MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ブラジルGP 金曜日フリー走行1回目


 あますところ3戦となった今シーズンのF1グランプリ。ここまで16戦の激闘を展開してきたF1サーカスは熱戦の舞台を南米大陸に移し、2005年F1世界選手権第17戦ブラジルGPに挑む。

 開催地のアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称インテルラゴス・サーキット)は全長4.309kmのオールドタイプのコースで、路面はバンピーでスリッピー。前半の高速区間と後半に待ち受けるテクニカルなインフィールド区間との二面性が特徴的で、マシンセッティングにはバランスが求められる。また、現行のグランプリカレンダーの中でイモラとトルコに並び、数少ない左回りのサーキットなため、ドライバーの首にも負担がかかる。天候も崩れやすいことから、例年、荒れるケースが多いのも、このサーキットの特徴だ。



【ライコネン モントーヤ マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン特集



20050924021459.jpg
 そんなインテルラゴスで開幕した今年のブラジルGPの見どころといえば、やはりタイトルの行方だろう。ここまで、し烈を極めてきたルノーのF.アロンソとマクラーレンのK.ライコネンのチャンピオン争いは、ここインテルラゴスで決着を見るのだろうか。世界中の視線が二人に注がれている。

 一方、一昨日、J.バトンの残留を正式発表したBARホンダのガレージには、佐藤琢磨がいつも通りの元気な姿を見せている。来季のシート喪失がほぼ確定した琢磨だが、ブラジルGPでは結果を残してほしいものだ。

 60分間のフリー走行1回目は曇り空の下、気温26℃、路面温度39℃、湿度51%のドライコンディションでスタート。コースオープン直後に各マシン、一斉にコースに出て行き、インストレーションラップを済ませると、トヨタのリカルド・ゾンタとマクラーレンのアレックス・ブルツといったサードドライバーたちがアタックを開始。ブルツが1分14秒581のトップタイムを刻む。これにビタントニオ・リウッツィ(レッドブル)とニコラス・キエーサ(ジョーダン)が続き、セッション前半はこの4台だけが周回を重ねるという、静かな幕開けとなった。

 後半に入ってもコース上は相変わらず閑散としている。そんな中、ブルツが自らのトップタイムを更新し、1分13秒台に突入。開始37分にはBARホンダの琢磨が2番手タイムを刻み、さらに1分13秒717をマークしてブルツのトップタイムを塗り替えた。しかし、間髪を入れずにゾンタがこれを0.029秒上回ってトップへ浮上。琢磨も自己ベストを更新するが、2番手にとどまった。3番手にはブルツ、4番手にはM.シューマッハとR.バリチェロのフェラーリ勢がつけている。バリチェロは母国グランプリに意気揚々だ。

 セッション開始45分、BARホンダではバトンが8番手から4番手に浮上する。さらにこの直後、今日、初めてアタックしたルノーのアロンソがいきなりトップタイムをマーク。連続アタックでタイムを伸ばし、1分13秒256を記録した。ところが、すぐさまブルツが1分11秒701というスーパーラップでトップに返り咲き。アロンソのタイムを一気に1.555秒も上回る驚異的な速さだ。

 セッションは残り時間10分。もう1台のルノー、G.フィジケラが3番手に食い込み、琢磨が自己ベストを更新して2番手へ浮上。さらに3番手はアロンソがフィジケラに取って代わり、4番手にはJ.P.モントーヤ(マクラーレン)、5番手フィジケラといった顔ぶれが上位に並ぶ。しかし、残り2分のところでライコネンが4番手に浮上。さらにこれをバトンが上回って4番手。一方ではバリチェロが最後までアタックを続けるが、13番手にとどまり、フリー走行1回目はここで終了した。

 順位はトップのブルツを先頭に、琢磨、アロンソ、バトン、ライコネン、フィジケラ、モントーヤ、ピッツォニア、ウェバー、ゾンタまでがトップ10。トヨタ勢はR.シューマッハが11番手、J.トゥルーリは15番手となっている。

 フリー走行2回目はこのあと日本時間26時(現地時間14時)から行われる。


1 A.ブルツ (マクラーレン)     1:11.701 25Laps
2 佐藤琢磨 (BARホンダ)      1:12.738 17Laps
3 F.アロンソ (ルノー)       1:12.782 10Laps
4 J.バトン (BARホンダ)     1:12.918 12Laps
5 K.ライコネン (マクラーレン)   1:13.065 7Laps
6 G.フィジケラ (ルノー)      1:13.094 10Laps
7 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:13.256 6Laps
8 A.ピッツォニア (ウィリアムズ)  1:13.42  4Laps
9 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:13.509 4Laps
10 R.ゾンタ (トヨタ)        1:13.573 31Laps
11 R.シューマッハ (トヨタ)     1:13.788 6Laps
12 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:14.154 10Laps
13 R.バリチェロ (フェラーリ)    1:14.282 10Laps
14 C.クリエン (レッドブル)     1:14.468 7Laps
15 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:14.504 6Laps
16 D.クルサード (レッドブル)    1:14.724 7Laps
17 V.リウッツィ (レッドブル)    1:14.842 28Laps
18 J.ビルヌーブ (ザウバー)     1:15.211 14Laps
19 N.カーティケヤン (ジョーダン)  1:16.230 14Laps
20 T.モンテイロ (ジョーダン)    1:16.230 15Laps
21 N.キエーザ (ジョーダン)     1:16.351 23Laps
22 R.ドーンボス (ミナルディ)    1:16.769 12Laps
23 C.アルバース (ミナルディ)    1:17.180 8Laps
24 F.マッサ (ザウバー)       no time 5Laps



あなたの愛車を高く買取ります!!


スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/464-4b38999c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。