MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
R.バリチェロ  やはりBARに? ザウバーがマッサの移籍を示唆


 ペーター・ザウバーがF.マッサのチーム離脱について落胆の気持ちを述べたため、R.バリチェロのBAR移籍という見方がますます強まることになった。



【F.マッサ J.ビルヌーブ ザウバー グッズ】  楽天 ザウバー特集



 数シーズン前、K.ライコネンをマクラーレンに譲ったザウバーは、ビッグチームに加入するドライバーは常に彼のチームが育てていると自負している。そのザウバーは伊ガゼッタ・デロ・スポルト紙に対し、マッサにはもう1年チームにいてほしかったとの心情を語った。ところが、この発言は、彼の意思とは裏腹に、ハンガリーGPで関係者たちが話すことを避けてきたバリチェロの移籍を確認するような形になって
しまった。
「フェリペにはもう1年チームにいてほしかった。しかし、今となってはそれももう遅い」とザウバーは語った。

 これにより、マッサが来シーズン、バリチェロに代わり、M.シューマッハのチームメイトとして採用されるとの憶測が強まる結果となった。
 2000年からミハエルとコンビを組むバリチェロは、ハンガリーGPで、ウイリアムズ入りするJ.バトンに代わってBARと2年契約を結んだのではとウワサされていた。BARもバトンも、来季も今年同様一緒にやっていきたいと繰り返し強調しているが、スイスの契約承認委員会(CRB)は、バトンのウイリアムズへの移籍を指示すると思われ、そうなるとBARにはひとつシートの空きが出る。

 BARのCEOニック・フライは、バトンの後釜にバリチェロが座るというウワサについて次のように語っている。
「多くの人々が私たちのチームにその可能性があると見てくれているのは嬉しいことだ。ほんとうに多くの人々が興味を示している」

 マッサがザウバーを離れれば、N.ハイドフェルドが新オーナーのBMWと共にザウバーで再びドライブすることができる。ハイドフェルドは現在、ウイリアムズのドライバーを務めているが、バトンがウイリアムズ入りすればチームを離れ、2006年からワークスチームとしてスタートを切るBMWが彼をチームに引っ張ると見られている。
 マッサがザウバーを離脱すれば、J.ビルヌーブのプレッシャーも緩和されるかもしれない。ビルヌーブはザウバーとあと1年契約が残っており、BMWも彼の残りの契約と共にザウバーを購入したのだと主張し続けている。




フェラーリ 今週バリチェロと緊急協議へ

20050802215632.jpg
 ハンガリーGPを終えたF1は束の間の夏季休暇に入ることになるが、フェラーリ・チームとR.バリチェロは今週緊急の協議を行うことになる筈だ。
 いずれからもまだ公式発表はないものの、関係者の間ではバリチェロがBARチームと2年契約を結んだとの話がすでに広まっている。

 こうした噂について同チームのジャン・トッド監督は、
「私はフェラーリ・チームと契約しているすべての人がそれに満足していることを願っているが、もしバリチェロが他のどこかにいるほうが幸せだと考えるならば、その前に立ち塞がるつもりはないよ」と、半ば移籍を認めたような口ぶりだ。

 また同監督は、「この話題はシーズン終了まで持ち越されることはない。今後数日中にも明らかにされるべきだ」とも語り、決着が近いことを匂わせている。

(バリチェロは2000年から在籍、現在の契約は2006年末までとされる)




ジル・ド・フェラン 「バリチェロの話知らない」

 すでにR.バリチェロとの間で2年契約を結んだと伝えられるBARチームだが、噂の中心にあるジル・ド・フェラン/スポーティング・ディレクターは、「そうした事実はない」と否定している。

「われわれのリストの中にはさまざまな名前があるよ。そうした意味で(友人である)バリチェロにも可能性があることは認めるが、できる範囲で最高のドライバー・ラインナップを探るのはどのチームだって当然のことだ。彼にはトップチームでの豊富な優勝経験があるんだからね。
しかしわれわれの来年のドライバーはまだ何も決まっていない。いつ発表できるかについても、まだわからないとしか言えないね」




R.バリチェロ  BAR移籍を否定するが...

 すっかり定着してしまった観のあるR.バリチェロ(フェラーリ)の契約問題だが、「すでに2年契約を結んだ」とブラジル紙に語ったとされるネルソン・ピケ氏についてバリチェロは「ピケとは話をしたこともない」と、距離を置いている。

「だいたい僕はピケと話をしたこともないんだ。
すっかりBAR移籍なんていう話が拡がってしまったから、僕の(フェラーリでの)仕事にも差し支えているよ」と、不満顔。

 しかし、それでも騒動は収まりをみせていない。




J.バトン  「ウィリアムズ側と正式に話した」

 昨年に続いてウィリアムズとの契約問題に揺れているJ.バトンだが、ウィリアムズ側との間で直に話し合われていないとの指摘について本人が公式に反論を行った。

 それによれば、7月12日にウィリアムズ本社の会議室において、フランク・ウィリアムズ代表やパトリック・ヘッド/エンジニアリング・ディレクター、サム・マイケル/テクニカル・ディレクターらに加えてチーフ・エクゼクティブ・オフィサーのクリス・シャップル氏が同席、この場でウィリアムズ氏からの、「来年、ウチで走りたくないのか」という質問に対してバトンは明確に「走りたくない」と答えたというもの
だ。




ニック・フライ  「バトンの契約は自力で」

 BARチームのニック・フライ代表は、いま渦中にあるJ.バトンのウィリアムズ・チームとの契約問題について触れ、「バトンの契約は自力で解決しなければならない」とし、直接関与の可能性を否定した。

「バトンの契約についてはチームと本人双方に言い分があるようだが、これはあくまでも当事者双方の問題であって、彼ら自身の手で解決されなければならないものだ。
われわれはもちろんバトンに残留してもらいたいと思っているが、しかし契約について残念ながらわれわれは知識を持っていないし、これはわれわれのコントロールの範囲を超えていることなのだ」



【楽天ブックス】話題の映画を本で読む!!



スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/381-8273319f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。