MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
M.シューマッハ  佐藤琢磨の追突を“切腹行為”と非難


 ベルギーGP決勝レースにおいて佐藤琢磨に追突されたM.シューマッハは、珍しく冷静さを欠き、インタビューにおいても怒りの表情を見せた。ミハエルは佐藤のラ ソースへの飛び込みを、“切腹行為”だと例えている。



【M.シューマッハ R.バリチェロ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ特集



 グローブで佐藤のヘルメットを叩く前に、佐藤に対して何を語ったのかと聞かれたミハエルは、「日本語での罵りをあまり知らないし、子供が聞いているかもしれない。このような切腹行為を以前に彼がするところを見ているし、それについて彼とも話し合った。彼を助ける治療法があるのかどうか分からないけどね」と、答えている。

 レーススチュワードとの話し合いをジャン・トッドに頼み、早めにスパを去ることができたミハエルだが、いつ怒りが収まったかと尋ねられると、「分からない」と、返答した。

 トッドは、いつも冷静なミハエルが“らしくない”発言をしたことについて正当化している。「彼のリアクションは大きかったかもしれない」と、認めているトッド。
「彼は大きなチャンスを失ったと分かっているし、今年我々にはそれほど多くの良いチャンスがない」

 一方、シューマッハは勝利の可能性があったという考えを否定している。
「いったい何のレースを見ていたんだい? ボクらは遅すぎた、単純に遅すぎたよ」

 FIAのレーススチュワードは佐藤琢磨に対して、ブラジルGPでの10グリッド降格ペナルティを適用した。一方、J.P.モントーヤをリタイアに追い込んだウィリアムズのアントニオ・ピッツォニアに対しては、彼が次のレースに出ない可能性があるため、8000ドル(約83万円)の罰金処分が与えられた。



M.シューマッハ 『レッドカード』だ

20050914231415.jpg
 ベルギーGP決勝レースでのアクシデントのあと、M.シューマッハはまだコクピットにいる佐藤琢磨に激しい態度で詰め寄っている。
 この時、シューマッハがなんと言ったかについては様々な憶測がされているものの、当の佐藤は「聞こえなかった」とし、テレビカメラは遠方からの画像だったために捉えられていない。

 しかしシューマッハが、ヘルメット越しとはいえ佐藤の頭を叩く仕草をしたことは全世界に放映されていて、関係者は一様にこれを非難している。
 中でも『プラネットF1』は、これについて、「シューマッハの好きなサッカーなら、直ちにレッドカードで退場だ」と、決め付けた。



ジャン・トッド  「シューの怒りもっともだ」

20050914231616.jpg
 フェラーリ・チームのジャン・トッド監督は、ベルギーGPでのM.シューマッハの佐藤琢磨に対する態度が冷静さを欠いていたとの批判について、「彼の怒りはもっともだ」と、シューマッハを擁護した。

「ここではシューマッハは大きなチャンスを持っていたんだ。得意なスパで、得意なウェットコンディション。それはたぶん、今シーズンの中でも最良の、ね。
ところがそれをタクマによってぶち壊されたんだ。彼が怒るのはもっともだと私は思うがね」



ニック・フライ 佐藤琢磨を擁護だが

 ベルギーGPで起こしたM.シューマッハとのアクシデントの責任を問われている佐藤琢磨について、bチーム内では一応これを擁護する発言をしている。

 ニック・フライ代表は、「これはただ残念の一語に尽きる。
このアクシデントで明らかに非はタクマのほうにあるが、しかしこうした状況下でのドライビングは非常に難しいものなんだ。
私はこれまでこうしたケースを多く目にしているが、しかしミハエルのした行為は許されるものではないよ」と、発言している。



佐藤琢磨  ブラジルGP出場できず?

20050914232201.jpg
 次戦ブラジルGPでは予選グリッド10番降格のペナルティを受けることが決まっている佐藤琢磨だが、ブラジルGP自体に出場できない可能性がささやかれている。
 実は同様の悪しきケースが過去のグランプリ・シーンで起きているのだ。

 2002年、弱冠二十歳の若さでザウバー・チームに抜擢されF1デビューを果たしたF.マッサだったが、まだ荒削りのドライビングが非難を受けていた。
 そして迎えた第15戦のイタリアGP、マッサはレース中ジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサに接触。原因はマッサの側にあるとして、スチュワードは次戦アメリカGPでのマッサに今回と同じ予選グリッド10番降格のペナルティを科した。
 しかしコンストラクターズ・チャンピオンシップを争っていたチームはこれを嫌い、当時アロウズ・チーム消滅で身体の空いていたハインツ・ハラルド・フレンツェンをマッサに代えてアメリカGPに起用したものだ。
(翌年、マッサはシートを喪失)

 身近にアンソニー・デビッドソンという有力候補がいるだけに、佐藤琢磨も安閑としてはいられない状況だ。



A8.netが5周年


スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
なんだかね~
応援してる二人がこんなことになっちゃって、胸が痛いです。
琢磨は今年追突しすぎたし、
ミハエルの行為や発言は、気持ちはわかるけれど、できればやって欲しくなかったし。
しこりを残さないでくれることを願います。
鈴鹿で琢磨が入賞を果たしたときにはあんなに喜んでくれたミハエルなのに・・・(-_-;)


【2005/09/15 23:41】 URL | ルーシー #9iWNY/2Y [ 編集]


コメントありがとうございます。
琢磨は運がないと言うよりは、なぜあんなに近づいていたのか? あの位置にいたのか? この辺が今年の琢磨の判断の悪さではないかと思います。

ミハエルの行為は、賛否両論ですね。日本なら確実に軽い相槌なのですが。


【2005/09/16 23:29】 URL | server #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/449-c5c9245c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。