MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第2戦 マレーシアGP 金曜日 フリー走行1回目


 先週末、ついに開幕した2006年F1世界選手権。その第2戦マレーシアGPが灼熱のセパン・インターナショナル・サーキットで幕を開けた。




【F1 ウィリアムズ特集】 楽天ウィリアムズ市場




 バーレーンGPからの連続開催となるこの一戦は、熱帯雨林地方特有の高温多湿の気候のもと、ドライバーにもマシンにも過酷な戦いを強いられる。コースは全長5.543km。道幅が広く、低速から高速まで、さまざまなコーナーが組み合わされているため、マシンセッティングも一筋縄ではいかない。

 現地の天候は晴れ。気温33℃、路面温度34℃、湿度54%のドライコンディションで現地時間11時(日本時間12時)、フリー走行1回目が始まった。金曜日フリー走行の出走台数はレースドライバー22人に、サードドライバー6人を加えた計28人。セッション時間は1時間だ。

 今シーズン、マクラーレンからウィリアムズに移籍したアレックス・ブルツや、開幕戦のマルクス・ビンケルホックから乗り替わったジョルジョ・モンディーニを始め、データ収集の命を課されたサードドライバーたちが続々とコースインしていく。スーパー・アグリの井出有治の姿も見える。バーレーンから一転、ここセパンは井出がスーパーGTやフォーミュラ・ニッポンで走り慣れた、勝手知ったる地。はるかにリラックスしているようだ。

 最初にタイムを刻んだのはホンダのアンソニー・デビッドソンだ。小さなトラブルを抱え、1回目のフリー走行を走れなかった前戦とは打って変わり、ホンダ陣営がのっけから飛ばしていく。デビッドソンのタイムは1分38秒849。しかし、すぐさまブルツがこれを上回り、さらにはF.マッサ(フェラーリ)が1分38秒317でトップに立った。一方、もう1台のスーパー・アグリ、佐藤琢磨も着々と周回を重ね、セッション開始25分の時点で1分41秒829の7番手タイムをマークした。
ここまでタイムシートには9人のドライバーが名を連ねている。

 セッション後半は、開幕戦のフリー走行1回目でもトップに立ったロバート・クビカ(BMW)が1分37秒310のトップタイム。続いてデビッドソンが1分35秒997をマークし、クビカを1.313秒も上回る。デビッドソンはこの後も自己ベストを更新していった。

 セッションは残り時間10分。タイムを記録したマシンは14台。ここでブルツが再びトップに躍り出る。タイムは1分34秒946と、ただ一人、1分34秒台に突入した。また、残り3分のところで、M.シューマッハ(フェラーリ)が6番手、J.P.モントーヤ(マクラーレン)が4番手と、上位陣もタイムを刻んだ。

 結局、19台がタイムを記録し、トップはブルツのままでセッション終了。ブルツと終始、最速を競い合ったホンダのデビッドソンは3番手だった。また、日本勢の一角トヨタのR.シューマッハとJ.トゥルーリは各々、9、12番手。スーパー・アグリの琢磨と井出も各々、18、19周と周回を重ね、順調にデータを集めている。一方、開幕戦での活躍が脚光を浴びたウィリアムズのN.ロズベルグとM.ウェーバ
ー、ホンダのJ.バトンとR.バリチェロの4台は一度もコースに姿を見せず、ガレージに収まったままだった。


1 A.ブルツ (ウィリアムズ)     1:34.946 19Laps
2 R.クビカ (BMW)        1:35.733 22Laps
3 A.デビッドソン (ホンダ)     1:35.997 25Laps
4 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 1:36.709 4Laps
5 D.クルサード (レッドブル)    1:37.042 7Laps
6 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:37.043 4Laps
7 F.マッサ (フェラーリ)      1:37.557 18Laps
8 R.ドーンボス (レッドブル)    1:37.604 18Laps
9 R.シューマッハ (トヨタ)     1:37.826 9Laps
10 C.クリエン (レッドブル)     1:38.448 5Laps
11 N.ジャニ (トロ・ロッソ)     1:38.668 21Laps
12 J.トゥルーリ (トヨタ)      1:38.837 8Laps
13 S.スピード (トロ・ロッソ)    1:39.599 14Laps
14 T.モンテイロ (ミッドランド)   1:39.899 8Laps
15 G.モンディーニ (ミッドランド)  1:40.092 22Laps
16 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1:40.123 8Laps
17 C.アルバース (ミッドランド)   1:40.608 12Laps
18 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1:41.072 18Laps
19 井出有治 (スーパー・アグリ)    1:43.449 19Laps
20 K.ライコネン (マクラーレン)   no time 1Lap
21 F.アロンソ (ルノー)       no time 2Laps
22 G.フィジケラ (ルノー)      no time 2Laps
23 J.ビルヌーブ (BMW)      no time 1Lap
24 N.ハイドフェルド (BMW)    no time 1Lap




【出光カードまいどプラス】年会費永久無料!入会キャンペーン中



スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/698-20f6ba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。