MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
日本GP  2007年は富士で開催決定!


 注目の2007年日本GPの開催地がついに決定した。富士スピードウェイが24日(金)、プレスリリースで正式発表したもの。内容は次の通り。



【レプリカ ミニチュア など】  楽天 F1ヘルメット特集




富士スピードウェイ 2007年F1日本グランプリを開催

富士スピードウェイ株式会社(代表取締役会長:齋藤明彦 以下、富士スピードウェイ)はフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の開催権利等を管理するフォーミュラ・ワン・アドミニストレーション(会長:バーニー・エクレストン氏 以下、FOM)と、F1日本グランプリを2007年10月に富士スピードウェイで開催することで合意した。

富士スピードウェイは1966年に開業し、世界でも有数の超高速サーキットとして約40年にわたり、スポーツカー、ツーリングカー、フォーミュラカーなどによる数々の国際・国内レースを開催してきた。F1についても、日本初開催となった1976年、翌1977年と2回の開催実績があり、2007年の開催は30年ぶりとなる。

富士スピードウェイは2005年に施設を全面リニューアルし、世界最新のサーキットとして国際自動車連盟(FIA)が定める、F1開催に必要な「グレード1」ライセンスを既に取得済みである。

【FOM代表 バーニー・エクレストン氏のコメント】
「このたび、名峰“富士山”を望む美しい自然に囲まれた富士スピードウェイで、F1日本グランプリを開催できることを大変嬉しく思っている。今回の決定がF1の新たな時代の幕開けとなることを期待している」

(富士スピードウェイ プレスリリースより)



「日本グランプリ」の名は富士に 1カ国2GP開催なら鈴鹿のグランプリ名は?
20060324232033.jpg
 2000年、富士スピードウェイにトヨタ自動車が経営参画し、さらに2002年にトヨタがF1に参戦してから噂が絶えなかった富士スピードウェイでのF1開催。24日、富士スピードウェイが正式に2007年のグランプリ開催を発表したが、鈴鹿サーキットでのF1開催はどうなるのだろうか?

 富士スピードウェイでの日本GP開催が発表されたことで、鈴鹿サーキットの動向が気になるところ。鈴鹿は1987年から昨年の日本GPまで18年間、日本GPを継続開催してきている。
 今回の発表に対して鈴鹿サーキットは、「ちょうど2002年から2006年までの5年契約が切れる年ですが、我々は継続開催すべくFOMと交渉を進めており、そのスタンスは今後も変わりありません」とこれまでと変わらぬコメント。富士は富士、鈴鹿は鈴鹿としてF1開催交渉を進めていることを改めて強調した。

 富士での日本GP開催時期は10月と発表されている。単純にこれまでの日本GPの開催スケジュールと合わせたとも考えられる一方で、鈴鹿との連戦による1カ国2GP開催の可能性も残しているのではないだろうか。とはいえこの場合、東と西で開催地は離れているものの、集客地域が重なることは否めない。
 10月と発表された開催時期について富士スピードウェイは、FOMとの調整のなかで決定したものであるとしながらも、これまで日本GPというと「10月」というイメージがあったため、富士側もこの時期を希望していたようだ。
 はっきりしたことは“日本GP”のタイトルが富士に移ったということだ。鈴鹿がF1継続開催する場合には、どのようなタイトルになるのだろうか? 1994、1995年に岡山国際サーキット(当時のTIサーキット)でF1が開催されたときは、パシフィックGPのタイトルで開催されている。
 ヨーロッパでも、ドイツGP(ホッケンハイム)に加えてヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)、イタリアGP(モンツァ)に加えてサンマリノGP(イモラ)が開催されるなど、1カ国2GP開催は特殊なことではない。バーニー・エクレストンも、現在3チーム、2メーカーが参戦している日本で2GP開催することを認めるコメントを残している。



富士F1開催で気になるアクセス 宿泊施設の状況は?
20060324232300.jpg
 富士スピードウェイでの日本GP開催が正式に決定、発表された。鈴鹿では5年ごとでFOMとF1開催について契約していたが、今回契約期間について富士スピードウェイ側は、「契約期間や契約金に関してはお答えできません」と明らかにしていない。

 富士スピードウェイは既に宿泊施設の確保に向けて動き出している。通常、富士周辺の宿泊となると御殿場市が中心で、最近では三島市近辺まで範囲は広がっているが、F1開催となればそれでも十分な宿泊施設は確保できない。富士側は「静岡県、神奈川県までエリアを広げて検討中」とのこと。また、スピードウェイ近辺には会社の保養所、研修所といった施設が多数揃っていることから、「そういった施設をお借りすることも検討しています」という。

 交通については東名高速御殿場インターを使うことになるが、インターとサーキット間の渋滞については「地元関係者の協力を得て対応したい」という。具体的な対策については今後の調整次第になるだろうが、例えば対面通行の道路を時間帯に応じて一方通行にするなど、地元と協力することでよりスムーズな運営が実現可能と思われる。
 また、駐車場については富士スピードウェイ内部で15,000台が収容可能(SUPER GT開催時)ではあるが、F1の場合にはパドッククラブなどの設営があるため、これよりは少なくなりそうだ。
 この問題についても富士スピードウェイ側は「地元の強力を仰ぎつつ、今後、鋭意検討していく」というスタンスだが、TIサーキット英田(現岡山国際サーキット)でのパシフィックGP開催時など、サーキット外に地元の協力で駐車場を用意した事例などもあるため、同様の手段などが考えられる。



F1富士開催決定でホンダが公式コメント 「鈴鹿での継続開催を望む」
20060324232609.jpg
 F1日本グランプリが2007年からトヨタ系列の富士スピードウェイで開催されることが決定したのを受けて、鈴鹿サーキットの親会社であるホンダがコメントした。

 鈴鹿サーキット側への電話取材でも同様のコメントが出たが、ホンダも同様に「開催時期、開催名にこだわらず、来年以降も継続開催していくため、交渉を継続しています。ホンダもそれを望んでいます」とコメント。日本グランプリの名称にこだわらず、F1開催を継続交渉していく意志をアピールした。
 関係者内では現在、2007年からはオーストラリアGP、マレーシアGPに続く第3戦として開催されるのではないかという噂が出ており、その通りとなると春の鈴鹿、秋の富士というスケジュールになりそうだ。




初回予約は限定チャンス!楽天トラベル



スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/712-b8b60cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。