MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ベルギーGP 金曜日フリー走行1回目


 チャンピオンシップもいよいよ天王山。全19戦という史上最多スケジュールが組まれた2005年シーズンはF1世界選手権第16戦ベルギーGPでタイトル決定のシーンを迎えようとしている。



【ライコネン モントーヤ マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン特集



 主役はルノーのF.アロンソとマクラーレンのK.ライコネン。ベルギーGPの舞台スパ・フランコルシャン・サーキットでアロンソがライコネンに対し、4ポイントの差を広げれば、アロンソの史上最年少チャンピオンが決まる。思えば、昨年もタイトル決定の舞台はスパだった。やはりタイトル争いに絡んでいたライコネンが勝利をもぎ取ったものの、2位に入ったM.シューマッハ(フェラーリ)が7冠王座を獲得。辛酸をなめたライコネンは同じような立場に置かれた今年、同じ思いはしたくないだろう。

 さいわいマクラーレンはスパでの勝率が高く、ライコネン自身も2連覇をかけて臨んでいる。一方、アロンソは過去2回しかスパを走った経験がなく、そのどちらもがリタイアと、サーキットとの相性という点ではライコネンの方が有利だし、精神的余裕という意味ではアロンソに分がある。一騎打ちのタイトル争いは果たしてどんな結末を迎えるのか。世界中が見守るベルギーGPの火ぶたが、ついに切って落とされた。

 開幕初日の朝を迎えたスパはところどころに青空がのぞいているものの、あいにくの曇り空。コースの一部は早朝に降った雨の影響で濡れており、早くも名物“スパ・ウエザー”の様相を呈している。気温22℃、路面温度25℃、湿度75%のウエット宣言のもとでフリー走行1回目が始まった。

 60分間で行われるセッションの序盤は開始10分過ぎ、リカルド・ゾンタ(トヨタ)が最初にタイムをマーク。これにアレックス・ブルツ(マクラーレン)、ニコラス・キエーサ(ジョーダン)、ビタントニオ・リウッツィ(レッドブル)といった顔ぶれが相次いでタイムを刻み、開始27分過ぎ、ゾンタが1分56秒232を記録して最初に2分の壁を破る。ここスパはコースの全長が6.973kmと長いため、他サーキットより1周の時間がかかるのだ。

 セッションが後半に入ると、路面が徐々に乾き始めてきた。しかし、タイムシートに名前を刻んだのはまだ4人で、ほとんどのドライバーが様子見を決め込んでいる。M.シューマッハとR.バリチェロのフェラーリ勢、M.ウェーバー、A.ピッツォニアのウィリアムズ勢、J.P.モントーヤ(マクラーレン)とアロンソの6人はインストレーションラップにさえ出ていない。ちなみにピッツォニアは先週のイタリアGPに続き、N.ハイドフェルドの代役としてグランプリ出場を果たしている。ハイドフェルドはまだ体調が万全ではないとのことだ。

 セッション開始36分、ゾンタのトップタイムを上回ったリウッツィが次々と自己ベストを縮めていき、1分52秒494までトップタイムを更新。しかし、ゾンタが1分50秒580をマークして、トップを奪い返す。また、開始42分にはエンリコ・トカチェロ(ミナルディ)、46分にはF.マッサ(ザウバー)がアタックを行い、タイムシートには6人の名前が刻まれた。順位はゾンタ、リウッツィ、ブルツ、キエーサ、マッサ、トカチェロ。だが、すぐさまブルツが2番手、マッサが4番手に浮上し、順位が入れ替わる。

 開始49分、トカチェロがコースオフして、タイヤバリアに軽く接触。アタックを終えてしまうが、大事には至らなかった模様だ。

 そして、セッション残り10分を切ると、J.トゥルーリとR.シューマッハのトヨタ勢にザウバーのJ.ビルヌーブ、シューマッハとバリチェロのフェラーリ勢もコースに姿を現す。さらに佐藤琢磨とJ.バトンのBARホンダ勢もコースインし、琢磨は1分53秒076で6番手、バトンは1分51秒682で4番手につけた。

 一方、トップ争いはブルツ、ゾンタ、ウェーバー、G.フィジケラ(ルノー)といった面々で展開されるが、セッション終了間際、ライコネンが1分48秒206を叩き出して、フリー走行1回目が終了。

 順位は初日の朝から気迫のトップタイムを刻んだライコネン、ブルツ、フィジケラのトップ3に、ゾンタ、ウェーバー、バトン、トゥルーリ、ミハエル&ラルフのシューマッハ兄弟、リウッツィまでがトップ10。11番手には琢磨、12番手にはバリチェロが続いた。なお、アロンソとモントーヤは最後までピットに収まったままで、アタックを行わなかった。


1 K.ライコネン (マクラーレン)   1:48.206 5Laps
2 A.ブルツ (マクラーレン)     1:48.216 18Laps
3 G.フィジケラ (ルノー)      1:48.619 6Laps
4 R.ゾンタ (トヨタ)        1:49.445 22Laps
5 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:49.692 4Laps
6 J.バトン (BARホンダ)     1:49.890 7Laps
7 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:50.542 9Laps
8 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:50.564 4Laps
9 R.シューマッハ (トヨタ)     1:50.820 8Laps
10 V.リウッツィ (レッドブル)    1:50.951 17Laps
11 佐藤琢磨 (BARホンダ)      1:51.003 7Laps
12 R.バリチェロ (フェラーリ)    1:51.177 5Laps
13 J.ビルヌーブ (ザウバー)     1:52.173 7Laps
14 F.マッサ (ザウバー)       1:52.236 9Laps
15 N.カーティケヤン (ジョーダン)  1:53.148 9Laps
16 A.ピッツォニア (ウィリアムズ)  1:53.535 4Laps
17 C.アルバース (ミナルディ)    1:53.807 9Laps
18 N.キエーザ (ジョーダン)     1:54.437 17Laps
19 R.ドーンボス (ミナルディ)    1:54.973 8Laps
20 T.モンテイロ (ジョーダン)    1:55.174 7Laps
21 E.トカセロ (ミナルディ)     2:02.502 5Laps
22 D.クルサード (レッドブル)    no time 1Lap
23 C.クリエン (レッドブル)     no time 1Lap
24 F.アロンソ (ルノー)       no time 0Lap
25 J.P.モントーヤ (マクラーレン) no time 0Lap


20050910005231.jpg


20050910005238.jpg


20050910005247.jpg


20050910005259.jpg


20050910005308.jpg




ゴルフ場ランキング



スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/435-e05ef7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1第16戦ベルギーGP金曜フリー走行1回目結果

FIA Formula 1 World ChampionshipBelgian GPフリー走行1結果レポート Blog Epsilon【2005/09/10 23:04】

F1ベルギーGP フリー走行1

F1ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで開幕です。 FASTEST LAP【2005/09/11 09:44】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。