MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ヘレス合同テスト4日目 (12/10) 


 テスト最終日となった10日(土)、この日は10人のドライバーが走行した。
 この日トップに立ったのは、BMW V8エンジンを搭載したC24Bで1:18.752という素晴らしいタイムを叩き出したJ.ビルヌーブだった。



【F.マッサ J.ビルヌーブ ザウバー グッズ】  楽天 ザウバー特集



 リミッター付きのメルセデスV10を載せたMP4?20を操る、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサがビルヌーブに次ぐ2番手だった。

 ミッドランドF1レーシング(MF1レーシング)は3人の若手ドライバーにEJ15Bでのドライブのチャンスを与えた。レギュラードライバーのC.アルバースも参加している。マーカス・ビンケルホック、ローマン・ルシノフとファブリツィオ・デル・モンテが交代でマシンに乗り込み、ビンケルホックが4人のMF1ドライバーの中で最も速いタイムを出している。

 11日(日)は、ブリヂストンが人工的に水をまいたコースで特別テストを実施する。フェラーリ、トヨタ、ウィリアムズとMF1レーシングがブリヂストンのウエット・ウエザー・タイヤを試すことになっている。


1 J.ビルヌーブ (ザウバー)      01:18.782 101Laps
2 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)   01:19.533 94Laps
3 R.ゾンタ (トヨタ)         01:19.805 60Laps
4 J.トゥルーリ (トヨタ)       01:19.870 77Laps
5 A.ブルツ (マクラーレン)      01:20.219 111Laps
6 M.ジェネ (フェラーリ)       01:20.246 111Laps
7 M.ウィンケルホック (ミッドランド) 01:20.856 52Laps
8 R.ルシノフ (ミッドランド)     01:21.990 29Laps
9 C.アルバース (ミッドランド)    01:22.683 25Laps
10 F.デル・モンテ (ミッドランド)   01:24.350 27Laps



フェラーリ  ジェネがF2004Mで走行
20051211225328.jpg
 スクーデリア・フェラーリは10日(土)、スペインのヘレス・サーキットでテスト4回目を終えた。

 この日のテストでは、マルク・ジェネがF2004Mでコースを走り、シェルと共同で新型V8エンジンの開発。またブリヂストンタイヤのテストも行った。
 
 ジェネは合計112周を走破し、ベストタイムは1:20.232を記録している。

 フェラーリのテストは明日も引き続き、ジェネが担当する予定だ。



BMWザウバー トップタイムでヘレステストを完了
20051211225656.jpg
J.ビルヌーブがこの日のベストラップタイムを記録する有意義なテスト最終日となった。

 BMW P86 V8エンジンとともにザウバーC24Bは1日を通して何の問題もなく上手く機能した。エンジニアたちはミシュランのためのタイヤテストプログラムに集中し、BMW P86 V8エンジンにおいてさらなるデータも収集した。エンジンは問題なく走行し、正午頃にマイレージに達したため、交換が必要となった。クルーたちは午後の後半にもテストを継続した。

 次回は12月13日から15日までヘレスにおいてテストを行う。



トヨタ  新型“TF106”の基本的信頼性を確認
20051211225948.jpg
 12月10日(土)、パナソニック・トヨタ・レーシングは4日間に渡るスペイン・ヘレスサーキットでのテストプログラムを完了した。
J.トゥルーリとリカルド・ゾンタの2人はセットアップと、新しいブリヂストンタイヤのテスト作業を行った。両ドライバー共に多くの周回を重ね、貴重なデータを収集した。

 リカルド・ゾンタは明日もヘレス・サーキットに残り、ブリヂストンタイヤのウェットテストを行う。

 他チームに先駆けて2006年シーズンへ向け、新型“TF106”をシェイクダウンしたパナソニック・トヨタ・レーシングは、この4日間のテストで、一周4.423kmのヘレス・サーキットを合計553周、2500km近くを走破した。
 チームは来週12月13日(火)から15日(木)に、再びヘレス・サーキットで今シーズン最後のテストを予定している。


★J.トゥルーリ
「新しい“TF106”で多くの距離を走破することができ、興味深い一週間となった。
V型8気筒エンジンは優れたパワーとトルクを持ち、“TF106”の信頼性も高かった。
タイヤに関しても多くのテストを行い、多くのことを学び、早い時期から新しいタイヤに慣れることができた。
まだこれからタイヤの最大の性能を引き出す必要があるが、われわれは1月と2月のテストプログラムのために、ハードにデータ収集を行っている。
今回のテストは私にとって2005年最後となるものであり、クリスマス休暇を私の家族と、そして息子エンツォと初めて過ごすのをとても楽しみにしている」


★リカルド・ゾンタ
「この2日間のテストは私にとって非常に実りの多いものであった。昨日と同じように、今日も新しいブリヂストンタイヤとのセットアップ作業に費やした。まだ初期の学習過程であり、新しいパッケージから全てを引き出すためにはまだまだ長い道のりが待っているが、今回は貴重なデータを多く収集できた。
明日は人工的に作られたウェット路面で、初めてブリヂストンのウェットタイヤをテストする機会となる。そして来週再びここヘレスへ戻り、クリスマス休暇前に最後のテストを数日間行う予定だ」


★ゲルト・プファイファー (テスト・チーム・マネージャー)
「全体的に有意義で建設的なテストであった。4日間のテストを、4人のドライバーとともに、多くの距離を走破し、新しいブリヂストンタイヤでのセットアップを行うことができた。
“TF106”は信頼性が高く、多くの貴重なデータを収集できたことは、最高のタイヤを得るための方向性を学ぶ手助けになった。
われわれはまだこの冬季オフシーズンの間に多くの作業を行わなくてはならないが、リカルド・ゾンタは、明日もウェットタイヤのテストを行い、そして来週ヘレスに再び戻って、さらに3日間ドライコンディションでのテストを行うことになるだろう」



【お宝メール】1000万円 100万円 10万円がざくざく当る懸賞サイト!


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/549-7893bd64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。