MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ミシュラン アロンソがハットトリックを達成!
 シーズン第4戦となるイモラでのサンマリノGPにおいてスリリングな勝利を達成したF.アロンソ(ルノー)は、ワールドチャンピオンシップにおけるアドヴァンテージを広げた。
 ポールポジションからスタートしてレース序盤をリードしたK.ライコネン(マクラーレン)がドライブシャフトの破損によって戦列を離れると、アロンソは一気に彼のリードを広げていった。J.バトン(BARホンダ)とアロンソは最終ピットストップの前後において、ディフェンディングチャンピオンであるミM.シューマッハ(フェラーリ)の追撃を受けるが、アロンソはそれをかわしてトップチェッカーを受けた。ミシュランにとってはF1キャリアにおける79周目、そして最近における5連勝となった。

★ピエール・デュパスキエ (モータースポーツディレクター)
「集中的なプレッシャーの中で見事な守りを見せたフェルナンド・アロンソと、ミシュランの無敵のシーズンスタートを維持したルノーを祝福したい。しかし、ライバルが上昇しているのは明らかである。今週末は接近したバトルを予想していたし、まさにその通りとなった。レースの序盤は我々が期待していた通りに進んだが、第2、第3スティントでは明らかにペースが落ちていた。まだハッキリとした理由は分かっていないが、イモラのサーキットはいくつもの厳しいブレーキングゾーンとハードな加速があるために、現在のスペックのリアタイヤにとっては、今シーズン戦ってきた他の3つのコースよりも負担のかかるコースと言えた。消耗率は予想よりもわずかに高かった。フェルナンドと同じタイヤスペックを使っていなかったキミ・ライコネンがリタイアを強いられたのは残念だった。彼の推移を見守ることは魅力的だったはずである」
スポンサーサイト


TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/54-fbd5b082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。