MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
2008年エントリー申請チームがほぼ判明 既存チームと新規参入チーム、その内訳


 警察犬のようなF1メディアは、22チームが記されている謎の2008年FIAエントリーリストをかぎつけた。

 現行の11チームがサインしていることは間違いないが、驚くべきは、それ以外の11チームもエントリーが受理されれば、参戦する決意があることを明確にしていることだ。

F1グッズ売れ筋ランキング! 楽天ランキング市場


 そのうちの4チームが、デビット・リチャード、ポール・ストッダート、エディ・ジョーダン、ディレクシブだということはすでに判明している。

 また、スペインに本拠地を置くGP2チームのレーシング・エンジニアリングとBCNコンペティクションもエントリーしていることは、ほぼ間違いない。これに、元F1ドライバーのエディ・アーバインが、ロシアの実業家ロウスタム・タリコと組んだチームや、クレイグ・ポロックなども、おそらくリストに入っている。

 さらに、フェラーリチームのジャン・トッドの息子ニコラ・トッドが運営するGP2のARTグランプリ、かつて騒がれたトレバー・カーリン率いるドバイチーム、そしてピケ・スポーツもエントリーしたと見られている。



スペインの2チームが2008年F1エントリー申請
 2つのスペインチームが2008年においてF1に参戦すべく、エントリー申請を行なった。GP2チームであるBCNコンペティティションとレーシングエンジニアリングがエントリーを行なったことを伝える。

 エンリケ・スカラブローニはF1のパドックにおいて知られていない人物ではない。彼はかつて、ウィリアムズ、フェラーリ、ロータスにおいて技術者を務めていたことがある。最近ではアジアテックに関与していたが、資金難によってそのプロジェクトは終了してしまっている。その彼がF3000チームのノルディックレーシングを買収し、2002年にBCNコンペティティションを設立した。その後、F3000と現在のGP2シリーズにおいて成功を収めている。

 スカラブローニの目標は常にF1であったが、彼はようやくそのチャンスのときを見つけ出した。
「我々が今回の機会を利用したことについて認めることができるし、2008年チャンピオンシップに参戦するためにFIAにエントリー申請を行なった」と、語っている。

 12チームの枠を22チームが争うことになり、新参入チームにとってはかなり厳しい競争となるが、スカラブローニは彼らにはそれが可能だと信じている。
「我々は良い位置にいると思っている。我々は優れた設備を持っているし、サーキット デ カタロニアに近いところに位置している。それに、私はロータス、ウィリアムズ、フェラーリ、そして他のチームとともに、F1において長い経歴を持っている。それでも、決定を下すのはFIAだ」

 FIAはチーム数の制限を忘れるべきかと尋ねられたスカラブローニは、
「そうだね、FIAはチーム数の制限をもっとオープンにするべきだと思う」と、答えている。

 一方、スペインからF1参戦を目指すチームはもう1つ存在する。スペイン国王の親戚であるアルフォンソ・オルレアン・ボルボンによって設立されたレーシングエンジニアリングもF1へのエントリー申請を行なっている。アルフォンソ自身もスペインF3で戦っていたことがある。昨年、レーシングエンジニアリングはレッドブルのサポートを受けてGP2へと参入し、トップチームの1つとなった。今、アルフォンソは彼の長年の夢であったF1へのステップアップを果たそうとしている。


泊まる値段はあなたが決める!宿泊オークション「楽天トラベル」

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/736-7c71df7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。