MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第3戦 オーストラリアGP 金曜日 フリー走行2回目


 2006年F1世界選手権第3戦オーストラリアGPが秋空の下、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで開幕した。



【J.バトン BARホンダ グッズ】  楽天 ホンダ特集




 午前のフリー走行1回目に続いて行われた午後のフリー走行2回目は、ホンダが最速タイムを連発し、セッションを盛り上げている。

 気温22℃、路面温度26℃、湿度48%のドライコンディションで始まった2回目のセッションはまずスーパー・アグリの井出有治、ロバート・ドーンボス(レッドブル)、デビッドソン、ロバート・クビカ(BMWザウバー)といった面々がコースイン。デビッドソンが真っ先にタイムを刻み、午前中と同じように着々と自己ベストを更新していく。

 しかし、セッション開始8分過ぎ、1分29秒098のトップタイムをマークしたのはK.ライコネン(マクラーレン)。さらにチームメイトのJ.P.モントーヤも2番手につけ、マクラーレンが1-2体制となる。ライコネンはさらにトップタイムを更新する1分28秒037を記録。順調にペースを上げていった。

 マクラーレンの牙城を崩したのはルノーのF.アロンソ。1分27秒464を叩き出し、トップに躍り出た。これに触発されるようにアロンソのライバル、M.シューマッハ(フェラーリ)も同じく1分27秒台で2番手につけた。

 だが、ここからホンダの逆襲が始まった。午前中はガレージに収まったまま、コースに姿を見せなかったJ.バトンがようやく登場、3回目の計測で1分27秒213を記録し、いきなりトップに浮上する。バトンはアロンソ、シューマッハ、ライコネンといったそうそうたる顔ぶれの上位陣を従えて、セッション後半に突入していった。一方、チームメイトのR.バリチェロも5番手につけており、不振に終わった開幕2戦の汚名返上に期待がかかる。

 注目の後半戦はクビカやブルツがトップタイムをマークするが、最後は再びホンダの一角デビッドソンが1分26秒822のスーパーラップを叩き出して、トップに返り咲き、陣営の士気を高める結果をチームにもたらした。

 順位を整理するとトップにデビッドソン、2番手にブルツ、3番手にクビカ、4番手以降はバトン、アロンソ、シューマッハ、ライコネン、バリチェロ、モントーヤ、マッサというトップ10。その他、気になる日本勢はトヨタのJ.トゥルーリとR.シューマッハが16、18番手。スーパー・アグリは佐藤琢磨と井出がそれぞれ27、28番手と最下位だったが、相変わらず目立ったトラブルもなく、順調に周回を重ねている。

 フリー走行3回目は明日4月1日(土)、日本時間9時(現地時間11時)に開始される。予選前の各陣営の調整に注目だ!


1 A.デビッドソン (ホンダ)      1:26.822 28Laps
2 A.ブルツ (ウィリアムズ)      1:26.832 27Laps
3 R.クビカ (BMW)         1:27.200 25Laps
4 J.バトン (ホンダ)         1:27.213 12Laps
5 F.アロンソ (ルノー)        1:27.443 14Laps
6 M.シューマッハ (フェラーリ)    1:27.658 16Laps
7 K.ライコネン (マクラーレン)    1:27.773 16Laps
8 R.バリチェロ (ホンダ)       1:28.075 20Laps
9 J.P.モントーヤ (マクラーレン)  1:28.200 15Laps
10 F.マッサ (フェラーリ)       1:28.227 17Laps
11 G.フィジケラ (ルノー)       1:28.280 11Laps
12 J.ビルヌーブ (BMW)       1:28.440 22Laps
13 D.クルサード (レッドブル)     1:28.531 18Laps
14 M.ウェーバー (ウィリアムズ)    1:28.860 18Laps
15 N.ハイドフェルド (BMW)     1:29.053 5Laps
16 J.トゥルーリ (トヨタ)       1:29.138 20Laps
17 S.スピード (トロ・ロッソ)     1:29.196 18Laps
18 R.シューマッハ (トヨタ)      1:29.379 16Laps
19 T.モンテイロ (ミッドランド)    1:29.713 21Laps
20 R.ドーンボス (レッドブル)     1:29.876 32Laps
21 C.クリエン (レッドブル)      1:29.879 9Laps
22 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    1:29.933 11Laps
23 N.ジャニ (トロ・ロッソ)      1:30.686 26Laps
24 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    1:30.734 14Laps
25 C.アルバース (ミッドランド)    1:30.830 18Laps
26 M.ウィンケルホック (ミッドランド) 1:31.260 25Laps
27 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1:32.556 27Laps
28 井出有治 (スーパー・アグリ)     1:34.224 22Laps




GDOキャンペーン情報




スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/730-a8018a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。