MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第1戦 バーレーンGP 金曜日 フリー走行2回目


 バーレーンGPは金曜フリー走行2回目のセッションを迎え、現地時間の午後2時にコースオープンとなった。セッション開始時の気温は33℃、路面温度38℃、湿度18%、ドライコンディションの下で今日最後のセッションが開始された。



【佐藤琢磨 J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 ホンダ特集




20060310220954.jpg
 まずは、ウィリアムズサードドライバーのアレックス・ブルツ、ホンダサードドライバーのアンソニー・デビッドソン、レッドブルサードドライバーのロバート・ドーンボス、BMWサードドライバーで午前中にトップタイムを記録したロバート・クビカ、トロ・ロッソのV.リウッツィ、スーパー・アグリの井出有治、MF1レーシングのマルクス・ウィンケルホック、そしてスーパー・アグリの佐藤琢磨がコースへと出ていく。MF1レーシングのT.モンテイロもそれに続く。

 開始3分、デビッドソンとブルツがそれぞれ1分35秒660、1分36秒141というタイムを記録するが、すぐにクビカが1分35秒146で午前中の勢いそのままにトップタイムを記録する。リウッツィは1分36秒571。トヨタのR.シューマッハとトロ・ロッソのS.スピードがコースへ。井出の午後最初のタイムは1分41秒688となっている。

 クビカはタイムを1分34秒357まで更新している。ウィンケルホックが1分37秒142で井出のタイムを軽々越えていく。佐藤は1分38秒448でウィンケルホックに届かない。
 開始6分、トヨタはJ.トゥルーリもガレージを離れる。好調クビカは1分33秒938で早くも33秒台に突入。マクラーレンのK.ライコネン、MF1レーシングのC.アルバースが午後最初のコースインへ。トロ・ロッソのS.スピードが1分37秒262、トヨタのR.シューマッハは1分38秒140で午後のセッションをスタートする。井出はタイムを更新して1分40秒059。トロ・ロッソサードドライバーのニール・ジャニがコースへ。

 開始10分、トゥルーリの今日最初のタイムは1分36秒082となっている。ライコネンが1分33秒577でトップタイムを更新する。チームメイトのJ.P.モントーヤがコースへ。

 ライコネンは最初の走行をトータル4周行なってピットへと戻る。セッションの4分の1が終わった段階でコンディションに変化はなく、気温は33℃、路面温度38℃となっている。モントーヤが午後最初の計測ラップで1分34秒276を記録して4番手へ。ブルツは1分33秒942で33秒台に突入。開始15分、フェラーリのガレージからM.シューマッハが出陣。その1分後、もう一方のフェラーリガレージからF.マッサもコースイン。モントーヤもライコネン同様に4周を走行してピットボックスへと戻る。

 開始18分、M.シューマッハが1分33秒937でクビカのタイムを1000分の1秒上まわって2位へ。マッサは1分34秒859で現在6位となっている。開始20分の時点でコース上にはM.シューマッハ、マッサ、ジャニ、ドーンボス、デビッドソン、リウッツィ、井出の7台が出ている。ホンダサードドライバーのデビッドソンが1分32秒997で32秒台に突入してライコネンのトップタイムをコンマ5秒以上塗り替える! 佐藤が再びピットを離れる。

 開始21分、トヨタのトゥルーリがコースへ復帰。M.シューマッハはわずかにタイムを更新して1分30秒904。井出は1分39秒021で自己ベストを更新するも、佐藤から1秒遅れの最下位。トヨタではR.シューマッハもコースへと向かう。

 開始25分、ルノーがガレージに動きが見える。まずはG.フィジケラがコースへと出ていく。BMWのクビカが1分33秒244で2番手に浮上。ルノーはF.アロンソもコースへ。トヨタの2台は周回を重ねて自己ベストを更新していくが、MF1レーシングと争う位置に留まっている。

 開始29分、フィジケラが1分33秒932で5番手へ。アロンソは1分33秒702で4番手に食い込む。30分が経過した時点でのトップ8は、デビッドソン、クビカ、ライコネン、アロンソ、M.シューマッハ、フィジケラ、ブルツ、モントーヤとなっている。ウィリアムズ、ホンダ、レッドブル、BMWの8台がまだこのセッションではコースに出ていない。

 ルノー勢の勢いは止まらず、アロンソが1分32秒538でデビッドソンのタイムを0.4秒以上上まわるトップタイムを記録する! フィジケラも1分33秒215で3番手へ浮上。それを見てライコネン、M.シューマッハ、モントーヤもコースへと戻る。ホンダのJ.バトンが今日初のコースイン。BMWのN.ハイドフェルド、レッドブルのC.クリエンも午後最初の走行へと向かう。

 開始34分、バトンが今年最初の公式ラップを終えて1分38秒469でスーパー・アグリの2台の間に入る。R.バリチェロがホンダドライバーとして初のグランプリウィークエンド走行を開始すべくコースへ。ウィリアムズのブルツが1分32秒759で2番手へ浮上。バトンも1分33秒379で一気に6位へ。ハイドフェルドは1分34秒783で現在16番手。バトンはさらにタイムを1分33秒226まで伸ばして5位へ浮上。

 開始38分、バリチェロが1分35秒464で今日最初のラップを終えて17位。そしてトロ・ロッソのリウッツィが突如1分32秒703を記録してアロンソに接近、2位へ浮上! セッション残り時間20分を切ったが、ウィリアムズの2台、レッドブルのD.クルサード、BMWのJ.ビルヌーブはコースに出てきていない。

 開始41分、クルサードがようやくコースへ。スーパー・アグリでは佐藤もピットレーン出口を目指す。現在コースにはライコネンとトゥルーリを含めて11台が出ている。フェラーリのマッサもコースへ。

 42分、ライコネンがセクター1においてストップ! これによって現在コースにはイエローフラッグが提示されている。さらにセクター2においてトヨタのJ.トゥルーリもストップしている。クルサードが1分35秒017でまずは14位へ。

 セッション残り12分、ようやくBMWのJ.ビルヌーブがコースへ。イエローフラッグは解除され、コースはオールクリアとなっている。現在トップのアロンソが再びコースイン。スーパー・アグリの佐藤は1分37秒588で自己ベストを更新するが、ライバルチームには1秒以上溝をあけられている。トヨタのR.シューマッハが1分35秒170で自己ベストを更新するが、19位がやっと。それをMF1レーシングのモンテイロが1分34秒810で上まわる。

 51分、フェラーリのマッサがセクター1で最速タイムを更新。そのまま残りのセクターでも自己ベストを並べて1分32秒175でトップに躍り出る! 残り8分、ウィリアムズのルーキー、N.ロズベルグが初の公式セッションコースイン。

 ホンダサードドライバーのデビッドソンがすべてのセクターでベストタイムを記録して1分31秒353でダントツのトップへ! ウィリアムズはM.ウェーバーもコースへと出ていく。

 残り5分、セクター1でデビッドソンのタイムを上まわったフェラーリのM.シューマッハが1分31秒751で、デビッドソンには届かなかったものの2番手へ。デビッドソンとの差は約0.4秒となっている。ロズベルグの最初のタイムは1分35秒356で現在21位。ウェーバーが1分37秒012でまずはスーパー・アグリの2台を越えていく。

 セッション残り2分、スーパー・アグリの井出有治がセクター2でストップ。イエローフラッグが提示されている。

 コントロールライン上ではチェッカーフラッグが振られている。ウィリアムズのブルツがセクター1でベストタイム記録。残りのセクターでも自己ベストを記録して1分31秒764で3番手に飛び込んだ。

 バーレーンGP初日フリー走行2回目はホンダのアンソニー・デビッドソンがトップタイム、フェラーリのM.シューマッハが2番手に続いた。セッション終了間際にウィリアムズのアレックス・ブルツが3位に食い込み、好調フェラーリはF.マッサも4位に入った。以下、ルノーのF.アロンソが5位、トロ・ロッソのV.リウッツィが6位、レッドブルのR.ドーンボスが7位、ルノーのG.フィジケラが8位となっている。ホンダのレースドライバーであるJ.バトンは9位、チームメイトのR.バリチェロは18位となった。トヨタはJ.トゥルーリがセッション途中でストップして24位に沈み、R.シューマッハも振るわずに22位となった。F1初陣となったスーパー・アグリは佐藤琢磨が27位、井出 有治が最下位の28位となった。

2006年F1開幕戦バーレーンGPは明日2日目を行ない、現地時間午前11時(日本時間午後5時)から1時間のフリー走行が行なわれ、現地時間午後2時(日本時間午後8時)から新方式のノックアウト予選が行なわれる。


1 A.デビッドソン (ホンダ)      1:31.353 28Laps
2 M.シューマッハ (フェラーリ)    1:31.751 15Laps
3 A.ブルツ (ウィリアムズ)      1:31.764 27Laps
4 F.マッサ (フェラーリ)       1:32.175 13Laps
5 F.アロンソ (ルノー)        1:32.538 13Laps
6 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    1:32.703 24Laps
7 R.ドーンボス (レッドブル)     1:32.926 24Laps
8 G.フィジケラ (ルノー)       1:33.215 14Laps
9 J.バトン (ホンダ)         1:33.226 12Laps
10 R.クビカ (BMW)         1:33.244 26Laps
11 C.クリエン (レッドブル)      1:33.557 8Laps
12 K.ライコネン (マクラーレン)   1:33.577 11Laps
13 J.P.モントーヤ (マクラーレン)  1:33.726 15Laps
14 N.ハイドフェルド (BMW)     1:33.848 9Laps
15 N・ジャニ (トロ・ロッソ)      1:33.900 24Laps
16 S.スピード (トロ・ロッソ)     1:34.284 22Laps
17 M.ウェーバー (ウィリアムズ)    1:34.333 5Laps
18 R.バリチェロ (ホンダ)       1:34.384 9Laps
19 D.クルサード (レッドブル)     1:34.432 7Laps
20 T.モンテイロ (ミッドランド)    1:34.459 14Laps
21 N.ハイドフェルド (ウィリアムズ)  1:34.953 5Laps
22 R.シューマッハ (トヨタ)      1:35.170 18Laps
23 M.ウィンケルホック (ミッドランド) 1:35.686 24Laps
24 J.トゥルーリ (トヨタ)       1:35.898 11Laps
25 J.ビルヌーブ (BMW)       1:36.264 8Laps
26 C.アルバース (ミッドランド)    1:36.314 16Laps
27 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1:37.588 19Laps
28 井出有治 (スーパー・アグリ)     1:39.021 21Laps



★ギフトカード1,000円分が必ず当る

&東京ディズニーランドご招待




スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/679-74a4e560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。