MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
2005年 チーム総括  マクラーレン


ノータイトルに終わった2005年

 K.ライコネンはドライバーズ・タイトルを、マクラーレン・メルセデス・チームはコンストラクターズ・タイトルを獲得できる力を十分に持っていた。しかし、ワールドチャンピオンの称号はF.アロンソとルノーのものとなった。最強と称されたMP4?20は多くのレースでトップレベルの実力を発揮したが、速さと同時にもろさを秘めており、特にライコネンには多くの不運が襲いかかった。



【ライコネン モントーヤ マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン特集



20051113190137.jpg
 ウエットの予選で始まったシーズンは、序盤戦こそ目立った活躍がなかったものの、パッケージが本来の力を現し始めたイモラではライコネンが悠々とリードを広げた。しかし、最後はドライブシャフトのトラブルでリタイアに終わっている。ライコネンは続く4戦で3勝を挙げており、ヨーロッパGPでも勝利目前というところまでいったが、ファイナルラップにサスペンションが壊れ、リタイアを喫した。

 フランスではエンジン交換による10グリッド降格ペナルティを受けながらも2位に入り、シルバーストーンでも同様にエンジン交換を行いながら3位まで挽回した。エンジントラブルの悪夢はメルセデスのホームグランプリ、ホッケンハイムでも続いた。レースをリードしながらリタイアを強いられたライコネンの前から、タイトルは徐々に遠のいていった。

20051113213201.jpg
 続くハンガリーとトルコで優勝、モンツァでは予選でトップタイムを出したが、例によってエンジントラブルに見舞われ、11番グリッドからスタート。ここでは4位に終わり、ドライバーズ・タイトルは事実上難しくなったが、スパ・フランコルシャンで優勝、ブラジルではチームメイトのJ.P.モントーヤに続く2位でフィニッシュし、鈴鹿へと向かった。

20051113213424.jpg
 間違いなく今季のベストレースとなった日本GPは、すべての要素を兼ね備えたレースだった。予選の途中で降り出した雨によって17番手スタートとなったライコネンは、これまでで最高といっても良い走りを見せ、必死の防御をみせたG.フィジケラをファイナルラップで交わして、劇的なシーズン7勝目を達成した。

 そして迎えた最終戦中国GP。ドライバーズ・タイトルでは敗れたものの、マクラーレンはコンストラクターズ・タイトルを手にすると決意を固めていた。しかし予選でフロントローを独占したルノーは、アロンソがみるみる差を広げてトップを独走、ライコネンは大半をG.フィジケラに阻まれて戦うチャンスを得られず、大きく差をつけられて2位でフィニッシュした。チームメイトのモントーヤが外れた排水溝カバーに衝突してレースを終え、ルノーのフィジケラが4位に入ったことで、マクラーレンはコンストラクターズ争いにも敗れ去った。

 今シーズンのライコネンはまさに完璧であったが、唯一のミスを挙げるなら、ニュルブルクリンクでひどいフラットスポットを作りながらもピットインしなかったことだろう。それ以外ではMP4?20で群を抜いた速さをみせた。

 チームメイトのJ.P.モントーヤは今年3勝を挙げ、チームの10勝に貢献したが、ミスもあり、順調なシーズンとはいかなかった。肩のケガのためにバーレーンとサン‐マリノを欠場し、3回の勝利のうち2回は、ライコネンがエンジン交換のペナルティで優勝争いから脱落したときのものだった。また、T.モンテイロやJ.ビルヌーブとはコース上のアクシデントをめぐって一騒動起こしており、モントーヤの最終的なランキングは60ポイントで4番手となった。ライコネンには52ポイントもの差をつけられてしまったことになる。

 しかし、良いレースもあった。インテルラゴスで見せたモントーヤの走りは非の打ちどころがなく、事実上のホームレースでフェアな戦いの末、ライコネンに勝利している。

 チームとライコネンは、タイトルを獲れる速さとマシンを持っていた2005年シーズンを振り返る。いくつかの不運と信頼性不足に悩まされた今年だったが、チームは2006年に向けて組織を再編成し、新たなスタートを切らねばならない。もちろん、ライコネンはチャンピオンの最有力候補として3月の開幕戦バーレーンに向かうだろう。

20051113214429.jpg
「良いシーズンだったと振り返ることができるし、力を尽くしてくれたチーム全員に感謝したい」と最終戦を終えたノルベルトは・ハウグは語った。
「接戦を勝ち抜き、素晴らしいシーズンの最後をコンストラクターズ・タイトルで飾ったルノーに祝福を贈りたい。我々は2006年に期待している」

20051113214457.jpg
20051113214928.jpg


20051113214957.jpg
20051113215007.jpg


20051113215016.jpg
20051113215023.jpg




アレルゲン除去食品、アトピー対策用品、シックハウス対策用品のスーパーマーケット「もぐもぐ共和国」


スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:スポーツ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/512-d92d297d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。