MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
ヘレス合同テスト2日目 (2/8)


 スペインのヘレス・サーキットで行われているテストは8日(水)、2日目を迎え、ルノーのF.アロンソがトップタイムをマーク。これにホンダのJ.バトンとマクラーレンのJ.P.モントーヤが続いた。



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集




 モントーヤは午後になるまでマシンの準備が整わなかったものの、スピード不足に苦しむMP4?21で、まずまずのタイムを記録。同じマクラーレンのテストドライバー、ペドロ・デ・ラ・ロサはV10エンジンを積んだMP4?20で、モントーヤに次ぐ4番手につけた。

 目立ったトラブルの少なかったこの日、ホンダのバトンとR.バリチェロの2台はコース上でストップ。トヨタのR.シューマッハとウィリアムズのN.ロズベルグもテクニカルトラブルで一時、コース上にマシンを止めている。

 また、トヨタのJ.トゥルーリがテスト終了間際にコースアウトを喫したが、幸いマシンにダメージはなかったようだ。


1 F.アロンソ (ルノー)       01:16.956 89Laps
2 J.バトン (ホンダ)        01:17.114 58Laps
3 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 01:17.273 53Laps
4 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  01:17.425 109Laps
5 R.バリチェロ (ホンダ)      01:17.492 60Laps
6 N.ハイドフェルド (BMW)    01:17.588 116Laps
7 J.ビルヌーブ (BMW)      01:18.069 91Laps
8 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   01:18.281 86Laps
9 H.コバライネン (ルノー)     01:18.938 77Laps
10 J.トゥルーリ (トヨタ)      01:19.430 103Laps
11 R.シューマッハ (トヨタ)     01:19.681 84Laps
12 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   01:19.965 29Laps
13 T.モンテイロ (ミッドランド)   01:21.911 29Laps



トヨタ  順調に長距離を走破
20060209221932.jpg
 パナソニック・トヨタ・レーシングは、ヘレス・サーキットで行われているF1合同テストの2日目を迎えた。

 2月8日(水)は、好天に恵まれ、気温も上昇。この好コンディションの下で、R.シューマッハとJ.トゥルーリがテストを引き継いだ。主にブリヂストンタイヤのテストプログラムに集中し、両ドライバーとも多くの周回を走破。有意義なテストとなった。


★J.トゥルーリ
 J.トゥルーリは、前日リカルド・ゾンタがテストを行った“TF106”の01号車を引き継ぎ、多くの距離をこなした。
「今日は100周以上の距離を走破出来、良い一日であった。開幕戦バーレーンGPまでに、いくつかの重要な新しい部品が加えられることになるが、それでも多くのデータを収集することが出来た。タイヤにおいてもさらに進歩を果たしたが、それ以上に、非常に長い距離を走破出来たことによる信頼性の高さが印象的であった」


★R.シューマッハ
 R.シューマッハは、より好みに合った“TF106”とブリヂストンタイヤの組み合わせを見出している。
「タイヤのテストプログラムを遂行しながら、多くの周回をこなし、かなりの成果を上げた。日を追って着実に進化している。開幕戦へ向け、ブリヂストンタイヤでの正しいセットアップを見つけ出すことに時間を費やした。今は特に新しい“TF106”に慣れる段階であるが、“TF106”はより運転しやすく、ブリヂストンタイヤとの組み合わせは、私のドライビングスタイルに合っている。我々にはまだやるべきことがあり、シーズンがどのように展開するかについては静観するしかないだろう」


★ゲルト・プファイファー (テスト・チーム・マネージャー)
 大きな技術的な問題に見舞われることのなかったこのテスト2日目を、テスト・チーム・マネージャーが振り返る。
「今回のテストの主な目標は、エンジンの耐久走行距離を重ねることと、タイヤプログラムの続行である。ラルフ・シューマッハは、タイヤがどのように働くか、異なるセットアップを試している。ヤルノ・トゥルーリは、セットアップを試しながら長距離耐久走行を行い、機械的な信頼性を確認した。タイヤへの順応など、我々の行っている作業の全てが学習の過程であるが、来週投入予定の新しい空力パッケージがどのような影響を進化にもたらしてくれるのか、楽しみにしている」




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▼ホームページ運営者、メールマガジン発行者なら、

    エーハチネットに参加してお小遣いをゲットしちゃいましょう

▼2800社以上の広告主の中から、

  ご自分のサイトやメールマガジンにピッタリの広告素材を選べます


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/632-61fe3b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。