MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
SUPER GT 第1戦 鈴鹿  【SUZUKA GT 300km】  決勝


 3月19日、鈴鹿サーキット(三重県)で2006オートバックス SUPER GT第1戦「SUZUKA GT 300km」の決勝レースが行われた。
 GT500は予選5位からNo.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)が逆転で優勝。今季、新登場のレクサスSC430にとってのデビュー戦を勝利で飾った。GT300はすばらしい速さを披露したNo.88 アクティオ ムルシエRG-1が初勝利を飾った。



【プラモデル ラジコン レースクイーン】 楽天SUPER GT特集




●GT500

20060330224646.jpg
 決勝スタートは14時30分。上空は晴れてはいるものの、朝から吹き付けていた風がさらに強まり、流れる雲から時おり雪混じりの雨粒が落ちてくる。波乱のレースを予感させるような天候の下でフォーメーションラップが始まった。なお、GT300クラス予選6番手だったNo.2 Privee Zurich・アップル・紫電はダミーグリッドにつく前にエンジンがかからずピットスタートとなった。


20060330224911.jpg
 スタート直後の1コーナーではNo.12 カルソニックインパルZ(星野一樹)がコースアウト。クラス最後尾までポジションを落とす。予選2番手だったNo.18 TAKATA童夢NSX(道上龍)は130Rでラインを乱して順位を下げ、No.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(アンドレ・ロッテラー)は逆に順位を上げて戻ってくる。
 1周を終えて戻ってきたときの順位はポールスタートのNo.8 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン)を先頭に、No.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(アンドレ・ロッテラー)、No.18 TAKATA童夢NSX(道上龍)、No.23 XANAVI NISMO Z(本山哲)、No.1 ZENTセルモSC(立川祐路)、No.22 MOTUL AUTECH Z(山本左近)の順。
 2周目の1コーナーではNo.32 EPSON NSX(ロイック・デュバル)がコースを大きくはみ出してしまう。この間、トップのNo.8と2番手No.36の差は少しずつ詰まり、テールトゥノーズの状態に。
 8周目、4番手だったNo.23が周回遅れに引っかかるタイミングが悪く、No.1とNo.22の2台にかわされてしまう。17周目のヘアピンではNo.18がラインを乱し、No.1が急接近。その先のコーナーでNo.1がこれをかわして3番手に。No.18はさらにその後方のNo.22にも迫られ、20周目にはストレートで先行を許す。20周を終えた時点でのトップ5はNo.8、No.36、No.1、No.22、No.18の順。いったん順位を下げていたNo.23もペースを回復。No.18の背後に迫り始める。
 21周を終えたところで、GT500クラスのトップを切ってピットに戻ってきたのがNo.6 Mobil 1 SCの飯田章。片岡龍也に交代してレースに戻る。その間、トップを争うNo.8とNo.36の2台はスプーンに達し、アウトからNo.36がパス。ついにトップが交代する。No.8は次の周にNo.1にもかわされるとすぐにピットイン。つづいてピットに戻ろうとしたNo.22はなんとピットロードに入ったところでスピン。大きくタイムロスしてしまう。


20060330225202.jpg
 トップのNo.36と2番手のNo.1は24周を終えて同時にピットイン。No.36は脇阪寿一に交代してスムーズに出ていくが、ピット作業で数秒差をつけられたNo.1は焦りがあったのか高木虎之介が1コーナーをオーバーラン。ポジションを大きく落とす。
 上位陣のピットがすべて終わったところでのトップ3はNo.36(脇阪)、No.8(伊藤大輔)、No.23(松田次生)の順。No.36の背後にじわじわとNo.8が迫り、少し間隔をおいてNo.23がつづく展開となる。No.36とNo.8の攻防はそれから7?8周にわたってつづいたが、このバトルの間にNo.23は少しずつ差を詰めていった。
 42周目のシケイン、ブレーキングを思いきり遅らせたNo.23(松田)がNo.8(伊藤)のインをずばりと攻略。やや強引ではあったが、接触もなく、みごとなパッシングだった。これでNo.23が2番手にアップ。今度はトップで逃げるNo.36を追いはじめる。


20060330225402.jpg
 残りは10周。周回遅れに出会うタイミングで2台の差は開いたり詰まったりするが、No.36(脇阪)もなかなか隙を見せない。一時は0.3秒差に接近するものの、残り2周ではまた1.5秒差まで開くと、そのまま最後まで逃げ切ってみせた。
 52周を終えてチェッカー。No.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)が優勝。2位は猛追があと一歩及ばなかったNo.23 XANAVI NISMO Z(本山哲/松田次生)。3位にはNo.8 ARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン)が入り、SC430、フェアレディZ、NSXの3車種が1台ずつ表彰台を占める結果となった。



●GT300

20060330225621.jpg
 GT300クラスはクラスポールのNo.46 吉兆宝山DIREZZA Z(佐々木孝太)が序盤から少しずつポジションを落とし、かわってNo.87 トライク ムルシェRG-1(山西康司)とNo.88 アクティオ ムルシェRG-1(マルコ・アピチェラ)のランボルギーニ2台が1?2体制を築く。その後方ではNo.13 エンドレスアドバンCCI Z(影山正美)とNo.7 雨宮アスパラドリンクRX7(井入宏之)が3位争いを繰り広げるが、No.13は藤井誠暢に交代して出ていったところでコースアウト。トップ2台はNo.87が先、No.88が1周あとにピットに戻るが、No.87はWADA-Qに交代して出ていこうとしたとき隣のピットのマシンが戻ってきてしまい、タイムロス。ロスなく作業を終えたNo.88(桧井保孝)がトップ、No.87が2位の順となる。
 このまま1?2フィニッシュを果たすかと思われたが、残り1周、No.87にガス欠症状が出て緊急ピットイン。簡単なチェックだけ済ませてピットアウトするが、けっきょく症状は改善せず、チェッカーを受けることができなかった。これでNo.7(山野哲也)が2位、3位には序盤から4?5位をキープしていたNo.110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER(松田秀士/菅一乗)が上がる。

 優勝はNo.88 アクティオ ムルシェRG-1(マルコ・アピチェラ/桧井保孝)。2位は、昨年のチャンピオン、山野哲也が移籍したNo.7 雨宮アスパラドリンクRX7(山野哲也/井入宏之)。山野は違うチームで昨年、一昨年とGT300を連覇。今年もチャンピオン請負人として新チームで挑むことになる。3位はNo.110 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER(松田秀士/菅一乗)。4位にはNo.19 ウェッズスポーツセリカ(松田晃司/脇阪薫一)が入り、最終ラップでストップしてしまったNo.87 トライクムルシェRG-1(山西康司/WADA-Q)は5位にランクされた。JLOCはJGTC発足の1994年以来参戦を続けての初優勝。車両としてのムルシェラゴの優勝は世界初となる。


【GT500】
1 OPEN INTERFACE TOM'S SC430 (脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー) 1:43'40.197
2 XANAVI NISMO Z (本山哲/松田次生) 0'03.412
3 ARTA NSX (伊藤大輔/ラルフ・ファーマン) 0'06.957
4 TAKATA 童夢 NSX (道上龍/小暮卓史) 0'11.299
5 ZENT セルモ SC (立川祐路/高木虎之介) 0'28.344
6 Mobil 1 SC (飯田章/片岡龍也) 0'44.586
7 RAYBRIG NSX (セバスチャン・フィリップ/細川慎弥) 0'53.470
8 ECLIPSE ADVAN スープラ (織戸学/土屋武士) 1'08.973
9 イエローハットYMS トミカ Z (横溝直輝/J.P.デ・オリベイラ) 1'11.139
10 WOODONE ADVAN KONDO Z (エリック・コマス/柳田真孝) 1'12.822
11 triple a サード スープラGT (アンドレ・クート/平中克幸) 1'26.370
12 MOTUL AUTECH Z (ミハエル・クルム/山本左近) 1Lap
13 カルソニック インパル Z (ブノワ・トレルイエ/星野一樹) 1Lap
14 BANDAI DIREZZA SC430 (服部尚貴/ピーター・ダンブレック) 1Lap
15 EPSON NSX (ロイック・デュバル/武藤英紀) 2Laps


【GT300】
16 アクティオ ムルシェ RG-1 (マルコ・アピチェラ/桧井保孝) 1:44'23.259
17 雨宮アスパラドリンク RX7 (山野哲也/井入宏之) 0'26.744
18 TOTALBENEFIT GREENTEC BOXSTER (松田秀士/菅一乗) 0'29.171
19 ウェッズスポーツセリカ (松田晃司/脇阪薫一) 1'18.509
20 トライク ムルシェ RG-1 (山西康司/WADA-Q) 1Lap
21 Privée Zurich・アップル・紫電 (高橋一穂/加藤寛規) 1Lap
22 direxiv ADVAN 320R (密山祥吾/谷口信輝) 1Lap
23 EBBRO BTEC MAZIORA 350R (黒澤琢弥/黒澤翼) 1Lap
24 ハンコックエンドレスポルシェ (木下みつひろ/峰尾恭輔) 1Lap
25 吉兆宝山 DIREZZA Z (長島正興/安田裕信) 1Lap
26 プロμ太陽石油KUMHOセリカ (竹内浩典/嵯峨宏紀) 1Lap
27 吉兆宝山 DIREZZA Z (佐々木孝太/番場琢) 2Laps
28 LeyJun ADVAN モスラーMT (OSAMU/壷林貴也) 2Laps
29 プロμマッハGOGOGO車検320R九州 (玉中哲二/筒井克彦) 2Laps
30 洗剤革命TEAM UEMATSU & 石松RSR (植松忠雄/菊池靖) 2Laps
31 エンドレスアドバンCCI Z (影山正美/藤井誠暢) 2Laps
32 外車の外国屋アドバンポルシェ (石橋義三/平川晃) 2Laps
33 WILLCOM ADVAN VEMAC408R (柴原眞介/八木宏之) 3Laps
34 T&G FACE NETWORK DUNLOP F360 (ヒロミ/尾本直史) 4Laps


【Fastest Lap】
GT500 : 1'55.758 (B.トレルイエ/No.12 カルソニック インパル Z)
GT300 : 2'05.844 (山西 康司/トライク ムルシェ RG-1)




★全員にプレゼント★JCBギフト券1,000円分

さらに最大3,000円分がもらえるチャンスも




スポンサーサイト


テーマ:SUPER GT 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/728-f8d6fb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。