MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ヘレス合同テスト1日目 (12/07) 


 スペインのヘレスで7日(水)、F1の合同テストが始まり、初日から8チーム、15人のドライバーが参加した。



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集



 制限付きV10エンジンを積んだR252に乗ったルノーのフランク・モンタニーがこの日のファステストタイムを記録。V8エンジンを使用するフェラーリのマルク・ジェネが2番手で続き、来季ルノーのテストドライバー、ヘイキ・コバライネンも制限付きV10エンジンで3番手に入っている。

 午前は、フェラーリのルカ・バドエルが最終コーナーでコースオフして、バリアにぶつかり、その後も、ライアン・ブリスコ、ナレイン・カーティケヤン、ジェネといった面々がコースオフするといった場面も見られた。

 レッドブルのC.クリエンやブリスコには、テクニカルトラブルも発生していた。


1 F.モンタニー (ルノー)      01:19.468 103Laps *
2 M.ジェネ (フェラーリ)      01:19.687 83Laps
3 H.コバライネン (ルノー)     01:19.809 118Laps *
4 A.デビッドソン (ホンダ)     01:20.144 103Laps
5 N.カーティケヤン (ウィリアムズ) 01:20.291 49Laps
6 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  01:20.369 102Laps
7 R.シューマッハ (トヨタ)     01:20.454 65Laps
8 C.クリエン (レッドブル)     01:20.581 70Laps *
9 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   01:20.644 62Laps
10 G.パフェ (マクラーレン)     01:20.760 66Laps *
11 L.バドエル (フェラーリ)     01:20.845 39Laps *
12 J.ロジッター (ホンダ)      01:20.978 81Laps
13 R.ブリスコー (トヨタ)      01:21.211 78Laps
14 T.ビアジ (ミッドランド)     01:21.878 90Laps
15 C.アルバース (ミッドランド)   01:23.203 52Laps

*:制限付きV10?3.0リッターエンジン使用



ミッドランド  新カラーリングでテスト開始
20051208215231.jpg
 MF1レーシングは7日(水)、スペインのヘレス・サーキットでテストを開始した。

 11日(日)まで行われる今回のテストにはトーマス・ビアッジ、ニッキー・パストレリ、ジェフリー・ヴァン・ホーイドン、T.モンテイロ、C.アルバース、そしてマーカス・ビンケルホックら、総勢6人のドライバーが参加する予定。初日はビアッジとアルバースが担当している。

 アルバースはすでに来季のレースシートを獲得しており、パストレリもテスト兼リザーブドライバーになることが決まっている。一方、モンテイロは先ごろ、2006年はMF1レーシングから参戦すると口にしてしまったが、チームからの正式発表はない。

 もう一つ、注目されるのは、元ジョーダンのMF1レーシングが、今回のテストから赤、白、シルバーを組み合わせた新しいカラーリングで走っていることだ。

 テスト機会を得たトーマス・ビアッジは、走行を終えて次のようにその感想を語った。
「今回のテストには自分自身、納得がいったよ。なにしろ初めてのF1テストで、これだけの距離を走れたんだもの、満足さ。
テストが決まってからずっとトレーナーについて身体を鍛えてきたのでフィジカル面はまったく問題なかったね。
僕の初走行に、チームではエンジニアがとても協力してくれてマシンを理解するのを助けてくれたんだ。
今日の自分のパフォーマンスには満足しているけれど、明日もまた走らせてくれたらもっとタイムは縮めてみせるんだけどな……」

 ビアッジは2003年のFIA?GT選手権のチャンピオン、フェラーリでルマン24時間レースなどでも活躍。
 テストとはいえ、この逸材、この日レギュラー・ドライバーであるアルバースのタイムをも凌駕してみせた。



ルノー 好調な滑り出し
20051208220333.jpg
 ルノーF1チームは7日(水)、スペインのヘレス・サーキットでテストを開始。フランク・モンタニーがタイムシートのトップに立つなど、初日のプログラムを生産的な内容で終了した。

 制限付きのV10エンジンを搭載したR25シャシーを駆ったヘイキ・コバライネンに対し、モンタニーはV10エンジンとV8エンジンの両方をドライブ。モンタニーがこの日の最速タイムをマークし、コバライネンも3番手タイムを記録した。

 モンタニーは午前中、セットアップとバルセロナから継続した作業に取り組み、V8エンジンを積んだシャシーの理解を深めていった他、ミシュランのタイヤテストとブレーキテストにも専念している。

 一方、冬のテストは初参加となるコバライネンは、セットアップを始める前に制限付きのV10エンジンでV8のエンジンレベルを再現。その環境に慣れた後でサスペンションの開発を完了させている。


★クリスチャン・シルク (チーフ・テストエンジニア)
「当初の予定より、多くの仕事を終わらせることができて、とてもいい一日だった。さっそく進展があったよ。ヘイキはV8エンジンでの走り方を理解し始めているし、フランクも先週のバルセロナで開始したプログラムを順調に続けてくれている」



トヨタ  背中の痛みを訴えたラルフ トゥルーリを緊急招集
20051208221106.jpg
 水曜日、ヘレス合同テストに参加していたトヨタのR.シューマッハは、昼過ぎになって背中の痛みを訴えたため、チームは不必要なリスクを冒すことを避けるべく、J.トゥルーリと交代することを決定した。トゥルーリはヘレスへと向かい、ライアン・ブリスコーとともにテストを担当する。

 ヘレスを去る前、ラルフはニューマシンTF106のハンドリングに対してポジティブだった。
「ニューマシンはとてもドライブしていて良いと思うし、とてもバランスが取れていた。多くの量の作業を通して行なうことはできなかったが、今朝は異なるセットアップのオプションに対して有効なものを得ることができた。エンジンは良いパフォーマンスを見せているし、タイヤも同様に良いと思うけど、まだフルタイヤテストを完了したわけではないから、それをやってから良いアイディアが得られると思う。今回のテストを早めに終わらせなければならなくなったのは残念だけど、これまでのニューマシンに対する作業の進行には満足しているよ」

 テクニカルディレクターシャーシのマイク・ガスコインは次のようにコメントしている。
「ラルフはクルマとバランスにかなり満足していたし、今朝はとてもコンペティティブなようだった。残念ながら彼は背中の痛みを訴えたため、チームは彼のテストを短縮することを決定した。それほど大きな問題ではなかったが、彼は背中に不快感を感じていたため、我々は問題を悪化させたくなかった」



フェラーリ  ヘレスでのテスト開始
20051208221402.jpg
 スクーデリア フェラーリ マールボロは今週初日のテストを、アンダルシアのヘレス デ ラ フロンテラサーキットにおいて行なった。

 今日は2人のオフィシャルテストドライバーであるルカ・バドエルとマルク・ジェネがコースに出た。
 バドエルは2006年のテクニカルレギュレーションに適応されたエンジンを載せたF2005をドライブした。彼は主にブリヂストンタイヤの開発を行なったが、クルマの右前方のトラブルによって彼のセッションは早期終了となった。それまでに、そのイタリア人は40周を走行し、最速タイムは1分20秒840となっている。ジェネはF2004をドライブし、シェルと協力して新しいV8エンジンの信頼性テストを行なった。そのスペイン人はトータルで84周を走行し、1分19秒692というベストタイムを記録している。

 テストはこのサーキットで明日も継続され、再びルカ・バドエルとマルク・ジェネがトラックに出る。



ホンダ  2台のコンセプトカーでテスト
20051208221631.jpg
 7日(水)からのヘレス合同テストに参加したホンダ・チームは、今回初めて2台のコンセプトカーを投入した。

ステアリングを握ったのはテストドライバーのアンソニー・デビッドソンと若手育成ドライバーのジェームス・ロシターの2人。

 078?07と呼ばれるマシンをドライブしたデビッドソンは午前のセッションでシャシーとエンジンのセットアップを行って51ラップを周回。
 午後には主にミシュランのタイヤ開発を行ってこの日トータル103ラップを周回、ベストタイム1'20.144を記録してこの日15台中の4番手となった。

 またロシターのほうは078?08を駆り、午前はエアロダイナミックスのプログラムを行って48ラップを周回。
 午後は同じくミシュランのタイヤ開発を主に行ってトータル81ラップを周回。ベストタイムは1'20.978で、これはこの日12番手。

 明日はデビッドソンに代わり、J.バトンが参加する予定になっている。



アトピー、アレルギーのこだわり商品をお取り寄せ
「アレルギー生活改善総合研究所」



スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/544-273c2a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。