by TNN【2005/06/30 02:13】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。