MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
佐藤琢磨  日本GPの順位取消し処分に


 9日の日本GPで、BARホンダの佐藤琢磨は10周目のシケインでトヨタのJ.トゥルーリと接触事故を起こした。FIAはこの事故を引き起こした佐藤琢磨の順位を取り消す処分を決定した。



【佐藤琢磨 J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 BARホンダ特集



 佐藤琢磨はベルギーGPでM.シューマッハに追突する事故を起こしており、ブラジルGPでグリッド10位降格処分を受けたばかり。

 一方、1周目にJ.P.モントーヤと接触したJ.ビルヌーブも完走タイムに25秒加算するペナルティが課された。



BAR 日本GP プレスリリース

20051012000717.jpg
 J.バトンは今日の日本グランプリを5位で終え、彼は2位というグリッドをポディウムフィニッシュにつなげられず残念に感じている。レースの中盤までは2位をキープするという素晴らしいパフォーマンスを見せたが、ピットストップでの不具合とレースペースの不十分さで最終結果のようになった。彼のチームメイト、日本の英雄、佐藤琢磨は彼のファンの前で荒れたレースに耐え、13位でフィニッシュした。

★J.バトン
「2位からスタートして5位でフィニッシュというのはとても残念だよ。スタートでポジションを失ったが、レースの序盤はよかったし、フィジケラについていくことも出来た。最初のストップで給油口が開かないというトラブルがあり、クルーが手動でやらなけらばならなかったため、6秒ほどロスした。それからペースを上げようと努力したが、2回目のストップでまた1つポジションを下げた。スタート位置からすればフラストレーションの溜まる結果だが、中国ではもっと上手くやらなければならない。」


★佐藤琢磨
「これはここでファンの皆さんからいただいた信じられないサポートからすれば、とても残念な結果です。スタートはとても難しく、1コーナーでクリエンとサイドバイサイドになり、ワイドになってしましました。そしてルーベンスが後ろからやってきて、僕のフロントと接触し、グラベルにコースアウトしてしまいました。僕たちは作戦を変えましたが、うまくいかず、それから、トゥルーリと接触してしましました。自分にも、ファンにも、チームとホンダにもとても残念ですが、また鈴鹿でレースをしたいと思います。」


★ジル・ド・フェラン(スポーティング・ディレクター)
「今日の結果は、特に多くのホンダファンの前では、残念なものだと認めざるを得ない。2台ともペースが欠けており、いくつかの事故が我々の前進を阻んだ。琢磨はホームグランプリでポイント獲得が出来ず残念だったが、第1コーナーでのアクシデントは避けられないものだった。ジェンソンはスタートでポジションを失い、それでも給油口が開かないというアクシデントが起きる1回目のストップまでは良いレースをしていた。1回目のストップ以降はペースが足りず、ジェンソンはさらにピットでポジションを失い、5位という結果に終わった。レースでもっと速いことを願っていたし、最後のレースの前にもっと分析をする必要がある。中国でのレースではもっとうまく行くことを願っている。」


★中本修平(HRDエンジニアリングディレクター)
「正直に言って、今日の結果は残念です。我々はパッケージから最大限の性能を引き出せませんでした。来週の中国GPではV10時代の最後のレースになるので、ベストを尽くさなければなりません。」



20051010215844.jpg
★J.トゥルーリ
「琢磨は不可能な追い抜きをしようとした。彼は僕を抜こうとしたけど、僕にぶつかり、僕を追い出した。そんなことをする理由はないし、彼が何を考えているのかまったくわからないよ。彼は長い間問題を引き起こしてきた。FIAはそれをとめるアクションを起こすべきだ。レースはそれまではオーケーだった。ピットレーンからスタートするという難しい作戦だったけど、それがどうなるか見るチャンスはなかったね。今週はあきらかにがっかりしているが、このラスト2レースが厳しくなることは来る前からわかっていた。新車は週末の間僕にとってドライブしづらかった。でも上海に向けて努力してもっと多くのものを得たいね。」


★冨田務(チーム代表)
「ポールからスタートしてもっとポイントを取れなかったのは残念です。ラルフは良いスタートをして、セーフティカーが出るまでに2回ファステストを記録して、レースをリードしました。不運にもセーフティーカーが我々が予想したよりも長く残ったため、3ストップ作戦が台無しになりました。タイヤバイブレーションの問題を抱えてからは、もはやポジションを上げるのは不可能でした。でもセーフティーカーがなかったらポディウムには上れていたでしょうね。
ヤルノはピットスタートという厳しいレースでしたが、佐藤琢磨の無謀な攻めによりレースを終えました。ドライバーはアグレッシブであるべきですが、フェアであるべきです。良い週末でしたが、残念な終わりでしたね。でもそれがレースですから。すべてのファンとサポートしてくれたみなさんに申し訳ないです。今日は運が我々に味方しませんでした。来週の上海ではもっと良いレースがしたいです。」



J.トゥルーリ  佐藤はF1では危険なドライバー

20051012001414.jpg
 日本GP決勝レースのシケインにおいて佐藤琢磨の“突撃”を食らう形になってしまったJ.トゥルーリは、レース後もその怒りが収まらなかった。最終的に、レース後に話し合った佐藤とトゥルーリだが、トゥルーリはそのときの佐藤の態度に対してさらに怒りを募らせる結果となった。

 地元レースで思うようなレースができずにいら立っていた佐藤について、トゥルーリは次のように不満を漏らしている。
「彼は決して理解していない。彼は考えようとしないし、彼の理解力をまったく使わない。彼は決して聞き入れようとしないよ」

 ヤルノは、F1ドライバーの中には佐藤琢磨にF1レースをさせることは危険だと考えているドライバーが何人かいることを打ち明けている。「佐藤は悪かったとは言わなかった」と、トゥルーリ。

 トヨタのチーム代表である冨田 務も、佐藤 琢磨のアタックを非難している。
「佐藤は熱狂的になり過ぎた。まったくもって危険である。極めて遺憾に感じている」



BARホンダ  中国GPで佐藤琢磨を交代か?

20051012002147.jpg
 BARサードドライバーのアンソニー・デビッドソンが今週末の中国GPにおいてBARホンダチームでドライブするためにスタンバイしているという情報が入ってきている。これは、チームが日本GPで失望の結果に終わった佐藤琢磨に代わって、デビッドソンを起用するのではないかという情報によるものである。

 その情報によると、BARとホンダの首脳陣は佐藤の悲惨な鈴鹿でのドライビングに対して不満を持っているという。佐藤はスパにおいてM.シューマッハへの“突撃”でペナルティを受け、さらに日本GPでJ.トゥルーリをリタイアに追いやって失格処分となっている。

 一方、デビッドソンは来季のレースシート獲得へ向けて懸命に売り込みを行なっているが、話し合いを行なっているジョーダンや新しい11チーム目ともまだ契約に漕ぎつける状況にはなっていないようだ。

 デビッドソンは月曜日にタイムズ紙に対して、
「これほど準備が整っていたことはこれまでにないよ。問題は人々がボクにレースができるということを疑っていることなんだ。シーズンが終わる前に最後のチャンスを得ることを本当に望んでいるよ」と、コメントしている。



佐藤琢磨  鈴鹿でトークライブを行う

 2005年F1日本GPの熱戦から一夜明けた鈴鹿サーキット・国際レーシングコースで10日(月)、『Takuma Sato Talk Live』が開かれ、母国グランプリを戦い抜いた佐藤琢磨が、集まったファンの前に姿を現した。

 前日の天気とは打って変わり、再び厚い雲に覆われ、時折、雨も降る鈴鹿サーキットには、熱狂的な琢磨ファンが残り、琢磨の登場を今か今かと待っていた。

 午後3時半にグランドスタンドの前に設けられた特設ステージに、昨日までのレーシングスーツスタイルではなく、Tシャツにジーパンというラフな格好で琢磨が登場した。間近で見る琢磨の姿に、スタンドのファンからは大きな歓声が上がる。琢磨は終わったばかりの、興奮冷めやらぬ日本GP決勝レースや来季の可能性について語っていた。

「こんなに多くの方々に集まっていただいて感激です。僕にとっては母国グランプリのここ鈴鹿は、それ以上の重たい意味があって、僕が走るたびにスタンドが揺れている姿を見ているとうれしかったです。日曜日は最高のレースをしようという気持ちがすごく強かったのですが、スタートから波乱がありまして、その後は我慢のレースでした。皆さんからの応援が痛いくらいに伝わってきたのに、結果が出せずに悔しかった」とレースを振り返って語った。

 また、今月4日(火)にホンダの記者会見で新チーム参戦の話が飛び出し、その場で琢磨はその新チームからオファーを受けていることを自身の口から公表していた。そして、うわさについて、「既存のチームか、新しいチームか分かりませんが、ベストの選択をしたいと思っています。このまま引き下がれません。必ず2006年のグリッドには並びます!」と来季F1参戦に向けて熱い気持ちを語っていた。

 20分という短い時間の中で、集まったファンのために明るい笑顔で来季のF1参戦を誓った琢磨。今週末には最終戦中国GPも控えているため、この後は上海に向けて出発する。



GDOSHOP.com人気商品ランキング



スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/480-d335ab65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1 中国GP:佐藤琢磨、交代か?

BARサードドライバーのアンソニー デビッドソンが今週末の中国GPにおいてBAR M小林の日々思うこと【2005/10/14 07:21】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。