MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
SUPER GT 第8戦 鈴鹿


雨中の快走!  ZENTセルモスープラが快勝!!
そしてSUPER GT初代タイトルも立川/高木組の手に!!
ザナヴィニスモZは最後の猛追、わずかに及ばず……


 11月6日、鈴鹿サーキット(三重県)で2005 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)「SUZUKA GT300km」の決勝レースが行われた。
 雨で周回数が減らされるほどに状況が悪い中、GT500はポールポジションのNo.38 ZENTセルモスープラ(立川/高木組)が作戦も走りも見事に決め、今季3勝目を挙げ、さらにドライバーズ・タイトルもその手中に収めた。
 GT300はピットインタイミングを見事読み切ったNo.11 JIM GAINER FERRARI DUNLOP(田中/モンティン組)が今季初勝利。また、3位に入ったNo.30 RECKLESS MR-S(佐々木/山野組)が、ドライバーズ・タイトルを獲得した。



あなたの愛車は今いくら?



 決勝レースは当初14時スタートの予定だったが、昼前から雨脚が強まったため、コース確認のため15分間の練習走行が行われ、予定より10分遅れの14時10分となるとアナウンスされた。
 確認走行では各チーム、ヘビーウエットに対応したセッティングで出ていくが、それでもコースアウトするクルマが続出。走行中にもさらに雨量は増え、風も出てきて横殴りの雨という状況になったため、スタートは延期されることに。フラッグタワー上では『スタートディレイ』のボードと赤地に『10』と書かれたボードが提示され、10分間の延期。だが、10分後にも情況は好転せず、ふたたび10分間延期。これが数回繰り返されたのち、14時43分に緑地に『10』のボード。ここから10分後、すなわち14時53分にスタートが切られることになった。ラップ数は当初予定の52周から39周に変更。ただし、一人のドライバーが運転できる最大距離の35周はそのままとされた。また、スタートしてから少なくとも3周はセーフティカーが先導することになった。

 結局、セーフティカーは4周走行したのちピットロードに入っていくが、このときNo.100 RAYBRIG NSX(セバスチャン・フィリップ)、No.1 ザナヴィ ニスモZ(本山哲)、No.22 モチュールピットワークZ(柳田真孝)がピットイン。すでに4周を終えているため、残りはちょうど35周。ドライバー交代しても最大周回数を超えることはない。このタイミングで交代を済ませてしまおうという作戦で、No.100はジェレミー・デュフォア、No.1はリチャード・ライアン、No.22はミハエル・クルムに代わって出ていく。しかし、No.100はアウトラップでエンジンが不調となりスローダウン。そのままレースを終えてしまった。また、No.18 TAKATA童夢NSX(道上龍)は加速途中でスピン。すぐに復帰できたがポジションを落としてしまう。
 次の周、今度はトップのNo.38 ZENTセルモスープラ(高木虎之介)と2番手のNo.6エッソウルトラフロー スープラ(飯田章)がピットイン。それぞれ立川祐路、脇阪寿一に交代する。ともに作業は早く、ピットロードでは接触寸前となるが、ピット出口ではNo.6が前。ところがNo.6は、1周して戻ってきた最終コーナーでハーフスピンを喫し、ふたたびNo.38が前に出る。

 8周を終えたところでのトップ5は、No.37 OPEN INTERFACE TOM'S SUPRA(片岡龍也)、No.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン)、No.32 EPSON NSX(アンドレ・ロッテラー)、No.3 G'ZOX・HASEMI・Z(エリック・コマス)、No.36 OPEN INTERFACE TOM'S SUPRA(ジェームス・コートニー)の順。この後ろには、クラス最後尾からスタートしたNo.12 カルソニック インパルZ(ブノワ・トレルイエ)がライバルより2秒から3秒も速いラップタイムで追い上げていた。
 11周目、No.36がNo.3をパス。4番手に上がる。No.32はピットに戻って松田次生に交代する。No.3は2周後にピットイン。金石年弘に交代、タイヤも換えてコースに戻る。このころから西の空がやや明るみはじめ、15周を過ぎるころには雨が弱まってくる。
 17周目に入ったところでセーフティカーがコースイン。この数周前にGT300クラスの車両がスプーンカーブの先でクラッシュしており、ドライバーの搬送と車両の撤去のために入ったのだった。この時点でのトップ3はNo.37、No.8、No.36。ピット作業を終えたチームではNo.38の7番手が最上位で、No.1が8番手、No.6が9番手でこれに続いていた。
 20周目に入ったところでセーフティカーが退避。ここでNo.8がピットに戻って伊藤大輔に交代する。次の周にはNo.37が片岡から山本左近に交代。これでトップ3はNo.36、No.12、No.18の順となる。この3台はしだいに接近していき、22周目にはテールトゥノーズ状態に。No.18は23周を終えたところでピットイン。小暮卓史に交代する。このころには雨は完全に上がり、路面を流れる水も減少。浅みぞのウエットタイヤが使える状態になってくる。

 28周目、11番手を走行中だったNo.8にドライビングスルーペナルティの判定。S字コーナーで周回遅れの車両との接触があったためだが、これでポジションを落とし、タイトルが遠のいてしまう。
 31周を終えてこの時点で2番手だったNo.12がピットイン。井出有治への交代を済ませる。トップをいくNo.36はぎりぎりまで引っぱり、35周を終えてピットイン。土屋武士に交代する。これで全車のピットが終了。トップ3はNo.38、No.1、No.6の順となる。No.36はこの後ろでコースに復帰するが、その直後にはNo.3が迫っていた。

 残りは4周。トップをいくNo.38はこのまま優勝すればドライバーズ・タイトルを獲得できる。追うNo.1はこれを抜きさってトップを奪えば逆転でタイトルだ。いずれにしても勝ったほうがタイトル獲得という劇的な展開。夕闇迫るスタンドを埋めた3万3500人の観衆が固唾を飲んで見守るなか、No.1のライアンはNo.38立川との差をじわりじわりと詰めていく。No.38が周回遅れに引っかかるタイミングが悪かったこともあり、最終ラップに入ったところで、その差はわずか1秒あまりに。No.38が逃げきるか、No.1が逆転するか。サーキットにいる全員が手に汗を握るなか、最終コーナーをトップで駆け下ってきたのはNo.38だった。

051107_SPGT2.jpg
 立川祐路/高木虎之介は今年3勝目。優勝かノーポイントかという波の大きいシーズンを送ってきたが、最後にシリーズタイトルという大きな栄冠を手にすることになった。あと一歩およばず2位、シリーズランキング3位となったNo.1 ザナヴィ ニスモZだが、NISMOはチームタイトルを獲得。表彰台に上がった本山哲/リチャード・ライアンは、全力を尽くしたあとのさわやかな笑顔を見せていた。3位はNo.6 エッソウルトラフロー スープラ(脇阪寿一/飯田章)。No.8 ARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン)は結局12位に終わり、シリーズランキング2位で涙を飲んだ。




051107_SPGT3.jpg

 GT300クラスは、スタートから4周目でセーフティカーがコースから離れたとき、No.2 Privee ZurichアップルRD320R(高橋一穂>渡辺明)、No.19 ウェッズスポーツセリカ(谷口信輝>加藤寛規)、No.30 RECKLESS MR-S(佐々木孝太>山野哲也)の3台がピットイン。ドライバー交代を済ませてしまう作戦を採る。序盤、ポールスタートのNo.31 吉兆宝山MR-S(中嶋一貴>田中実)はポジションを守り、2番手にはNo.0 EBBRO M-TEC NSX(黒澤治樹)が上がる。No.30、No.0とタイトルを争うNo.43 ARTA Garaiyaは7周を終えてピットイン。新田守男から高木真一に交代して、後半に追い上げる作戦を採る。対するNo.0は10周を終えたところでピットイン。細川慎弥に交代し、No.43の前でコースに戻る。

 トップをいくNo.31は16周を終え、事故処理のためにセーフティカー・ランとなった時点でピットイン。2番手に上がっていたNo.13 エンドレス アドバンZ(影山正美>木下みつひろ)も同時に戻る。しかし『隊列が行き過ぎるまではピット出口は閉鎖』というレギュレーションがあるため、コースインを長く待たなければならず、この2台は大きくポジションを落とすことになった。一方、この時点で2番手となっていたNo.11 JIM GAINER FERRARI DUNLOP(田中哲也>パオロ・モンティン)は1周待ってからピットイン。このときはピット出口は青信号となっており、トップで復帰することができた。この時点で2番手はNo.0、3番手はNo.43。

 この間、じわじわと順位をあげてきていたのがNo.30。序盤、ヘビーウエットの難しいコンディションのなか山野がたくみにマシンコントロール。中盤から水の量が減ってきてからはさらにペースアップし、15周を終えたところでクラス15番手、上位の多くがピット作業を終えた20周目には6番手、次の周には5番手に上昇。26周目には4番手と、No.43の背後にまで上がってくる。ここで3番手のNo.43は、このままではタイトルの可能性がなくなるため、ピットに戻ってタイヤ交換。フレッシュタイヤで追い上げ、トップを狙うというギャンブルに出る。しかし、この作戦は効を奏さず、かえってポジションを下げる結果に終わってしまう。

051107_SPGT4.jpg
 トップのNo.11 JIM GAINER FERRARI DUNLOPは終盤もペースを守り、悠々と逃げきり。今季初優勝を飾った。2位に入ったNo.0 EBBRO M-TEC NSXは、シリーズランキングではあと一歩およばず2位。3位で表彰台に上がったNo.30 RECKLESS MR-Sが、シリーズタイトルを手にすることになった。




SUPER GT 第8戦 鈴鹿 リザルト



051107_SPGT5.jpg

【優勝ドライバー コメント】

GT500クラス No.38 ZENTセルモスープラ
★高木虎之介
最初は雨がかなり降っていましたが、次第に止んでくれたんでレースが出来ました。
僕らは勝たなければチャンピオンになれなかったので、スタートできて本当に良かったです。(5周目でのピットインは)急遽決まりました。その方が有利だと判断したからです。
ドライバー交代してからも、他の皆がピットに入ればトップに立てると判っていたので、安心して見ていられましたね。

★立川祐路
6号車と同時にピットに入ったときは、ピットアウトのときにラインが重なってしまって前に出られてしまいました。でも、先は長いんでどうにでもなると思っていました。抜く自信はなかったんですが、焦っても仕方ないので落ち着いて走るようにしました。
(6号車がスピンしたときは)向こうのスピンの仕方によっては一緒にスピンしかねなかったんですが、すり抜けるスペースがあってよかったです。
2度目のセーフティーカーが入ったときも、乗ってるほうには状況がわからないので、周りがどうこうじゃなくて精一杯頑張るしかないと思って走っていました。
ラストラップは正直やばかったです。ラスト2、3周で周回遅れに引っかかったときは焦りましたね。でも、スプーンをトップで抜けられたので、大丈夫だと思いました。
3勝目を挙げられて嬉しいですし、勝ってチャンピオンを決められたのも嬉しいです。
前回タイトルを決めたときは、周りが失敗してくれたお陰で7周遅れなのにチャンピオンが決まる、という状況でしたからね。


GT300クラス No.11 JIM GAINER FERRARI DUNLOP
★田中哲也
ダンロップタイヤは強い雨のときは良いので、序盤からマージンを築いていこうと思いました。セーフティーカーも良いタイミングで入ってくれましたし、深溝タイヤを選んだお陰で抜いていくことができました。
(ピットインのタイミングについて)セーフティーカーが入ってすぐ、「どうしますか?」と伊与木さんに聞いたら「今入るとピット出口で止められるので、とにかく1周待て」と言われ、そのとおりにしました。それで、ものすごくいいタイミングでピットに入れました。まさに伊与木マジックですね(笑)
今年はシーズン途中でエンジンを変えたりしてお金も掛かっていたのに、ドライバーが勝って応えることができなかったので、今回こそ勝ってシーズンを終えようと思っていました。
今思えば、オートポリスじゃなくて鈴鹿で勝ててよかったですね。

★パオロ・モンティン
ピットストップを終えた時点で後ろとは大きなギャップが出来ていたので、安心してドライブできたよ。セーフティーカーが引っ込んで最初の5、6周はプッシュしたけど、路面の状態がどうなるかわからなかったので、その後は落ち着いて走ることにしたんだ。
タイヤは最初が深溝で、次はインターミディエイトだったんだ。
少しアンダーが出たけど問題なかったね。
オートポリスでも勝てそうだったのに、他のクルマとぶつかってしまって駄目になったけど、今回は作戦もばっちり決まって本当に良かったよ。



【2005年 チャンピオンコメント】
051107_SPGT6.jpg
GT500
立川祐路 / 高木虎之介 (No.38 ZENTセルモスープラ)

★高木虎之介
4年アメリカにいて、日本に帰ってきていきなりチャンピオンが獲れたということは、自分にとってもよかったし、立川の2度目のチャンピオンに貢献できたということで、ほんとうによかったです。ハコのレースは初めてで、どうなるかと思ったんですが、2戦目で優勝できて、そのまま順調にいけるのかなぁと思ったらライバルも速くなってきて、自分たちも(ハンデの)重いなかでなかなか結果を残せなかった。でも、そのなかで(2回目の)優勝ができて、またチャンピオンの可能性が出てきたんで、そこからまたクルマも研究して、テストもやって、その結果が最終戦につながったのかなと思います。

★立川祐路
ほんとうにうれしいです。ここ1、2年は最終戦までチャンピオンの争いに残ってられなくて、それが今年は残って、しかも最後に勝って(チャンピオンを)決められてよかったです。ここまで出入りの激しいシーズンも想定外でした(笑)。もっと安定して走らないといけないとは思いましたけど、3勝できたというのは、それだけの実力をパートナーも含めてチームが持っているということ。これでチャンピオン獲れてなかったら0ポイントのレースを後悔するんですけど、結果として獲れたんで、まずはよかったかな、と。来年は、これプラス確実性も増していかなければ。


051107_SPGT7.jpg
GT300
佐々木孝太 / 山野哲也 (No.30 RECKLESS MR-S)

★佐々木孝太
TEAM RECKLESSとして、去年のチャンピオンの山野選手を迎えてもらって、チャンピオンを獲るにはどうしらいいかということを学べた。ボクもRECKLESSにお世話になって3年目で、今年こそはチャンピオンを獲りたいと思ってました。それがオートポリスで優勝できて、今回はチャンピオンを獲れたということは、これまでお世話になったいろんな人に、やっと恩返しができたかなと思います。今回は75kgというMR-Sにとってもボクにとっても最高のウエイトを積むことによって、金曜日からあちらこちらが壊れたり、今日も朝にミッションが壊れたりと、てんやわんやにはなったんですけど、でもチームがクルマを仕上げてくれた。ウチのオーナーは強運の持ち主なんですよ。朝、ホテルの窓を開けたら渡り鳥がV字に飛んでたらしいんです(笑)。これでオレたちはチャンピオン獲れるって、“そんなことあるかなぁ”と思っていたらそういう結果になったんで、さすがだ、と(笑)

★山野哲也
2年連続のタイトルは、純粋に誇りに思います。チームを移籍して獲るのは難しいと思いますから。今年はクルマもタイヤもチームもすべてが変わりましたが、そのなかでできることをやるしかないと思っていました。今までいろいろなクルマに乗ってきた知識を、このチームでどれだけ発揮できるか、というのがポイントだったと思います。この感情的で気分屋の佐々木孝太くん(笑)と一緒に組むことになったんですが、彼はセッティングに関しても、速く走ることでも優れたドライバーで、それをいかにしっかり引き出すかというのが、ボクのやらなければいけない仕事だと思いました。シーズン後半は、経験を生かして落ち着いてやることがタイムにつながると思いましたから、それで戦ってきました。今日、後半は、タイヤを最後まで持たせる走りができたということでしょうね。代わって最初はまったくペースの上がらない状態だったんですが、途中からペースが上がって、そのなかでもタイヤを持たせる走りができたというのが、今日のレースでした。とにかく短い時間でクルマをゴールに持っていくということに執着したということです。



F1グッズ売れ筋ランキング! 楽天ランキング市場


スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/509-439f6dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左近ニュース!!  <SUPER GT Round6 鈴鹿最終戦!>

明日から! GTの最終戦が鈴鹿であるよ~~。  (>_ sorata の 気まま日記【2005/12/02 20:23】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。