MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ミシュラン  2006年限りでF1から撤退


 かねてからF1のレギュレーション変更に懸念を表明していたミシュランは14日(水)、ついに2006年限りでF1から撤退することを表明した。ミシュランからのプレスリリースは以下の通り。



【レプリカ ミニチュア など】  楽天 F1ヘルメット特集



 ミシュランはこれまで何度もF1参戦について意見を表明してきた。ミシュランは、F1とは非常にテクニカルなモータースポーツであり、その中でもタイヤは車両のパフォーマンスに大きく影響するものであると考えている。

 使用するタイヤをチームが自由に選択できることが重要で、少なくとも2社のタイヤメーカーが競い合うのが重要である。2社が参戦しているからこそ、タイヤサプライヤーの間で真の競争が生まれる土台ができ、観衆のさらなる興味を誘うはずだ。

 しかし、先日、2008年からのF1のレギュレーションが、1社によるタイヤ供給に変わると発表された。

 ミシュランは、パートナーのマクラーレン・メルセデス、BMWザウバー、ルノー、ホンダ、そしてフランク・ウィリアムズなどとも話し合った結果、タイヤサプライヤーが1社になることは不可避であると判断。F1からハイテクノロジーの一部が失われることを遺憾に思っている。

 F1の新しい方向性が示され、さらに予告もなしにレーシング・レギュレーションが常に変更されている。このような状態では、将来の計画を立てることが全く不可能になってしまう。

 もはやF1に長期的な投資をすることに利益が見出せなくなった。

 従って、ミシュランは2006年限りでF1から撤退することを決めた。

 ミシュランのCEOエドワール・ミシュラン氏は次のようにコメントしている。
「この決断は、ミシュランの長年に渡るスポーツに対する信念と、統括機関によって運営されるF1のあり方との間に深刻な差が生じたためだ。長期的な投資が活かされるだけの明確で安定した環境がF1にはない」

「ミシュランにとってF1から撤退することは、117年間に渡りミシュランブランドが貢献してきたモータースポーツを止めるということではない。もし、F1のあり方が大幅に変更されれば、ミシュランは再びチームにタイヤを供給することを惜しまないだろう」

 2006年限りでミシュランが撤退することによって、実質2007年から1社によるタイヤ供給となる。その新しい状況の中で、FIAが誇示してきたコントロールタイヤに利点があるのか、特にチーム間の平等性が本当に保証されるのかどうかが試されることだろう。

 この決定は、FIAが定める通知期間を考慮し、2006年以降の確実な契約がないミシュランのパートナーチームに最大限に準備する時間を与えるために、2005年の12月に発表した。

 最後に、ミシュラン氏はこう締めくくった。
「たとえ何が起こっても、2001年にF1に戻ってきたときと変わらず、ミシュランはパートナーチームに、2006年シーズンも最高のサービスとタイヤを提供するために全力を尽くす。F1での要求とチームとの協力は進化への糧であり、実りあるものであったため、ミシュランはF1への参戦を長期的に続けたいと思っていた。全パートナーチームには感謝している」



ミシュラン撤退にFIAも声明発表

 ミシュランは14日(水)、2006年シーズン限りでF1からの撤退を表明。それを受けて、FIAも声明を発表した。


FIAはミシュランが2006年の終わりでF1から撤退するという発表を受けた。

F1の関係者たちは、ミシュランの尽力に大変感謝しており、一年以上前に撤退を発表してくれたことへも感謝している。

チームからは全会一致でF1のタイヤサプライヤーを1社にするよう、繰り返しFIAに申し入れがあった。そのため2008年からタイヤサプライヤーを1社にすることで合意したが、ミシュランの発表を受けて207年からそれが実現しそうだ。チームはこのことを喜んでいるだろう。

タイヤメーカーが1社になることで、F1がより公平かつ安全に、さらにチームにとってはコスト削減となることは疑いの余地がない。そして2005年のアメリカGPのような問題が繰り返されることも避けることができるだろう。



マックス・モズレー  ミシュランに苦言
20051215230454.jpg
 ミシュランタイヤは、FIAが示したタイヤのワンメイク化に反発してF1から撤退することを発表して衝撃を与えたが、これについてFIAのマックス・モズレー会長は次のようなステートメントを発表している。

「長年に渡るミシュランの貢献に感謝していると申し上げる。
しかしわれわれが示したタイヤのワンメイク化は、必ずやF1を公正で、安全で、コストの削減につながるものだ。ましてや2005年のアメリカGPのようなことが起こる事態を回避することになるね」とのきつい皮肉。

 もちろん2005年のアメリカGPとは、ミシュランタイヤの欠陥によりレースが台無しになったF1史上例を見ない不祥事のことだ。



マクラーレン  「ミシュランに花持たせる」
20051215231658.jpg
 マクラーレン・チームのマーティン・ウィットマーシュCEOは、2006年限りでF1から撤退することを決めたパートナーのミシュランタイヤに対し、「タイトルを獲得して花を持たせる」と、語った。

「もちろんわれわれは来年いっぱいでミシュランがF1から去るという決断を聞いて悲しく思っている。
しかしながら、われわれは彼らのこの決断を理解しているし、2006年こそはウチが最善を尽くしてタイトルを獲得し、彼らに花を持たせて送り出したいと希望しているよ」

 来季もミシュランタイヤを装着する予定なのはルノー、マクラーレン、ホンダ、BMW、レッドブル、そしてトロ・ロッソの6チームだが、とりわけタイトルを争うとみられるルノーとマクラーレンとの間の主導権争いは熾烈なものになりそうだ。



ホンダ  「ミシュラン撤退はF1の損失」
20051215231930.jpg
 ミシュランタイヤが2006年シーズンをもってF1から撤退するという発表を受け、『ホンダ・レーシングF1チーム』のニック・フライ代表は次のようにコメントした。

「われわれのタイヤ・パートナーであるミシュランが来シーズンでF1活動を終えるという発表を受け、非常に残念に思っている。
この3年間、われわれはミシュランととても強い関係を築き上げることができ、チームの歴史の中で多くの記念すべき瞬間を一緒に経験することができた。
今回の発表はF1というスポーツにとって大きな損失であると思うが、この決断に至った背景はよく理解できるものだ。
われわれのチームに対する今までの貢献に対して深く感謝の気持ちを述べたいのと同時に、2006年シーズン一緒に戦えることを楽しみにしている。
われわれにとってもミシュランにとっても来るべきシーズンが成功に満ちあふれたものになるようベストを尽くしていきたい」

 ボーダフォンの逸失に加えミシュランとも来季限りということで、ホンダ・チームにとってはダメージの大きな1日となった。



ルノー ミシュランは最後のシーズンで強さを見せる
20051217170447.jpg
 14日(水)、2006年シーズン限りでミシュランがF1から撤退するという衝撃的なニュースが流れた。テクニカルパートナーであるルノーF1チームはどのような反応をしたのだろうか。

「ミシュランの退陣は非常に残念だ」とチームは声明を出した。
「だが、我々は彼らの決断を尊重する。F1における我々の技術協力は1977年にさかのぼり、2005年にはチャンピオンシップでダブルタイトルを獲得した。ニューシーズンはワールドチャンピオンとして臨むことになり、その地位にふさわしい強さを存分に発揮したいと考えている」

 実際のところ、2006年シーズンはどうなってしまうのか? ミシュランの撤退がルノーに、パフォーマンス面での不安をもたらすことはあるのだろうか?
「それはまったくない」とテクニカル・ディレクターのボブ・ベルは語る。
「我々はワールドチャンピオンとして2006年を迎え、タイトル防衛を心に誓っている。ミシュランも同じ考えであることに、一点の疑いも持っていない。この冬はすでにミシュラン・チームの間でチームワークの向上がみられ、タイヤの開発は急ピッチで進行中だ。2006年の最終戦まで、この勢いは続くと確信している」



楽天ブックス 高校野球特集


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
仕方ないのかも…
F1ファンからすれば,やはりMI撤退は残念なニュースですね。面白い要素が一つ減るという意味では。
しかし,コスト面など総合的に考えてタイヤワンメイクがいいというならば仕方ないのかもしれません。
【2005/12/18 21:06】 URL | Taka #mZW2nxzM [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/554-c10cb292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。