MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
2006 ダカールラリー  第9レグ (1/9)


 2006年ダカールラリーは1月9日(月)、モーリタニアのヌアクショットからキッファまで第9レグ874km、うちSS(競技区間)599kmを走り「チーム・レプソル三菱ラリーアート」から『三菱パジェロエボリューション』で出場のステファン・ペテランセル(フランス)がSS1位で総合1位(SS合計時間34時間36分26秒)、リュック・アルファン(フランス)がSS2位で総合2位となりワンツー体制をしっかりとキープした。また、ホアン・ナニ・ロマ(スペイン)はSS5位で総合4位のポジションを堅持。三菱自動車チームは同ラリーの6連勝と通算11勝目に向けてまたさらに1歩前進した。なお、総合3位はSS3位のジニール・ドゥビリエ(南アフリカ/フォルクスワーゲン・レーストゥアレグ2)となっている。



楽天ブックス



 2006年ダカールラリー最長かつもっとも過酷な第9レグは、三菱自動車チームにとってリードを広げるまたとないチャンスとなった。
「勝負をかけるのは休息日前後、モーリタニアでの4日間」とドミニク・セリエス監督はスタート前に語っていたが、第9レグはモーリタニアでの最終日にあたる。そして、ペテランセルとアルファンのツートップはチームの戦略通りにSS1、2番手を独占してワンツー体制をさらに堅実なものに。総合3位のドゥビリエを含むライバルたちに対するアドバンテージを広げた。

 この日のステージはモーリタニアの首都、ヌアクショットの東に広がる広大な砂丘で幕をあけた。そして西サハラの果てを通過し西南のキッファへと到達。いくつもの大きな砂丘を越えるが、その途中にはハイスピードな区間や、岩が多く転がる荒れ地もありドライバーの総合能力が試される。そして、この難易度の高いステージでペテランセルは今大会3度目となるSSベストタイムを刻んだ。ペテランセルは途中パンクでストップしたがフィニッシュラインを通過した時にはSS2位アルファンに8分44秒差、SS3位のドゥビリエに28分差をつけていた。このステージウインによってペテランセルの総合リードはさらに広がり、総合2位のアルファンとの差は9分16秒、総合3位のドゥビリエとの差は54分16秒に広がった。

 ペテランセルとアルファンのサポート役も担うことになっているロマは、堅実な走りでSSを5番手でフィニッシュ。休息日前までの総合4位というポジションを守り、チームの戦略どおりの結果を残した。

「ペテランセルとアルファンは素晴らしい走りでした」と、セリエス監督は第9レグに対するコメントを述べる。
 セリエス監督は「我々はモーリタニアでの非常に難しい3ステージで計算通りに戦うことができました。これで展開は随分と楽になりましたが、ここはアフリカです。コーナーの先に何が待ち受けているかは誰もわかりません。これからも集中力を保ちミスを犯すことなく戦う必要があるでしょう」と、気持ちを引き締める。

 なお、三菱自動車およびラリーアートが支援する「チーム三菱ラリーアート・タイランド」のマナ・ポーンシリチャン(タイ/三菱レーシングトライトンエボリューション)は、休息日前のSS9のフィニッシュラインを16位で通過したが、途中ふたつのPC(パッセージコントロール=通過点)を通らなかったために競技から除外されることになった。

 ダカールラリー11日目、1月10日(火)の第10レグはモーリタニアのキッファからマリのカイエヘと向かう333kmを走行。うちSSは283kmで、その前後に1kmと49kmのリエゾン(移動区間)が用意されている。ステージは砂の海だったモーリタニアとは異なり、草木が徐々に増えて背の低い木々の間を走るようなワインディングロードが増えてくる。そして、一部区間はかなりハイスピードな設定となっている。尚、コースの近くにはマリ独特の住居が集まる村や集落があり、これまでとの風景の違いを実感するだろう。

■三菱自動車モータースポーツ 


【SS9・成績(暫定)】
1 S.ペテランセル(三菱パジェロエボリューション) 6時間52分45秒
2 L.アルファン(三菱パジェロエボリューション) 8分44秒
3 G.ドゥビリエ(VW・レーストゥアレグ2) 28分00秒
4 J.クラインシュミット(VW・レーストゥアレグ2) 49分58秒
5 J?N.ロマ(三菱パジェロエボリューション) 52分39秒

【総合成績(暫定)1月9日 第9レグ終了時】
1 S.ペテランセル(三菱パジェロエボリューション)34時間36分26秒
2 L.アルファン(三菱パジェロエボリューション) 9分16秒
3 G.ドゥビリエ(VW・レーストゥアレグ2) 54分16秒
4 J?N.ロマ(三菱パジェロエボリューション) 1時間36分14秒
5 J.クラインシュミット(VW・レーストゥアレグ2)1時間56分24秒



愛車の価格、ご存知ですか?全国200社の買取店ネットワークが回答します!!


スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/583-8e18a0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。