MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第1戦 バーレーンGP 土曜日 フリー走行3回目


 2006年開幕戦は2日目を迎え、現地時間午前11時からバーレーンインターナショナルサーキットにおいて1時間のフリー走行が開始された。
 セッション開始時の気温は22℃、路面温度は29℃、湿度50%で天気は晴れてドライコンディションとなっている。



【佐藤琢磨 J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 ホンダ特集




 砂漠の真ん中にあるこのサーキットはどうしてもコース上を砂が舞うため、セッションか開始されてもなかなかクルマは出てこないと思われるが、まずはスーパー・アグリの井出有治が開始早々にコースへと向かう。開始1分、MF1レーシングのT.モンテイロ、C.アルバースもコースへと出る。井出はそのまま計測ラップへ。やはりコース上はかなりひどく砂塵が乗ってしまっているようで、現状ではほとんどレコードラインもない状態に戻ってしまっている。

 まずは井出が1分44秒022で今日の最初のタイムを記録する。MF1レーシングの2人はピットへと戻っている。井出は次のラップで1分43秒012を記録して自分のタイムを更新する。トロ・ロッソのS.スピード、V.リウッツィがコースイン。スーパー・アグリは佐藤琢磨もコースへ。スピードは1周だけ走行してガレージに戻る。井出は走行を続け、4周目の計測ラップで1分41秒889を記録する。リウッツィ、佐藤もインスタレーションチェックだけでピットへと戻る。井出はトータル6周を行なってピットへ。これでコース上には1台も走行していないことになる。

 膠着状態のサーキットに再びV8サウンドが響き渡ったのは開始16分、BMWザウバーのJ.ビルヌーブがコースへと向かった。スーパー・アグリの佐藤、ホンダのJ.バトンもコースへと向かう。トヨタのJ.トゥルーリ、トロ・ロッソのリウッツィもそれに続く。

 20分、ビルヌーブが1分40秒973で井出のタイムを上まわる。さらにバトンが1分37秒873でビルヌーブのタイムを3秒以上更新する。井出とトヨタのR.シューマッハ、そしてマクラーレンのK.ライコネンもコースへと向かう。佐藤の今日最初のタイムは1分43秒113となっている。ビルヌーブはタイムを更新して1分38秒682。トロ・ロッソはスピードもコースイン。

 開始22分、バトンがさらにタイムを1分36秒894まで更新する。レッドブルのC.クリエンがコースへ向かう。トゥルーリは1分39秒972、それをリウッツィが1分38秒204で上まわるが、すぐにビルヌーブが1分37秒059で2位へ浮上。佐藤は1分41秒264で井出を上まわる。ホンダのR.バリチェロ、レッドブルのD.クルサードがコースへ。

 24分、バトンはタイムの更新を続け、1分36秒568を記録。BWMザウバーのN.ハイドフェルドもコースへと出る。ライコネンの今日最初のタイムは1分38秒362となっている。開始25分の時点でコース上には13台のクルマが出ている。R.シューマッハの最初のタイムは1分38秒154となっている。ライコネンが1分35秒629でトップへ!

 開始26分、スーパー・アグリの井出有治がメインストレート上でストップしている。マクラーレンのJ.P.モントーヤがコースへ。29分にはバトンが1分35秒081でライコネンのタイムを塗り替える! ルノーのG.フィジケラとウィリアムズのN.ロズベルグがコースへ。モントーヤの最初のタイムは1分36秒347となっている。

 レッドブルのクルサードが1分35秒783で現時点での3番手に浮上する。開始33分、ウィリアムズのM.ウェーバーとルノーのF.アロンソがピットを離れる。モントーヤが1分35秒989で4番手へ、そしてクルサードは1分35秒573でライコネンを上まわって2位へ浮上する。ルノーのフィジケラは1分36秒334で現在7番手。

 開始35分、ようやくフェラーリのピットに動きが出る。まずはM.シューマッハがコースへと出ていく。クルサードはさらにタイムを更新して1分35秒318。3位のライコネンがピットを離れる。フィジケラが1分35秒823で4番手へ浮上。35分経過時点でのトップ8は、バトン、クルサード、ライコネン、フィジケラ、モントーヤ、リウッツィ、スピード、モンテイロとなっている。

 アロンソが最初のラップで1分35秒613で3番手へ浮上し、その後すぐにチームメイトのフィジケラが1分34秒494でバトンのタイムを0.5秒以上更新する! そしてアロンソも次のラップで1分34秒902を記録して2位へ。M.シューマッハは1分35秒000で3位へ、すぐにライコネンが1分34秒515で逆転2位へ浮上する。

 ウィリアムズのロズベルグは1分35秒960で7位へ浮上、すぐにチームメイトのウェーバーが1分35秒723でそのポジションを奪う。アロンソが1分34秒014でトップタイムを更新する。BMWザウバーのハイドフェルドが1分35秒043で5位へ。トヨタのトゥルーリが1分34秒154で2位へ浮上すると、ライコネンが1分33秒685でトップへ、さらにM.シューマッハが1分33秒538でトップタイムを塗り替える! ようやくチームメイトのF.マッサもコースインとなった。そしてM.シューマッハは次のラップで1分33秒275のベストタイムを更新。

 レッドブルのクリエンが1分34秒062で5位へ浮上。開始44分、マッサが1分32秒826でチームメイトのタイムを大きく更新してトップへ! 低迷していたトヨタのR.シューマッハだが、1分34秒329で7位へ浮上。

 セッション残り約10分の時点でコース上にはバリチェロ、クルサード、モンテイロの3台のみ。まもなく最終調整へ向けてたくさんのクルマがコースへと向かうことになるだろう。バリチェロがピットへと戻る。MF1レーシングのアルバースがコースへ。BMWのハイドフェルドも続いていく。クルサードが自己ベストを1分34秒142まで更新して7位へ。開始52分、アルバースが1コーナーでスピンを喫する
が、セッションへ復帰。

 残り6分、ルノーのアロンソが最後のチェックへと向かう。ウィリアムズのロズベルグ、マクラーレンのモントーヤ、ウィリアムズのウェーバー、ホンダのバトン、マクラーレンのライコネン、レッドブルのクリエンと、続々と続いていく。M.シューマッハ、R.シューマッハ、ビルヌーブ、リウッツィ、スピード、佐藤もコースへ。現在コース上にはマッサ、バリチェロ、モンテイロ、井出以外のすべてのドライバーが出ている。

 残り3分、アロンソが1分31秒975でマッサのタイムを0.8秒以上上まわりトップへ! タイムを塗り替えられたマッサもコースに出ている。バトンが1分32秒719で2位へ浮上してくる! フェラーリのM.シューマッハが1分31秒868でアロンソのタイムを上まわる! フィジケラも1分32秒295で3位へ。現在コース上にはハイドフェルドと井出以外の20人が出ている。

 トヨタのトゥルーリが1分33秒162で6位へ。そしてホンダのバトンが1分31秒857でM.シューマッハを0.011秒上まわってトップへ! F.マッサがセクター2でスピンアウト! しかし無事にコースへと戻っている。コントロールラインではチェッカーフラッグが振られている。トロ・ロッソがセクター1でストップしている。

 開幕戦予選前最後のフリー走行は、ホンダのJ.バトンがトップ、M.シューマッハが2位で続き、以下は3位F.アロンソ、4位G.フィジケラ、5位F.マッサ、6位J.ビルヌーブ、7位J.トゥルーリ、8位K.ライコネン、9位R.シューマッハ、10位M.ウェーバーとなっている。ホンダのR.バリチェロは12位、マクラーレンのJ.P.モントーヤは15位、スーパー・アグリは佐藤琢磨が21位、井出有治は22位となっている。

 注目の新ノックアウト方式での公式予選はこのあと現地時間の午後2時(日本時間で午後8時)から最初のピリオド開始となる。


1 J.バトン (ホンダ)        1:31.857 16Laps
2 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:31.868 8Laps
3 F.アロンソ (ルノー)       1:31.975 11Laps
4 G.フィジケラ (ルノー)      1:32.050 12Laps
5 F.マッサ (フェラーリ)      1:32.826 6Laps
6 J.ビルヌーブ (BMW)      1:32.913 14Laps
7 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:33.038 16Laps
8 K.ライコネン (マクラーレン)   1:33.262 12Laps
9 R.シューマッハ (トヨタ)     1:33.523 14Laps
10 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   1:33.876 11Laps
11 C.クリエン (レッドブル)     1:33.944 14Laps
12 R.バリチェロ (ホンダ)      1:34.009 15Laps
13 N.ハイドフェルド (BMW)    1:34.094 11Laps
14 D.クルサード (レッドブル)    1:34.142 16Laps
15 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:34.406 11Laps
16 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   1:34.434 11Laps
17 C.アルバース (ミッドランド)   1:34.541 14Laps
18 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:35.026 14Laps
19 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:35.351 13Laps
20 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:35.532 13Laps
21 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:36.994 15Laps
22 井出有治 (スーパー・アグリ)    1:41.889 10Laps



コンペ予約




スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/682-ac7f37eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。