MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第2戦 マレーシアGP 日曜日 決勝レポート


 連戦スタートの006年F1世界選手権が第2戦マレーシアGP決勝当日を迎えた。

 昨日は文字通り灼熱のコンディションとなったセパン・インターナショナル・サーキットだが、今日はどんよりとした曇り空。ところどころに黒い雲が浮かび、いつ雨が降ってもおかしくない状況だ。高い気温とあわせ、熱帯雨林地方特有のスコールも、ここセパンの一戦に波乱をもたらす要因の1つである。



【F.アロンソ G.フィジケラ ルノー グッズ】  楽天 ルノー特集




 決勝スタート前は昨夜から続いている決勝グリッドのことで情報が錯綜した。結局、スターティンググリッドは、G.フィジケラ(ルノー)、J.バトン(ホンダ)、N.ロズベルグとM.ウェーバーのウィリアムズ勢、J.P.モントーヤとK.ライコネンのマクラーレン勢、F.アロンソ(ルノー)、C.クリエン(レッドブル)、J.トゥルーリ(トヨタ)、J.ビルヌーブとN.ハイドフェルドのBMWザウバー勢、S.スピード(レッドブル)、V.リウッツィ(トロ・ロッソ)、M.シューマッハ(フェラーリ)、C.アルバースとT.モンテイロのMF1勢、佐藤琢磨と井出有治でのスーパー・アグリ勢、D.クルサード(レッドブル)、R.バリチェロ(ホンダ)、F.マッサ(フェラーリ)、R.シューマッハ(トヨタ)となった。

 気温33℃、路面温度36℃、湿度61%のドライコンディションでスタートした全56周のレースは、ポールポジションのフィジケラがトップを守り、これにバトン、アロンソ、ウェーバー、モントーヤ、ハイドフェルド、ロズベルグ、トゥルーリ、ビルヌーブ、シューマッハらが続いてトップ10を形成する。後方では琢磨と井出も無事にスタートを切り、スタートを得意とする琢磨は1つポジションを上げて16番手につけた。

 一方、6番手スタートのライコネンが高速S字コーナーでスピン! マシンのリアを激しくウオールにヒットさせ、リタイアに追い込まれてしまった。早々のリタイアにマクラーレン陣営には落胆が広がる。

20060321112745.jpg
 7周目、今度は注目の大型新人ロズベルグにトラブルが降りかかる。評判の良いコスワースエンジンが激しく火を噴き、ストップ。初表彰台も期待されたロズベルグが、ここで姿を消してしまった。

 上位勢は先頭のフィジケラをバトンが追いかけ、その背後にはアロンソが続く。アロンソは燃料を多く積んでいるため、ややペースが遅れ気味だ。はるか後方ではマッサが9台をごぼう抜き、シューマッハも長らく前をふさがれていたビルヌーブを鮮やかに抜き去った。また、琢磨も自己ベストを更新しながらポジションアップを目指している。

20060321113123.jpg
 16周目、またもウィリアムズが止まった。ウェーバーは薄い白煙を上げて、グラベルにマシンを止めている。こちらもエンジントラブルか? 開幕戦に続く活躍が見込まれていただけに、ウィリアムズは残念な結果となった。

 20周目を目前にした頃、灰色の空から雨粒が落ちてきた。しかし、本降りにはならず、雨足は収束。一時、騒然となったピットも混乱なく、1回目のピット作業を済ませた。

20060321113338.jpg
 第2スティントに入り、バトンのペースが上がらない。バトンはさらにバックマーカーを抜くのに手間取り、タイムロスと、F1参戦第3期の初優勝がかかるホンダ陣営に苛立ちのようなものが見て取れる。そこに追い討ちをかけるように、36周目、バリチェロがピットレーンの速度違反により、10秒ピットストップのペナルティを科されてしまった。

20060321113726.jpg
 一方、同じ日本勢のスーパー・アグリでは序盤から奮闘を続けている琢磨がリウッツィを相手に抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げている。非力なSA05で称賛に値する走りだ。しかし、チームメイトの井出はトラブルを抱え、リタイアとなった。

 レースはいよいよ終盤。フィジケラはトップを快走するが、バトンとアロンソの2番手争いは加熱してきた。結果、アロンソが計算通りのピット作戦により、バトンの前でコースに復帰。見事、ルノーが1-2体制を築いた。

 48周目、ハイドフェルドがエンジンブローでマシンを止めたが、あとは最後まで展開に大きな変動はなく、フィジケラがポール・トゥ・ウィン。通算3勝目を、チームと亡き友にささげた。また、7番手スタートから2位に入る力走を見せたアロンソと共に、フィジケラはルノーに24年ぶりとなる1-2フィニッシュをもたらし、これでルノーは開幕2連勝。開幕ダッシュを決めた昨年を再現するかのような快進撃となった。ちなみに前回のルノーワークスによる1-2フィニッシュは1982年のフランスGP。

20060321114558.jpg
 3位には今季初表彰台のバトン、4位以降はモントーヤ、マッサ、M.シューマッハ、ビルヌーブ、ラルフと続き、それぞれポイントを獲得。不振と言われるトヨタもどうにか1ポイントを挙げた。スーパー・アグリでは琢磨が14位フィニッシュで、見事、連続完走を果たしている。その他、トヨタのトゥルーリは9位、ホンダのバリチェロは10位という結果だ。

 次戦は南半球に舞台を移し、第3戦オーストラリアGPが開催される。初日のフリー走行1回目は31日(金)、日本時間9時(現地時間11時)に開始。次なる展開にも注目だ。


1 G.フィジケラ (ルノー)     1:30:40.529 205.397km/h
2 F.アロンソ (ルノー)        4.585 205.224km/h
3 J.バトン (ホンダ)         9.631 205.034km/h
4 J.P.モントーヤ (マクラーレン)  39.351 203.922km/h
5 F.マッサ (フェラーリ)       43.254 203.777km/h
6 M.シューマッハ (フェラーリ)    43.854 203.755km/h
7 J.ビルヌーブ (BMW)      1'20.400 202.406km/h
8 R.シューマッハ (トヨタ)     1'21.200 202.377km/h
9 J.トゥルーリ (トヨタ)       1Lap
10 R.バリチェロ (ホンダ)       1Lap
11 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    2Laps
12 C.アルバース (ミッドランド)    2Laps
13 T.モンテイロ (ミッドランド)    2Laps
14 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     3Laps
--------------------------------------------------------------
 N.ハイドフェルド (ザウバー)  48Laps  エンジン
 S.スピード (トロ・ロッソ)   41Laps  クラッチ
 井出有治 (スーパー・アグリ)   33Laps  メカニカル
 C.クリエン (レッドブル)    26Laps  油圧系
 M.ウェーバー (ウィリアムズ)  15Laps  油圧系
 D.クルサード (レッドブル)   10Laps  油圧系
 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)  6Laps  エンジン
 K.ライコネン (マクラーレン)  0Lap  アクシデント



【ファステストラップ】
1 F.アロンソ (ルノー)       45Laps 210.487km/h 1'34.803
2 G.フィジケラ (ルノー)      16Laps 209.402km/h 1'35.294
3 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 39Laps 208.806km/h 1'35.566
4 J.バトン (ホンダ)        5Laps 208.723km/h 1'35.604
5 M.シューマッハ (フェラーリ)   44Laps 208.629km/h 1'35.647
6 R.シューマッハ (トヨタ)     34Laps 208.544km/h 1'35.686
7 N.ハイドフェルド (BMW)    41Laps 208.403km/h 1'35.751
8 F.マッサ (フェラーリ)      51Laps 207.962km/h 1'35.954
9 J.ビルヌーブ (BMW)      43Laps 207.858km/h 1'36.002
10 R.バリチェロ (ホンダ)      54Laps 207.456km/h 1'36.188
11 J.トゥルーリ (トヨタ)      52Laps 207.042km/h 1'36.380
12 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   12Laps 206.206km/h 1'36.771
13 C.クリエン (レッドブル)     14Laps 206.002km/h 1'36.867
14 S.スピード (トロ・ロッソ)    25Laps 205.057km/h 1'37.313
15 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   6Laps 204.946km/h 1'37.366
16 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   40Laps 204.902km/h 1'37.387
17 D.クルサード (レッドブル)    4Laps 203.458km/h 1'38.078
18 C.アルバース (ミッドランド)   34Laps 203.209km/h 1'38.198
19 T.モンテイロ (ミッドランド)   39Laps 200.530km/h 1'39.510
20 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    14Laps 199.151km/h 1'40.199
21 井出有治 (スーパー・アグリ)    18Laps 194.050km/h 1'42.833



海外旅行保険付で年会費永久無料のカードならDCカードJizile!!
いまなら、クオカードプレゼントも実施中!!




スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/705-8bdce564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続完走。えらい!

やりました!佐藤琢磨2戦連続の完走達成。おめでとう! カンジのあなた!(H氏公認)【2006/03/25 23:02】

-

管理人の承認後に表示されます 【2006/03/26 17:52】

マレーシアGP 決勝結果

結果はこちら この調子でいくと、今年もルノーか!? 2試合連続完走の佐藤琢磨に拍... AMR的Blog【2006/03/28 00:18】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。