MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
レッドブル  ニューエイの獲得を発表!


 レッドブルレーシングは、マクラーレンのテクニカルディレクターだったエイドリアン・ニューエイがチームに加入したことを発表した。
 そのニュースは、レッドブルによる短いリリースによって明らかにされた。



【D.クルサード レッドブル グッズ】  楽天レッドブル特集



 46歳のニューエイは1980年にモータースポーツにおけるキャリアをスタートさせた。彼の最初の役割はフィッティパルディチームにおけるチーフエアロダイナミストで、その年の後半にデザインチームのメンバーとなった。翌年、彼はマーチGTPのチーフデザイナーに昇進し、そのスポーツカーは1983年と1984年に2つの選手権を勝利した。1984年、ニューエイはマーチインディカープロジェクトのチーフデザイナーとなり、1985年から87年までインディ500において3連勝を飾った。1987年にマーチがF1に参入すると、ニューエイはそのプロジェクトのテクニカルディレクターに任命された。

 彼の評判は急上昇し、1990年にウィリアムズが彼を獲得、その後チームにとって最も成功した時期を過ごし、6年間に5回のコンストラクターズタイトルを獲得した。その最後の年となった1997年に彼はウィリアムズを去り、マクラーレンへと移籍、チームを1998年のワールドタイトルへと導いた。



マクラーレン 「ニューエイ 円満に送り出す」
20051109224343.jpg
 エイドリアン・ニューエイが来年1月をもってレッドブル・レーシングに移籍が決まったことについて、マクラーレン・チームのスポークスマンは次のようなコメントを出している。
「常に先頭に立つフォーミュラワン・チームで働き続けることについてのプレッシャーには大変厳しいものがある。彼はこの2年間に渡るマクラーレン・チームのテクニカル部門の立て直しに大きな尽力を果たした。そしてわれわれはニューエイがずっとより小さいチームでの新しいチャレンジを探っていたことを理解している。
今回マクラーレン・チームのヘッドから離れるという決定は、共に友好的な状況の中でなされたもの。われわれチームの全員が、ニューエイの将来について幸運が訪れることを祈っている」

 2000年にニューエイが当時のジャガー・チームへ移籍しようとした際には、チームとの間で契約論争になって、結局移籍が叶わなかった経緯がある。



クリスチャン・ホーナー シューマッハよりもニューエイ
20051109224944.jpg
 レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、M.シューマッハよりもニューエイを獲得したかったと語っている。
「我々にとって大規模な補強である」と、ホーナー。

 ホーナーはロイター通信に対して次のように語っている。
「エイドリアン・ニューエイとミハエル・シューマッハのどちらかを選べと言われれば、何度聞かれても私はエイドリアンを選ぶだろう。重要性の問題である。我々が何をやりたいのか、何を達成したいのかという我々の真剣さを完全に示すメッセージになると思っている」

 ニューエイによってデザインされた多くのクルマがF1のタイトルを獲得している。ニューエイはトップチームであるマクラーレンを離れ、レッドブルに加入することになるが、レッドブルとニューエイは契約が締結されるかなり前から話し合いを行なっていたという。
「エイドリアンと私はシーズンを通して話し合ってきたし、その話は最終戦が終わってから加速した。彼は新しいチャレンジを熱望していたし、彼が我々に加わることになって嬉しい」

 レッドブルはF1プロジェクトに多くの資金を投入しているが、ニューエイがレッドブルを選んだ理由は金銭ではない。ホーナーは次のように続けている。
「エイドリアンのモチヴェーションはお金や収入ではない。彼のモチヴェーションは小さなチームの環境で新しいチャレンジを行なうことである。私は彼としっかりとした信頼関係を持っているし、彼はチームに対して熱意を持ち、レッドブルもそれを感じ取った。我々の前にあるチャレンジは過小評価できないものであるが、彼は彼のすべてを注ぎ込んでくれると確信している」



『お宝メール』は、メールを受取るだけで毎日1000万円当選のチャンス!

他にも100万円、10万円がざくざくあたる、大型懸賞サイトです。

抽選ではなく一定通数に対し必ず当選が出るので評価も高く人気です。

運ダメシにもぞうそ⇒http://web.otakaramail.jp/



スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/511-66b03d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。