MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
バルセロナ合同テスト2日目 (11/29)


 スペインのカタロニア・サーキットで行われているテスト2日目の29日(火)、V10エンジンを使用するレッドブルのC.クリエンがベストタイム1:17.567を叩き出してタイムシートのトップに立った。2番手には0.2秒遅れでマクラーレンのアレックス・ブルツがつけている。



【D.クルサード レッドブル グッズ】  楽天レッドブル特集



20051130182836.jpg
 オフシーズンのテストは始まったばかりなので、タイムシートからあまり多くのことを読み取ることはできない。特にまだV10エンジンをパワーダウンさせて使っているチームもあれば、V8エンジンを積んでいるチームもあるだけになおさらだ。

 この日、トヨタは新車TF106をデビューさせ、リカルド・ゾンタとJ.トゥルーリが新車でそれぞれ3番手と5番手に入った。

 また、スクーデリア・トロ・ロッソも初めてコースに姿を現したが、実際、ビタントニオ・リウッツィはレッドブルのシャシーRB1を使っており、6番手タイムを出している。

 そして2日目から走行を始めたウィリアムズでは、ニコ・ロズベルグが新しくダークブルーにカラーリングされたFW27を駆って7番手。アンディ・プリオールは10番手だった。

 来季レッドブルのサードドライバーとして契約したロバート・ドーンボスは8番手、3か月ぶりにマシンにのったBMWザウバーのN.ハイドフェルドはオイル漏れに苦しんで9番手に終わっている。


1 C.クリエン (レッドブル)     01:17.567 45Laps
2 A.ブルツ (マクラーレン)     01:17.754 69Laps
3 R.ゾンタ (トヨタ)        01:17.821 58Laps
4 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  01:18.066 64Laps
5 J.トゥルーリ (トヨタ)      01:18.641 82Laps
6 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   01:19.756 66Laps
7 N.ハイドフェルド (ウィリアムズ) 01:20.456 58Laps
8 R.ドーンボス (レッドブル)    01:20.701 51Laps
9 N.ハイドフェルド (ザウバー)   01:21.013 27Laps
10 A.プリオー (ウィリアムズ)    01:25.055 18Laps




スクーデリア・トロ・ロッソ バルセロナで始動!
20051130183720.jpg
 レッドブルの新F1チーム、スクーデリア・トロ・ロッソが今日、バルセロナにおいて始動した。バルセロナでの3日間のテスト初日において初の公式走行を実施し、チームはスクーデリア・トロ・ロッソとして初めてレーストラックに姿を見せた。

 制限付きコスワースV10エンジン、ミシュランタイヤを装着したRB1での走行で、チームは325kmのテストを完了し、2006年へ向けてのテクノロジー開発を開始した。まだチームのカラーリングと2006年シャーシは発表されていないが、このテストによってチームは現在のRB1のテクニカルセットアップに関して経験を得ることができ、トラックにおいてどのように作業を行なえば良いのか観察することができた。

 5℃から16℃という低い気温にも関わらず、チームとドライバーはこの日のテストから価値あるデータと経験を獲得した。イタリア人のビタントニオ・リウッツィが今日はドライビングを任され、明日もテストを継続し、若いアメリカ人のスコット・スピードが最終日に引き継ぐことになる。




BMW トラブルによってテストは中断
20051130184040.jpg
 ザウバーC24BとBMW P86 V8エンジンでのテストを継続。午前中は、エンジニアたちが特にエンジンのデータ収集に照準を合わせる。燃料レールにおける漏れによって、仕事は午後の早い段階でストップされた。




トヨタ  J.トゥルーリ クルマに慣れることは簡単だった
20051130184349.jpg
 29日、パナソニック トヨタ レーシングはバルセロナにおいてウィンターテストプログラムをニューマシンTF106、V8エンジンとともにスタートさせた。J.トゥルーリは、V8エンジンを搭載したクルマは遅くなると予想していたようだが、初日のテストを終えて彼は次のように語っている。

「エンジンはヴァイブレーションしないし、エンジニアは良い仕事をしたよ。ボクたちドライバーにとっては、トップスピードはチャレンジではない。ラップと速いコーナリングがチャレンジなんだ。もっと悪くなるかと思っていたよ。クルマのすべてが新しいけど、慣れることは難しくなかった。思っていたよりも簡単だったよ。まだやるべきことはたくさんあるけど、どちらの方向へ進まなければならないのか、ちょっとしたアイディアはあるんだ」

 トゥルーリはニューマシンとニューエンジン以外にも、ブリヂストンタイヤに慣れなければならなかった。
「タイヤはミシュランとはかなり異なっているね。でも、この早い段階でこのクルマを持つことができて嬉しい。冬の時間をすべて使って改善していくことができるからね」




ウィリアムズ  『紺色マシン』お披露目
20051130184608.jpg
 チーム伝統のカラーリングである濃紺のウェアで参加することを表明していたウィリアムズが、これを29日(火)のバルセロナ合同テストで初披露した。

 この日ステアリングを握ったのはニコ・ロズベルグとアンディ・プリオールという、フレッシュなコンビ。しかしいずれもフォーミュラ・BMWやETCC(ヨーロッパ・ツーリングカー選手権)でのBMWによる活躍が起用のきっかけであるのに、今回背負ったエンジンはすでにBMWではないのは皮肉なことだ。

 エンジンだけでなく、このウィリアムズ『FW27B』はまたブリヂストンタイヤを装着しての初走行でもある。
 チームでは、来年1月27日(金)の新型車発表まで、このカラーリングで走らせる予定であるという。




レッドブル  ドーンボス さっそくレッドブル初仕事
20051130184838.jpg
 レッドブル・レーシング2006年の第3ドライバーに指名されたロバート・ドーンボスが、29日(火)さっそくバルセロナで始められたチームのテストに参加した。

「単にマシンを走らせるというだけでなく、チームのために技術的な開発に携われるというのは僕自身の将来に向けとても有益なことなんだよ。
僕はもちろんこのスポーツでの頂点を目指している。そのためにもここでさまざまな経験を積んで、ぜひ自分の糧にしたいね」

 レッドブル・レーシングでは、すでにD.クルサードの残留が確定。
もう一人のレギュラードライバーについてもC.クリエンの継続が有望とみられている。





【予約】 阪神タイガース球団 創立70周年記念 写真付き切手シート VOL.2OB編「伝説の猛虎10戦士」


著者:
出版社:ベースボールマガジン社
本体価格:2,362円



楽天ブックスで購入する
スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/532-8fda5ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。