MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
フォーミュラ・ニッポン 第1戦 鈴鹿  公式予選1回目


 2006全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦の公式予選1回目が4月15日、鈴鹿サーキットで行われ、#56小暮卓史(ARTA)が2分1秒414で暫定ポールを獲得した。2番手には#41平中克幸(DoCoMo DANDELION)、3番手には#19ブノア・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)がつけ、ルーキーでは#32武藤英紀(PIAA NAKAJIMA)の8番手が最上位だった。



【レアもの サイン入り レプリカ など】  楽天 F1キャップ特集


 公式予選日の鈴鹿は朝から小雨が降り続いていたが、スーパーバイクの予選の途中から小降りになり、フォーミュラニッポンの予選が始まるまでには雨は上がった。しかし路面はまだウェット状態だ。
 今日の気温は一日中10度前後で推移するとの予報が出ている。

 フォーミュラニッポンの公式予選は当初予定より5分遅れの10時20分に開始された。
 ロイック・デュバルを先頭に各車一斉にコースイン。
 全車ウェットタイヤでの走行。メインポストからは「WET PRACTICE」のボードが提示されている。

 開始5分で早くも山本左近がヘアピンでコースアウト。コース復帰できない状況だ。

 松田次生が3周目に2分1秒622を出してトップに。ロニー・クインタレッリが2分1秒631で続く。松田は5周目に1秒498、6周目に1秒470までタイムを縮める。

 開始から15分経過したところで小暮卓史が2分1秒414を出してトップに立つ。
 平中克幸が2分1秒418の僅差で2番手につけるが、タイムを出した翌周にデグナーで大きくはらんで縁石に乗り上げ、ピットイン。

 第1戦ではトヨタエンジンを積むインパル勢の速さが際立っていたが、鈴鹿ではホンダ勢も巻き返してきているようだ。

 開始からしばらくは様子を見ていた昨年王者の本山哲だが、20分経過したところで漸く5番手タイムを出してきた。

 立川祐路は7周走ったところでピットへ。クルマはガレージに引っ込められ、エンジンカウルを開けられた。ミッションから煙が出ており、修復に時間が掛かりそうだ。

 35分経過したところで高木虎之介がデグナーでコースアウトしたが、そのままコースへ復帰してピットへ戻る。

 残り10分の時点での順位は小暮、平中、松田、クインタレッリ、本山、金石、トレルイエ、武藤の順。トップ8はトヨタエンジンとホンダエンジンが4台づつと互角の状態になっている。

 残り7分を切ったあたりから各車ニュータイヤに履き替えて最後のアタックに出て行く。
 残り3分を切ったところで、本山、トレルイエが相次いで区間ベストを更新して走行、しかしセクター3、4が伸び悩んだ本山は2分1秒台には入ったものの順位は変わらず。続いてトレルイエが1秒460を出して3番手に。本山は2周連続でタイムアタックを敢行するが、1秒569に留まり、このセッションを5番手で終えた。

 ここでチェッカー。結局上位陣で最後に順位を上げたのはトレルイエのみとなり、4周目にベストタイムを記録した小暮の暫定ポールが決定した。2番手に平中、3番手にトレルイエ、4番手松田、5番手本山、6番手クインタレッリの順で午前中の予選は終了した。

 ルーキー勢では武藤英紀が8番手で最上位、9番手に柳田真孝がつけている。



 公式予選1回目において、複数のドライバーがイエローフラッグ中にタイム更新があったとして、タイム抹消のペナルティが下されることとなった。

 このセッションでは、開始早々に#3山本左近(KONDO RACING)がヘアピンでコースアウトし、タイムを記録できなかったが、この山本選手の車両が排除されるまでの間、11番ポストでイエローフラッグが提示されていた。にもかかわらず、#7片岡龍也、#8土屋武士、#31ロイック・デュバル、#33ロニー・クインタレッリ、#55金石年弘の5名がこの間にタイムを更新していた。


1 小暮卓史 (ARTA HONDA)          2'01.414
2 平中克幸 (DoCoMo DANDELION HONDA)    2'01.418
3 ブノア・トレルイエ (mobilecast IMPUL TOYOTA)  2'01.460
4 松田次生 (mobilecast IMPUL TOYOTA)   2'01.470
5 本山哲 (arting IMPUL TOYOTA)      2'01.569
6 ロニー・クインタレッリ (BOSS・INGING TOYOTA)    2'02.443*
7 武藤英紀 (PIAA NAKAJIMA HONDA)     2'02.467
8 柳田真孝 (KONDO TOYOTA)         2'02.664
9 アンドレ・ロッテラー (DHG TOM'S TOYOTA)     2'02.710
10 土屋武士 (DHG TOM'S TOYOTA)       2'02.835
11 ビヨン・ビルドハイム (DoCoMo DANDELION HONDA) 2'02.912
12 金石年弘 (ARTA HONDA)          2'03.091*
13 高木虎之介 (LeMans TOYOTA)       2'03.135*
14 星野一樹 (arting IMPUL TOYOTA)     2'03.189
15 片岡龍也 (LeMans TOYOTA)        2'03.226*
16 横溝直輝 (BOSS・INGING TOYOTA)     2'03.300
17 立川祐路 (RECKLESS CERUMO TOYOTA)    2'03.654
18 ロイック・デュバル (PIAA NAKAJIMA HONDA)    2'03.726*
19 道上龍 (5ZIGEN HONDA)          2'04.382
20 密山祥吾 (DPR Direxiv HONDA)      2'04.485
21 折目遼 (M&O 5ZIGEN HONDA)        2'06.833
- - 以上予選通過 基準タイム ( 107% ) - - - - -
 山本左近 (KONDO TOYOTA)   計測できず



アトピー・アレルギー経験者の母が、厳選した商品を
通信販売いたします。


スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/749-fec8dda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新たなスタート

さて、授業を始めます。卒業生を送ってからずっと寂い思いをしていた。なにか居場所のない思いがしていた・・・・ 奈保美【2006/04/15 18:45】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。