MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
トヨタ  TF106をバルセロナ合同テストに投入


 パナソニック・トヨタ・レーシングは、2006年シーズンへ向けて開発された新型TF106を、他チームに先駆け、いち早くシェイクダウンする。11月29日(火)からスペイン・バルセロナ近郊のカタルニア・サーキットで4日間に渡って行われるF1合同テストでシェイクダウンを行うもので、来シーズンへ向けた準備を開始する予定。



【R.シューマッハ J.トゥルーリ トヨタF1 グッズ】  楽天 トヨタF1特集



20051128225409.jpg
【新型TF106のデザイン概要】
 毎年、いち早く新車発表を行うトヨタだが、今年はその期待をより早めることになる。来年3月12日に2006年シーズン開幕戦として行われる第1戦バーレーンGPの3ヶ月以上前に、新型TF106がその姿を現す。シャシー部門テクニカルディレクターのマイク・ガスコインは、この冬のオフシーズンでライバルよりも早いスタートを切ることで、チームが時間的な優位性を持つことを確信している。

「我々は2004年の終わりからTF106の開発を始めていた」とマイク・ガスコインは明らかにした。
「そして、このように早い時期に新車を投入できることは、チームの本当の能力を示すものであり、F1の最前線において十分に対応し、さらに進んでいくことができるということを示している」

 TF106は、トヨタの最新V型8気筒エンジンに合わせた、全く新しい後部デザインとモノコック、そして2005年シーズン終盤の2レースを戦い、表彰台を獲得したTF105Bで使用されたフロントサスペンション形式が組み合わされたものである。

「TF106のバルセロナ合同テストでの初走行は、開発の第一段階であり、シーズンの開幕戦へ向けて、さらなる改良が予定されている。新車によるテストを早くから行うことにより、開幕戦までの間、新たな空力パーツを開発しながら、徹底的にメカニカルな面での開発もできることを意味している。同様の戦略によって、2005年シーズンも我々は、極めて競争力の高いスタートを切ることができた。そして、来る2006年シーズンも同じように成果をあげると確信している」

「車体前部は日本GPと中国GPを戦ったTF105Bの進化版だが、2006年へ向けてデザインが改良された主な部分は、V型8気筒エンジン搭載という新しい技術規則による、後部のデザイン変更だ」とマイク・ガスコインは付け加えた。



ルカ・マルモリーニ  V8エンジンへの変更を語る
20051128225546.jpg
 パナソニック・トヨタ・レーシングは、2レースを1基のエンジンで戦わなくてはならないという新たな規則によって、より信頼性が重要となった2005年シーズンにおいて、全19戦で、エンジンに起因するリタイアはただ1回という素晴らしい記録を残した。
「トヨタのV型10気筒エンジンは、その比較的短い歴史の中で、このような記録と強力なパフォーマンスを示してきたが、また、新しいV型8気筒ユニットの開発においても、非常に貴重なベースとなった」と、エンジン部門テクニカルディレクターのルカ・マルモリーニは語る。

「これだけ厳しい信頼性に関する規則の下では、全く新しいものへ挑戦する余裕はない」とマルモリーニは続けた。
「しかし、エンジンの性能について妥協することはできない。このため、性能低下を最小限にすることに全力を注いだ。我々には、トヨタで6年間に渡ってF1エンジンを開発し続けてきた強力なエンジニアチームがある。この情熱とチームワークこそが我々のアドバンテージであり、最大の資産だ」

 マイク・ガスコインは、ルカ・マルモリーニによるエンジン面での開発に対し、迅速なバックアップを行っている。
「ルカ・マルモリーニと彼のエンジン開発チームは卓越した仕事をしており、一つ屋根の下で、同じファクトリーのシャシー開発部門に良い影響を与えてくれる。冬季テストのために2台のTF106を用意できたことは、機械的な面でのパッケージ開発において、著しい進化を遂げられるであろう」

 新しいRVX?V型8気筒エンジンは、チームが初めての表彰台を獲得した第2戦マレーシアGPの翌日、2005年3月21日にベンチでのテストが開始された。6月末に初めてサーキット走行を行い、以来何度かに渡って、通算8日間、291周、2143kmの距離を走破してきた。

「V型8気筒エンジンの開発にあたって、初期トラブルは数多くあったが、それらは我々の努力によって、早期に解決された」とルカ・マルモリーニは付け加えた。
「我々はサーキット及びファクトリーの双方で多くのデータを集めてきた。11月3日には、2レースの週末を通して必要とされる距離を初めてベンチテストで完遂したことで、レース仕様のRVXエンジンとして仕上がり、冬季テストのプログラムをスタートすることができることとなった。現在の我々の仕事は、RVXエンジンの限界をさらに見極め、シーズン開幕前にできる限りその限界を高めることにある」



今週からブリヂストンタイヤでテスト
20051128225828.jpg
 今週、バルセロナで行われる4日間のテストは、先日2006年シーズン以降の契約が発表になったばかりの、ブリヂストンタイヤを使用する初めてのテストでもある。

 トヨタ・モータースポーツGmbH(以下TMG)社長ジョン・ハウエットは、「ブリヂストンとの契約はつい最近締結されたばかりであり、できる限り迅速に技術的な関係を増強し、2006年シーズンへ向けた準備のために、シャシーとブリヂストン・ポテンザ・タイヤの開発を行うべく、パートナーシップを取って作業を行っていくことが重要だ。V型8気筒エンジンとともに新しいメカニカル・パッケージとサスペンション、そしてブリヂストンタイヤという組み合わせで、いち早くテストを行えるという事実は、確実に、貴重な時間的優勢を得られるだろう。我々の相対的な競争力の幾ばくかを明らかにしてしまうのは早過ぎるかも知れないが、TF106の開発において、我々は最大限の改良を続け、常に上位に居続けるための努力は惜しまない」と語る。

 新型TF106は、前身となるTF105Bからの正常進化モデルであり、グローバルなトヨタのDNAに不可欠な「カイゼン(絶え間ない改良)」の具現化である。
「数年かけて、トヨタは作業の効率化を発展させてきた」とTMG会長である冨田務は説明する。
「いわゆるトヨタ・ウェイとトヨタ生産方式(TPS)による製造方法論は、トヨタという企業DNAの2つの重要な基盤である。そして、ケルンの我々のF1チームもまた、そのDNAに沿って進んでいる。F1世界選手権に挑戦する上で、この独自のアプローチについては、全てが理想通りに進行している。まだ我々はTF106の開発をスタートしたばかりであるが、2006年シーズンが開幕するバーレーンGPまで、まだまるまる3ヶ月以上残して、新型車を用意することができた。我々のF1における成功への意志を実証できることを期待している」



来季もドライバーラインアップは継続
20051128231042.jpg
 今週の新型TF106デビューにおいて、2006年のレースドライバーとなるR.シューマッハとJ.トゥルーリがそのステアリングを握ることになる。

 2人は2005年シーズンのドライバーズ選手権をそれぞれ6位と7位で終え、また、パナソニック・トヨタ・レーシングがコンストラクターズ選手権で4位を獲得する上で大きな貢献を残した。この2人に加え、リカルド・ゾンタが、チームのサードドライバー及びリザーブドライバーとして、2006年も、1年間の契約を更新した。そして、パナソニック・トヨタ・レーシングのドライバーとして4年目を迎えるオリビエ・パニスは、2006年も重要なテストドライバーの役を務める。

「来るシーズンへ向けて、再びパナソニック・トヨタ・レーシングと契約を継続することができ、非常に嬉しい」とリカルド・ゾンタは語った。
「2005年は成功したシーズンを楽しく過ごし、今年もその勢いを維持できると確信している。トヨタ・ファミリーの一員であることを実感しており、F1ほどは楽しめないであろう他のカテゴリでレースドライバーの座に就くよりも、サードドライバーとして頑張り続けたいと思っている。私はトヨタの成功にとても貢献できたと感じており、F1のトップへ向かうためのTF106の本格的なテストを楽しみにしている」

 パナソニック・トヨタ・レーシングは、恒例の冬季オフシーズンテストで、3回のテストセッションを予定している。バルセロナでの4日間のテストの後、チームは南へ移動し、12月7日からヘレス・サーキットでテストを行う。

20051128231652.jpg



20051128231710.jpg



20051128231751.jpg




【お宝メール】1000万円 100万円 10万円がざくざく当る懸賞サイト!


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TF106,期待大!
新車を早々と投入したことで,基本的なポテンシャルが高ければ,開発次第で開幕までに随分と早い車に仕上がるので,ものすごく期待できそうですね。
今のところ,テストでもいいタイムを出しているので。
【2005/12/18 20:59】 URL | Taka #mZW2nxzM [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/529-a121bf1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。