MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
フォーミュラ・ニッポン 第1戦 鈴鹿  公式予選2回目


 2006全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦の公式予選2回目は、めまぐるしく変化する路面コンディションの下で行われ、何度もトップが入れ替わる激戦となった。この激しいアタック合戦を制したのは、#19ブノア・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)。タイムは1分45秒697だった。
 2番手には#1本山哲(Arting TEAM IMPUL)、3番手に#20松田次生(mobilecast TEAM IMPUL)が入り、開幕戦に続いてインパル勢がトップ3を独占した。



【レプリカ ミニチュア など】  楽天 F1ヘルメット特集


 午後2時40分、公式予選2回目が開始された。
 まだ小雨は降っているものの、路面は乾き始めており、この天候が悪化しないうちにタイムを出しておこう、とばかりに各ドライバーともセッション序盤から一斉にタイムアタックに取り掛かる。
 ここでトップタイムを記録したのは本山。1分58秒778と、ウェットで行われた午前中のタイムを大きく更新した。
 以下、金石年弘が1分58秒834、小暮卓史1分59秒032とつづき、最後尾の密山祥吾まで全車が午前中のベストタイムを上回った。

 開始8分、130Rで密山がスピン。コースに掛かった状態で真横を向いてストップしてしまった。
 これをみて各車ピットイン。ここで早速トレルイエがスリックタイヤを投入。残り時間は34分だ。
 さらに車高を調整したARTAの2台が残り31分でコースイン。
 この間、本山はニュータイヤ(レイン)を装着して2度目のアタックを敢行、1分57秒708を叩き出した。

 残り28分で松田がトップタイム。1分57秒620だ。
 その直後、区間ベストを更新しながらスリックタイヤでアタックしていたトレルイエが57秒515を叩き出して一躍トップに。会心の走りに拳を突き上げるトレルイエ。これを見た各チームは一斉にスリックタイヤの装着に取り掛かった。
 2番手タイムの松田もピットに飛び込んでスリックへ交換。併せてフロントウィングの調整に掛かる。

 トレルイエはなおもタイムを書き換えながらアタックを続行。しかし西コースで立川祐路に引っかかってしまう。それでもタイムは1分55秒430を記録し、さらにアタックを継続する。タイムは遂に52秒795まで短縮された。
 続いてアンドレ・ロッテラーが55秒872を記録して2番手に。更にそのタイムを平中克幸が塗り替え、53秒410で2番手に上がってきた。チームメイトの2003年国際F3000チャンピオン、ビヨン・ビルドハイムも4番手につけてきた。平中は次のラップでセクター1の区間ベストを塗り替えるが、デグナーで痛恨のコースアウト。すぐにコース復帰して仕切りなおしだ。

 ここでロッテラーが1分52秒609を出してトップに。残り時間は17分だ。一旦はコースオフした平中だったが、次のラップで再び区間ベストを立て続けに更新、一気に51秒478でトップに躍り出た。
続いて片岡龍也が52秒125で2番手につける。
 その直後、本山が一気に50秒台を叩き出し、トップに戻ってきた。1分50秒324だ。

 それを残り15分を切ったところで松田が49秒963で上回るが、本山も48秒881とやり返す。さらに片岡もタイムアップ。49秒328を出して2番手に。

 そして残り12分を切ろうか、というところでトレルイエが48秒671を叩き出して再びトップに上がってきた。

 残り10分の時点の順位は、トップがトレルイエ、2位本山、3位片岡、4位にルーキーの武藤英紀、5位松田、6位デュバルの順。午前中ノータイムに終わった山本左近も7番手タイムを出してきた。
 先ほどまでトップ争いを繰り広げていた平中は一気に11番手にまで後退している。

 残り時間は5分を切った。各車最後のアタックが始まった。まずは松田が1分47秒856を叩き出してトップに立つ。続いて本山が48秒250で2番手に。
 それを一気にロイック・デュバルが上回り、47秒646でトップに躍り出る。

 さらに残り3分を切ったところでロニー・クインタレッリが47秒545を記録するが、本山も46秒405と46秒台に入れてきた。しかしここでまた、トレルイエが45秒697までタイムを削ってトップを奪い返す。

 残り時間は1分を切った。ここで道上龍がヘアピンでスピン。
この区間で黄旗が提示されて事実上この慌しい予選はここで決着。

 ポールポジションはトレルイエ、2番手に本山、3番手に松田と、終わってみれば今回もまたインパル勢の1-2-3というグリッド順になった。トレルイエは開幕戦の富士に続いて2戦連続のポールポジションから、明日の51周の戦いに臨む。



片岡龍也 エンジン交換のためグリッド降格に

 予選開始を前に、カーナンバー7、片岡龍也の車がエンジン交換を行ったため、今季から導入された規定により10グリッド降格とする旨の通知が出された。

 これは、片岡のエンジンにトラブルが発生したため、チームがエンジンの交換を決定。今季から導入されたF1と同様の2レース1エンジン制の規定に基づき、予選結果から10グリッド降格のペナルティを受けることとなった。
 これにより、予選2回目で11番手を獲得していた片岡は、明日の決勝レースを最後列からスタートすることとなった。


1 ブノア・トレルイエ (mobilecast IMPUL TOYOTA) 1'45.697
2 本山哲 (arting IMPUL TOYOTA)      0.708
3 松田次生 (mobilecast IMPUL TOYOTA)   1.194
4 ロニー・クインタレッリ (BOSS・INGING TOYOTA)    1.303
5 山本左近 (KONDO TOYOTA)         1.612
6 土屋武士 (DHG TOM'S TOYOTA)       1.750
7 アンドレ・ロッテラー (DHG TOM'S TOYOTA)     1.828
8 ロイック・デュバル (PIAA NAKAJIMA HONDA)    1.949
9 金石年弘 (ARTA HONDA)          1.984
10 小暮卓史 (ARTA HONDA)          1.993
11 片岡龍也 (LeMans TOYOTA)        2.065*
12 ビヨン・ビルドハイム (DoCoMo DANDELION HONDA) 2.185
13 平中克幸 (DoCoMo DANDELION HONDA)    2.213
14 武藤英紀 (PIAA NAKAJIMA HONDA)     2.384
15 立川祐路 (RECKLESS CERUMO TOYOTA)    2.551
16 高木虎之介 (LeMans TOYOTA)       2.571
17 柳田真孝 (KONDO TOYOTA)         2.921
18 道上龍 (5ZIGEN HONDA)          3.410
19 折目遼 (M&O 5ZIGEN HONDA)        4.229
20 星野一樹 (arting IMPUL TOYOTA)     4.523
21 横溝直輝 (BOSS・INGING TOYOTA)     5.247
22 密山祥吾 (DPR Direxiv HONDA)      18.128



OMCの「はっぴーママ カード」

スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/750-21c50758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。