MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
スーパー・アグリ  体制発表記者会見で健闘を誓う


 純日本チームでのF1挑戦が注目されているSUPER AGURI FORMULA 1は4日(土)、東京・六本木にあるハリウッド美容専門学校のハリウッドホールで参戦初年度のチーム体制発表記者会見を開いた。




【レアもの サイン入り レプリカ など】  楽天 佐藤琢磨 特集




20060305184542.jpg
 会見の席には鈴木亜久里代表を筆頭に佐藤琢磨、井出有治の両ドライバーが出席。まず亜久里代表から、
「ここまで紆余曲折ありましたが、今日、イギリスの本拠地からバーレーンへ向けて、無事クルマが出発し、うれしく思っています」と集まった報道陣と関係者に報告。

 11月1日のF1参戦発表から今日までを、
「とんでもない発表をしてしまったものだと考える日々が続きましたが、スタッフ全員が力を合わせ、ついにこの日本からF1を発進させるに至りました」と振り返り、
「大きな自動車メーカーを相手に、自分たちがどういう形で戦っていくのか、まだ想像がつきませんが、一歩、踏み出さなければ始まりません」と表情を引き締めた。

 しかし、すぐに持ち前の“亜久里スマイル”を取り戻し、
「いろいろご心配をおかけしましたが、われわれのクルマは日本から初参戦するF1チームとして、間違いなく開幕戦バーレーンGPに並びます。お騒がせしたスーパー・アグリの船出を見守ってください。応援してくださる皆さんに、いい形で、いい成績をご報告します」と健闘を約束した。

20060305184731.jpg
 そして、ドライバーラインアップ決定後、母国で初のツーショットとなった琢磨と井出は、まず琢磨が、
「短期間でチームを立ち上げるのは本当に大変なことでしたが、全スタッフがすさまじいエネルギーを注いだ結果、今日、この場に立てることをうれしく感じています」とコメント。
 井出も、「亜久里さんに憧れてドライバーになった自分を選んでくれてうれしく思います。その期待に応えたいです」と意気込みを語った。

 だが、その一方で3人が一様に口にしているのは、「厳しい1年になる」のひとこと。シーズン序盤に投入されるマシンSA05は「パフォーマンスには期待できない」と亜久里代表も認めるように、明らかに戦闘力に欠けるため、苦戦は免れないだろう。しかし、中盤戦にさしかかる頃に投入されるというSA06はバージョンアップが見込まれており、亜久里代表も、「これがスーパー・アグリのF1デビューカー」と位置づけている。

 また、株式会社エー・カンパニー代表で、スーパー・アグリの日本運営事務局長も兼任する秋田史(ふみと)氏がチームの本拠地やロゴマーク、マシン、ドライバー、チーム組織などの詳細を説明。亜久里代表と同じように、「チームの立ち上げには厳しい局面もありましたが、この日を迎えられてうれしく思います」とビジネスパートナーであり、旧知の仲である亜久里代表との苦闘の日々を感慨深気に振り返った。

20060305185247.jpg
 ちなみに、すっかりおなじみのとなったチームのロゴマークは、“サーキット”のラインと鈴木の“S”、周囲を圧倒する“炎”、忍者の“手裏剣”などがモチーフとなっており、目にもとまらぬスピードで的確に獲物を捕獲する、最速であり最強のチームを目指すというポリシーの象徴ということだ。

 会見の最後に設けられた質疑応答の時間には、集まった大勢の報道陣から矢継ぎ早の質問が飛んだが、3人はそのひとつひとつに丁寧に答えている。

 なお、会場にはイギリスから来日したマネージングディレクターのダニエル・オーデットも来場し、亜久里代表とドライバーの晴れ舞台を見守った。



サマンサタバサがパートナー
20060305185631.jpg
 4日、都内でチーム体制発表記者会見を実施したが、すでに主要なチーム体制は発表済。シーズン当初を凌ぐための、旧アロウズ車をベースとした暫定的第一号マシン「SA05」での合同テスト参加もなんとか成功。

 正直なところ、あまり目新しい話題が残っていない状況での最終的な体制発表会見となったこの日は、メインスポンサーに関する発表が最後の目玉と考えられていた面もあるが、現段階でタイトルスポンサー的な存在はなし。

 記者団からのこれに関する質問に対し、亜久里代表は、「現在もいろいろなスポンサー(候補)の方々と話をさせていただいている」と返答していた。

 ホンダ以外では、サマンサタバサジャパンリミテッドが今秋から新たに立ち上げるメンズブランド、「SAMANTHA KINGZ」のロゴが、マシンイラスト上で最大の扱いとなっている(いわゆるエンジンカウルと呼ばれる部分で、メイン扱いとも解せる)。

 なおサマンサタバサは、スポンサーではなく、プロモーショナルパートナーという立場でSAF1を支援してゆくと声明している。

20060305185927.jpg
「スポンサーではありません。一緒に亜久里さんのF1チームをブランド化していくために、プロモーショナルパートナーという立場で、新しい取り組みをしていきます」。

 同じ“青山人”であり、鈴木亜久里SAF1代表とは友人関係にある寺田社長。思えば、昨年11月1日のSAF1発足記者会見で、壇上の亜久里代表に花束を手渡した人物でもあったのだ。SAF1への協力開始と、新たにメンズブランドを立ち上げることに際して、その想いをこう語っている。

「我々はこの十数年、レディースブランドを手掛けてきました。今の日本は、女性はかなり元気になってきたと思いますが、男の子がまだまだ……。我々は秋に、『SAMANTHA KINGZ』というメンズブランドを立ち上げます。亜久里さんのチームと一緒に、日本の男の子たちが元気になれるようなブランドに育てていきたい」

 そういえば、SAF1の事務方のトップであり、亜久里代表の永年の盟友である秋田史氏は、この日のSAF1発表会でこんなことを言っていた。
「亜久里は『ベネトンになりたい』と常々言っていました」
 服飾メーカーとして強豪F1チームを所有したベネトンが亜久里代表の目標ならば、サマンサタバサとのジョイントも大いにうなずける。



「ドライバーに井出をプッシュした」とモバイルキャスト社長
20060305190336.jpg
 4日、会場にモバイルキャスト株式会社社長の赤池英二氏が姿を見せていた。その赤池氏は、井出有治とチームに対してサポートを行うことを明らかにした。

 今回、井出有治が正式にスーパー・アグリのドライバーとなったことについて、
「候補はたくさんいたようだが、われわれマネージメント側としてもプッシュした。その結果、こうして決まったことはうれしいし、会社としても大きな事だ」と語った。

 また、井出のパーソナルスポンサーも引き続き行うことを明らかにした。
 さらにチームとは、同社の製品をスーパー・アグリのブランドで製品化するよう動いているという。「すでに具体的な商品もできつつある」と語り、スーパー・アグリとも積極的に関わっていくようだ。




厳選した安心安全な商品は、「お母さんの愛と優しさ」
から・・・。




スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/667-33a1e905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。