MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ドイツGP チームプレビュー  トヨタ


酷暑の戦いとなるホームレースへ体制整う

 7月の4連戦で唯一、1週間のインターバルを経て、F1サーカスは気分も新たに、連戦3戦目となる第12戦ドイツGPの行われるホッケンハイムへと戦いの舞台を移す。



【R.シューマッハ J.トゥルーリ トヨタF1 グッズ】  楽天 トヨタF1特集



 ドイツGPは、ケルンを拠点とするパナソニック・トヨタ・レーシングにとって、ホームレースの一つであり、良い結果が望まれるのはいうまでもない。夏のホッケンハイムは、酷暑で定評があるが、チームは先週、コンディションの似た、スペイン・ヘレスでテストを行い体制を整えた。前戦イギリスGPでは、R.シューマッハが8位、J.トゥルーリが9位でフィニッシュしており、このことは、両ドライバーが中盤の出走順で土曜日の予選に臨めることを意味している。
 そして、彼らはコンストラクターズ選手権で現在54ポイントを獲得、4位というポジションを堅守すべくドイツGPへと挑む。


 J.トゥルーリは前戦のシルバーストーンで惜しくもポイント獲得を逃したが、現在の31ポイントを増加させるべく、第12戦ドイツGPの行われるホッケンハイムへと向かう。

★J.トゥルーリ
「ホッケンハイム・サーキットは、2002年にレイアウトが変更された時に、その性格が大きく変わってしまった。旧レイアウトは低いダウンフォースで、ハイスピードなコースだったが、現在は、中程度のダウンフォースを必要とするコースになっている。この変更によって、全く正反対の性格となってしまい、比較することは不可能だ。しかし、私は変更前のコースで戦ってきたドイツF3時代から、新しいコースに変わっても、常にホッケンハイムでレースをすることを楽しんでいる。新しいホッケンハイムは、テクニカルサーキットとなり、多くの低速コーナーを持つが、高速なセクションでもタイムを稼ぐためにセットアップを行う必要がある。追い抜きのポイントはただ一つ、長いストレートの終わりだけだ。レースで負けないためにもストレートでの最高速が必要となる。前戦イギリスGPでポイント獲得を逃してしまった後、ドイツGPでより良い結果を出すために鋭気を養ってきた」


 イギリスGPでのポイント獲得の後、R.シューマッハは先週ヘレスで行われた合同テストに参加し、彼にとってホームレースとなる今週のドイツGPへ向けた準備を行った。

★R.シューマッハ
「ホッケンハイムで行われるドイツGPは、私にとってホームGPであり、ここ2レースでのポイント獲得に続く好結果を望んでいる。3年前に改修され新コースを気に入っており、そこで行われるレースを楽しみにしている。旧コースの非常に長いストレートは失われてしまったが、それは大きな問題ではなく、新しいレイアウトはより多くのバトルを望めるものとなり、ドライバー、そしてファン双方にとって興味深いものとなっている。ヘアピン手前及びインフィールドセクションの広い出口を持つコーナーは、追い抜きの絶好のポイントであり、リズムを維持して走り抜けなくてはならない。タイヤの選択は非常に重要だが、先週3日間に渡ってヘレスで行ったテストで、ホッケンハイムで直面するであろう暑いコンディションを想定したタイヤを見出した。成果の上がるテストとなり、ドイツGPでの好結果が期待できる」


 現在のホッケンハイムは、深い森の中を走り抜けた旧コースから、典型的な近代的F1サーキットへと変貌している。

★ディーター・ガス (チーフ・レース・エンジニア)
「2002年の変更以来、ホッケンハイムリンクは、中程度からやや高めのダウンフォースサーキットとなった。しかし、新しいレイアウトは、独特のチャレンジを必要とするものはそれほど多くなく、F1が行われる他のサーキットによく似ている。特に難しいコーナーはなく、旧コースの特徴であった厳しいハイスピードセクションを欠くものの、ヘアピンなど、追い抜きのチャンスはいくつかある。ホッケンハイム・サーキットは、リアタイヤの温度上昇が非常に厳しく、それはオーバーステアを招くため、過熱には注意が必要だ。ドイツGPの期間中に予想される、路面の温度の上昇が、問題を増幅させる。暑い気候への対応には、冷却のためのブリスター対策を十分に行わなければならない。タイヤの空気圧を抑えれば、タイヤの温度を低く維持することができ、レースウィークを通じて、常に十分な安全マージンを見込んだ上で、できる限り空気圧を低く保つべく調整を行う必要がある。我々のホームレースの一つであるドイツGPで、さらにポイントを獲得できることを期待している」



【お宝メール】毎日1000万円当選のチャンス♪運ダメシにもどうぞ!


スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/334-f2285dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。