MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
バルセロナ合同テスト3日目 (11/30)


 バルセロナテスト3日目の30日(水)、7チームから12人のドライバーが参加する忙しい一日となった。この日は晴れのコンディションとなったが、午後でも気温は10℃と低めだった。



【佐藤琢磨 J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 BARホンダ特集



 トップに立ったのはV10エンジンを積むBARホンダのJ.バトン。バトンは他のドライバーより1秒以上速いタイムを刻み、周回数でも最多を記録している。

 V8エンジンを使用する中では、トヨタのJ.トゥルーリとリカルド・ゾンタが速く、それぞれTF106を駆り3番手と4番手につけた。続く5番手にはこちらもV8エンジンを使用するBMWザウバーのN.ハイドフェルドが入っている。

 参加しているドライバーが多いこともあり赤旗中断が続出。ルノーのR25で走っていたホセ・マリア・ロペスはテクニカルトラブルに見舞われ、フランク・モンタニーもコースオフを喫している。リウッツィやクルサード、ハイドフェルドもテクニカルトラブルを抱えていた。

 30日(水)はテストに参加しなかったマクラーレンだが、1日は再びテストに参加する予定だ。


1 J.バトン (BARホンダ)    01:14.111 97Laps *
2 F.モンタニー (ルノー)     01:15.848 52Laps *
3 J.トゥルーリ (トヨタ)     01:17.019 65Laps
4 R.ゾンタ (トヨタ)       01:17.440 20Laps
5 N.ハイドフェルド (ザウバー)  01:17.559 68Laps
6 D.クルサード (レッドブル)   01:18.392 62Laps *
7 J.P.ロペス (ルノー)     01:18.428 52Laps *
8 C.クリエン (レッドブル)    01:18.471 89Laps *
9 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)  01:19.065 58Laps *
10 A.デビッドソン (BARホンダ) 01:19.231 37Laps
11 M.ウェーバー (ウィリアムズ)  01:19.625 70Laps
12 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)  01:20.444 18Laps

*:V10エンジン使用



BMW 新チーム初のテストを完了
20051204124605.jpg
 30日(水)、カタロニア・サーキットでテスト2日目を迎えたBMWザウバー・チームは、V8エンジン搭載のザウバーC24Bで終日トラブルなく走行を続けた。
 プログラムはエンジンのデータ収集から始まり、その後ミシュランのタイヤテストプログラムへと移行した。

 夜の間に行なわれたセットアップチェンジが功を奏した模様で、N.ハイドフェルドがトータル68周、1:17.559のベストタイムを記録した。


★マリオ・タイセン (BMWモータースポーツディレクター)
「初の合同テストを成功のうちに終えることができた。早い段階でBMW P86エンジンをザウバーのシャシーで走らせ、すべてのテクニカルシステムを一体化することが重要だった。ようやくテストシーズンが始まり、これからなさねばならない作業は多くある」

「新チームとしての初めての共同作業だったが、コースでの連携は上手くいき、暫定シャシーの準備も順調だった。2006年の1月16日と17日にニューマシンを発表するまでに、暫定マシンで4回のテストを実施することになっているが、今回はその1回目のテストとなった」

 次回、BMWザウバーは12月8日から10日にかけてヘレスでテストを実施する。



ウィリアムズ ウェーバーとロズベルグが走行
20051204124939.jpg
 30日(水)、カタロニア・サーキットで行なわれているウィリアムズのテスト2日目にM.ウェーバーが加わり、N.ロズベルグとともにテストプログラムに参加した。

 チームはコスワースV8エンジンを搭載した2台のFW27Cシャシーを走らせ、ウェーバーはトータル74周を走破している。一方、いくつかのテクニカルトラブルに見舞われたロズベルグの方は、18周の走行にとどまった。


★サム・マイケル (テクニカルディレクター)
「今日からマークが加わり、ニコとともにFW27Cの作業を引き続き行なった。マークは初日からV8でレースディスタンスをカバーし、ブリヂストンとのタイヤセットアップ作業も開始することができた。ニコは一日を通して、システムチェックとマッピングに取り組んでいた。ハイドロリックとニューマチックシステムにトラブルがあったが、問題は解消済みだ」

「明日もマークとニコがプログラムを続け、タイヤテストとセットアップ作業を続ける」



ネットのお財布 イーバンク銀行


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/535-9b4fc5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。