MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
D.クルサード レッドブルとの契約を2006年まで延長


 シルバーストンでの彼のホームGPを目前に控えて、D.クルサードがレッドブル・レーシングとの契約を2006年まで延長した。



【D.クルサード レッドブル グッズ】  楽天レッドブル特集



 J.バトンが今年限りでBARを去った場合には、その後釜に納まるとも言われていたクルサードだが、これで彼は来季もレッドブルに留まり、2006年からフェラーリエンジンにスイッチする同チームで、引き続きリードドライバーを務めることになった。
 今年のマレーシアGPで史上最も多くのポイントを獲得したイギリス人F1ドライバーとなったクルサード。彼は今年ここまでの10戦中6戦でポイントを記録しており、ドライバーズポイントランキングでは10位につけている。ちなみに1ポイント差の11位は、クルサードに代わってマクラーレンのシートに納まったJ.P.モントーヤだ。
 レッドブルは2006年には2人の若手ドライバー、クリスチャン・クリエンとビタントニオ・リウッツィによるチーム編成を考えていると言われていた。だが、スポーティングディレクターのクリスチャン・ホーナーによれば、クルサードをキープするという判断は決して難しいものではなかったという。
「デイビッドは彼がF1においてまだトップドライバーのひとりであることをハッキリと実証して見せた」とホーナー。
「今シーズンここまでのレッドブル・レーシングのコース上での信頼性の実現において、彼はきわめて重要な役割を果たした。したがって、私たちの契約を2006年まで延長し、彼をこのチームのリードドライバーとして確保することはごく簡単で自然な判断だった」

 一方、クルサードもこの発表に満足しており、来季もチームの進歩に役立てるのが楽しみだと述べた。
「レッドブル・レーシングと共に仕事をするのは、きわめて前向きで新鮮な経験だっ
た」とクルサード。
「チームにポテンシャルがあるのは明らかであり、このパートナーシップを継続することは完璧に道理に適っている。昨年12月にこのチームとの仕事を始めて以来、達成された進歩は著しいものがある」
「フェラーリエンジンを搭載したRB2の開発に貢献できること、そしてレッドブル・レーシングと共に今後のさらなる発展を享受することを楽しみにしている」



アトピー、アレルギー対策SHOPのもぐもぐ共和国


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/311-e704ceb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。