MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
イタリアGP チームプレビュー  ウィリアムズ


モンツァへ向けて予防策を講じる

 次週モンツァで行われるイタリアGP以降、残る5戦はすべてパワー勝負サーキットとなり、レースはここから転換点を迎える。その点において、モンツァは最も過酷なサーキットといっても良い。ダウンフォースは一年を通して最も低く、エンジンは性能の限界を試される。



【F1 ウィリアムズ特集】 楽天ウィリアムズ市場



 チームはトルコで起きたタイヤトラブルの調査を終え、メカニカルセットアップ、ボディワークの仕様やタイヤのたわみを含む総合的なコンディションが原因を作ったことを突き止めている。前のグランプリでマシンスペックに問題のなかった点についても、数々の予防策が取られており、エンジニアたちは同じトラブルが起きることはないと自信を見せている。


★N.ハイドフェルド
「モンツァは、他のどことも似ていないサーキットだ。歴史と伝統があり、独特のデザインを持っている。最高速はシーズン中で最も速い、時速360kmに達するんだ!  モンツァでは独特の空力仕様と共に、特別なセットアップが必要となる。このレースのために、各チームは特別の空力パッケージを用意するんだ。ローダウンフォースで機能しなければならないし、高速セクションでの動きも良くなければならない。つまり、高速ストレートではトップスピードが速く、低速シケインでは空力効率に優れ、高い縁石に対応できるマシンが必要ということだ。イモラと同じように、イタリアのファンがとてもレースを盛り上げてくれるので、モンツァはいつも特別な場所だよ」


★M.ウェーバー
「モンツァは、セットアップに関して独特のサーキットだ。非常にハイスピードなサーキットで、常に最高速を追求することになる。ここではポイントを獲ったこともあるし、今年もまた狙っていきたい。僕らにはマクラーレンやルノーほどのペースはないかもしれないけど、それなりの結果は期待できると思う。少しでも堅実なポイントを獲得できればいいね」
「ミナルディでF1デビューし、イモラからそう遠くないところで長い時間を過ごしてきたから、イタリアは僕の大好きな国の一つなんだ。ここに来るのはいつもすごく楽しみだ。イタリア人はサイクリング好きだし、食べ物も最高に美味しい。本当に素晴らしい国だよ」


★サム・マイケル (テクニカルディレクター)
「モンツァが他のサーキットと比べて抜きんでているのは、長いストレートに支配されており、いくつかのシケインと4つの重要なコーナーを持ち、1年の中で最高のトップスピードを誇るという点だ。抵抗の少ないセットアップを要求され、そのためにモンツァ仕様の特別なフロントとリアウイングを使用することになる。中速コーナーでのバランスと、縁石でのハンドリングが重要だ。イスタンブールでのタイヤトラブルに対処するため、ミシュランとは考えられる限り内圧やキャンバーについて検証を行った」
「さらに、グローブのウィリアムズR&D研究室でのテストも行い、ラップ中のタイヤのたわみについてもチェックを行った。また最終的にはモンツァ・テストでさまざまなボディワークの形状を試し、タイヤがマシンに触れる可能性のないことを確認した。また、冷却レベルや、ブレーキセットアップ、タイヤ評価を通し、レースに向けて最適な仕様を選択するために準備を進めた」


★マリオ・タイセン (BMWモータースポーツディレクター)
「モンツァはエンジンの役割が非常に大きく、BMWにとって常に特別なグランプリである。1周の69%が全開での走行となり、フルスロットル率はF1サーキットの中で最も高い。コースのさまざまな部分で長時間の全開区間があり、その長さは他のサーキットの中でもトップレベルだ。現在のF1カレンダーには、このようにエンジンに多くを要求する、同様のセクションが3つ存在する。1番はスパで、オー・ルージュを全開で抜けると 1821mになる。それに匹敵するのがインディアナポリス(1820m)で、次がモンツァ(1268m)だ。スピードに関しては、モンツァが他のコースに勝る。2004年には、ファン‐パブロ・モントーヤが予選1回目で、平均時速262.242kmという記録を打ち立てた。アントニオ・ピッツォニアも、レース中に時速369.9kmという最高速を記録している」
「イタリアGPでは予定通り、新しいBMW P84/5エンジンを使用する。トルコでは、残念なトラブルに見舞われてしまったものの、我々にはポイントを獲得するチャンスがあった。我々のゴールは変わっておらず、BMWウィリアムズF1チームとして、2005年シーズンを良い形で終えたい」








ギャルズ・パラダイス「2005 GTレースクイーンオフィシャルガイドブック」


著者:
出版社:イデア/三栄書房
本体価格:762円



楽天ブックスで購入する

スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/419-fd4b0790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。