MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
2006 ダカールラリー  第15レグ (1/15)


 2006年ダカールラリーは1月15日(日)、セネガルの首都ダカール郊外のラックローズで16日間にわたる戦いを終了して全行程を終了。「チーム・レプソル三菱ラリーアート」から『三菱パジェロエボリューション』で出場のリュック・アルファン(フランス)がSS合計時間53時間47分32秒で初優勝を達成した。
 この勝利によって三菱自動車チームは大会新記録となる6連勝、通算11勝を実現した。また、アルファンのチームメイトであるホアン・ナニ・ロマ(スペイン)は自己最高位となる総合3位、ステファン・ペテランセル(フランス)は総合4位といずれも上位でゴールしている。なお、総合2位はジニール・ドゥビリエ(南アフリカ/フォルクスワーゲン・レーストゥアレグ2)。三菱自動車チームの増岡浩(パジェロエボリューション)は、1月3日(火)の第4レグでアクシデントによりリタイアしている。



アトピー、アレルギーの方のためのインターネットスーパーマーケット



 今大会はライバルの台頭もあり、近年稀に見る接戦となった。アルファンは序盤、好位置をキープして難関であるモーリタニアの砂漠ステージに入ると、第7レグで総合首位に立つ。その後、好タイムを連発した僚友ペテランセルにその座を譲ると、第9レグでタイヤ交換時にタイムロス、第10レグではコース脇の立木に衝突してマシンの修復に時間を費やすなどのミスが重なり、逆転での総合優勝の望みは遠のいた。しかし、好調さをアピールしていたはずのペテランセルは第11レグでミスコースを喫してタイムロス、続く第12レグではコース脇の立木に激突して自走困難なほどに損傷。これにより大幅に遅れて総合4位に後退。首位の座をチームメイトのアルファンに明け渡した。再び総合首位に立ったアルファンは、第12レグ、第13レグと2日連続でSSベストタイムをマークしてリードを広げ、第14レグではミスコースを犯すもののリードを守りきって、自身初めてとなる念願の総合優勝を確定させて最終日を迎えた。

 ダカール海岸からラックローズへと向かう最終のSS15は主催者の判断によりキャンセルされたが、三菱自動車チームは最後まで気を緩めなかった。フィニッシュランプに登壇してこそラリーは完全に終了する。そして、ラリーリーダーのアルファンは緊張と喜びの入り交じった気持ちで、ナビゲーターのジル・ピカールとともに『三菱パジェロエボリューション』をフィニッシュランプへと導いた。それは、元アルペンスキーの世界王者が4輪の世界でも頂点に立った瞬間。アルファンは8回目のチャレンジでダカールラリーを完全制覇したのだった。
「ダカールラリーに初めて出場してから8年。最高の感激です。ダカール海岸やラックローズが今までにないほど美しく見えました。最後のSSはキャンセルされたけれど、表彰台に上がるまではリエゾン(移動区間)中に『何かあってはいけない』と緊張しました。アルペンスキー、ワールドカップのダウンヒルで3連覇した時も嬉しかったが、それは随分と昔のことです。モータースポーツを始めてからは、パリダカで勝つことを目標に頑張ってきただけに最高の気分です。三菱自動車の6連覇となる通算11勝目を私の優勝で達成できたことも誇りに思います。チームや三菱自動車のみなさんをはじめとする、私たちを支援してくれた人全員に感謝します。そして、来年もまた優勝したいですね」と、喜びを露にするアルファン。誰からも尊敬され、そして愛されるフランスの英雄はまた新たなる伝説を作りあげた。

 ロマの総合3位も殊勲といえる。2004年大会で2輪の王者となったロマは、2005年に三菱自動車の一員となり総合6位でフィニッシュ。そして、4輪での挑戦2回目となる今回のダカールラリーでは素晴らしいパフォーマンスを披露し総合3位を手にした。そのロマは笑顔で次のように語る。
「最初から最後まで素晴らしいラリーでした。競争は激しくタイム差もあまり開かない。我々選手たちにとっては難しいラリーだったと思います。それだけに、3位となったことには大満足です。そして、この結果は関係者のみなさんに支えていただいたからこそ実現できたのです」

 休息日明けの第12レグまで総合1位に立っていたペテランセルは、SS12でドライビングミスによって優勝を逃した。
「私はドライビングミスで遅れをとりましたが、それはこのようにレベルの高いラリーでは致命傷です。頑張ってもリカバリーできるようなタイム差ではありませんでした。結果は4位ですが、3連覇を目指していた私にとっては残念なリザルトですね。もちろん三菱自動車の6連覇と通算11勝は素晴らしいことですし、アルファンの初優勝も喜ぶべきことですが」と、元王者のペテランセルは複雑な心境を口にする。次回はさらにパワーアップして砂上に姿を現すだろう。

 残念ながら今回は途中リタイアとなってしまった増岡は、ダカールを訪れチームの一員として仲間の勝利を祝った。
「終盤戦はまるで自分のことのようにハラハラとしました。そして今、アルファンの優勝を心から祝福したいと思います。でも、自分のリタイアという結果については悔しいですね。やはりラリーは完走し、そして勝たなければ駄目です。改めて、次は私が勝つ番だという気持ちが湧いてきました」と、増岡。元チャンピオンの今後の活躍に期待したい。

「去年までは両手で勝利数をカウントできたのですが、今年は無理です」と、冗談を交えながら11勝の喜びを語るのはドミニク・セリエス監督である。
「今年のダカールラリーは本当にタフな戦いでした。ライバルと目していたフォルクスワーゲンは予想と違わぬ強敵でしたが、三菱自動車の技術力とチームの結束力の強さ、そしてモチベーションの高さが6連勝を実現したのです」と、セリエス監督はスタッフ全員を讚える。

 前回大会に続きチームと全行程を共にした三菱自動車の中山修モータースポーツチームリーダーは、
「三菱自動車を応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございました。とても厳しい戦いでしたがチーム全員の力で優勝を実現しました。そして、この勝利は長年にわたるダカールラリー参戦の経験の積み重ねによるものです。『パジェロ』という車の進化が結果に反映されたことは、三菱自動車のエンジニアとして非常に嬉しいことです」と、述べている。

 今回の三菱自動車チームの戦いぶりについて、鳥居勲MMSP(三菱自動車モータースポーツ)社長は、
「最後まで非常にコンペティティブなラリーでした。無事にゴールしてほっとしています。優勝できたのも皆様のおかげです。選手だけでなく日本の三菱自動車のエンジニア、フランスの実働スタッフなど全員が1年間、目標を立てて頑張ってくれました。その結果がきちんと出たからこそ勝てたのだと思います」と、コメント。
「今回はアルファンが勝ち、ロマとペテランセルがそれをフォローするなど我々の戦略が正しかったことが証明されました。増岡選手は残念でしたが次回に教訓を生かして頑張ってくれるでしょう。フォルクスワーゲンなどライバルもかなり強くなってきているので、これからもしっかりと励んでいくつもりです。そして、応援してくださった皆様や支援者の方々に心から感謝しています」


■リュック・アルファン
1965年8月6日生まれ 40歳 フランス国籍

 1980?90年代を通じて活躍した世界的なスキーのダウンヒルの選手で、1995?97年のダウンヒルワールドチャンピオン。ワールドカップで12勝を誇り、スキーのUSプロツアーでも2度の優勝を経験。1998年に三菱パジェロでダカールラリー初参戦、翌1999年には三菱パジェロを駆りT1クラス優勝、2002年は三菱パジェロで出場して総合7位、T1ディーゼルクラス優勝を果たす。2003年にはBMW X5で出場してダカールラリーで総合9位、プロトディーゼルクラス優勝の活躍を見せ、ドイツとスペインで開催されたバハカップでは総合優勝を果たす。2004年のダカールラリーではBMW X5を駆りディーゼル車では初となるSS(競技区間)トップタイムを2度に渡ってマークし、総合成績も4位と過去最上位で完走。その後2004年夏に三菱自動車のワークスチームに移籍し、開発テストにも参加。2005年のダカールラリーでは総合2位を獲得したほか、チュニジアラリーで総合優勝、バハ・アンタ・ダ・セラ500(ポルトガル)でも総合優勝している。クロスカントリーラリー以外でも、ル・マン24時間耐久レースに出場するなど様々なモータースポーツイベントで活躍している。


■三菱自動車パリダカ11勝の軌跡
1985年 パトリック・ザニロリ(フランス/パジェロ)
1992年 ユベール・オリオール(フランス/パジェロ)
1993年 ブルーノ・サビー(フランス/パジェロ)
1997年 篠塚 建次郎(パジェロ)
1998年 ジャン・ピエール・フォントネ(フランス/パジェロ)
2001年 ユタ・クラインシュミット(ドイツ/パジェロ)
2002年 増岡 浩(パジェロ)
2003年 増岡 浩(パジェロエボリューション)
2004年 ステファン・ペテランセル(フランス/パジェロボリューション)
2005年 ステファン・ペテランセル(フランス/パジェロボリューション)
2006年 リュック・アルファン(フランス/パジェロボリューション)


■三菱自動車モータースポーツ


【最終総合成績(暫定)1月15日 第15レグ終了時】
1 L.アルファン(三菱パジェロエボリューション) 53時間47分32秒
2 G.ドゥビリエ(VW・レーストゥアレグ2) 17分53秒
3 J?N.ロマ(三菱パジェロエボリューション) 1時間50分38秒
4 S.ペテランセル(三菱パジェロエボリューション) 3時間20分24秒
5 M.ミラー(VW・レーストゥアレグ2) 3時間23分25秒
???????????????????????????????????
22 池町佳生(トヨタ・ランドクルーザー) 24時間01分34秒
26 浅賀敏則(トヨタ・ランドクルーザー) 26時間57分37秒
  増岡浩(三菱パジェロエボリューション) 1月3日 第4レグ
  篠塚建次郎(日産・パスファインダー) 1月9日 第9レグ  
  三橋淳(日産・ピックアップ) 1月7日 第8レグ



アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット
総合デパート「アレルギー生活改善総合研究所」



スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/596-fadd9f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。