MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
フォーミュラ・ニッポン 第1戦 鈴鹿  決勝


 鈴鹿サーキットで行われた2006全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦の決勝は、レース中盤から降り始めた雨のためにアクシデントが頻発する波乱の展開となった。
このレースを制したのは今季初来日の#31ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)。巧みなレースコントロールと絶妙のピットタイミングで波乱の相次ぐ51周のレースを見事に制した。2位には#40ビヨン・ビルドハイム(DoCoMo DANDELION)が入り、ポールシッターの#19ブノア・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)はペナルティやピット作業のトラブルに見舞われながらも3位を確保した。



【スポンサー ドライバー チーム など】  楽天 F1 Tシャツ特集


060415_FN4.jpg

 併催レースの赤旗中断が相次いだため、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンは、当初予定より大きく遅れ、15時20分スタートとなった。

 スタートで2番グリッドの本山哲と15番グリッドの高木虎之介らがエンジンストールし、大きく順位を落とす中、1コーナーにトップで飛び込んだのはポールのトレルイエ。2番手にはアンドレ・ロッテラーが続き、以下、ビルドハイム、松田次生、土屋武士、山本左近、金石年弘、ロニー・クインタレッリの順で1周を終了。この時点で本山は21位、高木は22位に落ちている。

 トップに立ったトレルイエは一気に後続を引き離しに掛かり、3周終了時点で2番手のロッテラーとの差を3.02秒、4周で4秒と、1周当たり1秒づつ突き放していくが、彼のスタートはフライングと判定され、5周目にドライブスルーペナルティのボードを提示されてしまう。
これにより、7周終わりでトレルイエはピットインすることとなり、平中の後ろ、13番手まで後退してしまった。

 これでロッテラーがトップに立ったものの、右リヤタイヤがバーストしたために8周目のシケインでオーバーランしてしまう。怒り心頭のロッテラーは緊急ピットイン。タイヤ交換と給油を行い、最後尾でコースに復帰した。
 これでトップはビルドハイムとなった。しかしすぐ後ろでは、松田が隙をうかがっている。その後ろにも土屋が迫っており、この3台がトップ集団を形成している。

 10周目の1コーナーでトレルイエが平中のインをこじ開けて前に出た。これで順位を11位に戻した。更に12周目の1コーナーで立川のインを突いて9位に。

 14周目のデグナーで平中がコースアウト、順位を15位まで落とした。

 15周目にトレルイエは武藤を抜いて8位に。更に先行するデュバルに迫っていく。

 16周終わりでデュバルがピットイン。タイヤ4本交換で18.1秒の作業時間。柳田の前でピットアウトしていく。その柳田の後ろには既にピットストップを終えた本山が迫ってきた。

 このあたりから気温と路面温度が下がりだした。

 18周終わりで高木がピットイン。作業中にエンジンをストールしたため、26.5秒でピットアウトしていく。この影響で高木は最後尾に落ちた。

 20周終わりでトレルイエがピットイン。しかし右フロントタイヤの締め込みに手間取り、37秒で漸くピットアウトすることとなった。これでほぼトレルイエの上位入賞の可能性はなくなったかに思われたが、トレルイエ自身はその後も諦めずに全開走行を続け、23周目には47秒台のファステストラップをたたき出してきた。

 21周終わりで武藤がピットイン。タイヤ4本交換ながら、たった13秒で作業を終えてピットアウト、しかし出てすぐの1コーナーでコースアウトを喫してしまった。

 23周目の1コーナーで小暮が立川を攻略して8位に上がる。その前を行くのは、エンジン交換のためにグリッドを21番手に下げられながら、しぶとい走りで上位に上がってきた片岡だ。

 25周終わりで3位の土屋と5位の金石が相次いでピットイン。しかし金石は作業時間が34秒もかかってピットアウト。

 28周終わりで遂にトップのビルドハイムがピットイン。タイヤ4本交換で15秒9の作業時間。9位でコースに戻っていった。
 これで松田がトップに立った。松田は29周目に自己ベストを更新。

 29周目の1コーナーでトレルイエが柳田のインを突いて14位に。

 30周目に入ったところでピットレーンを雨粒がぬらし始めた。ここで3位クインタレッリと4位片岡が相次いでピットへ。クインタレッリが先に作業を終え、片岡を抑えてピットアウト。しかし片岡は34周目の1コーナーでクインタレッリを捉え、アウトから抜き去っていく。クインタレッリは堪らずコースアウト。バリアに突っ込んでクルマを降りた。

 この時点での順位は、1位松田、2位山本、3位小暮、4位デュバル、5位密山。このうち、ピット作業を終えた中での最上位はデュバルだ。

 松田は一向にピットに入るそぶりを見せず、31周、32周、33周と立て続けに自己ベストを更新していく。
 35周終わりで松田は漸くピットイン。17秒4の作業時間でコースに戻っていくが、その鼻先をデュバルがかすめていく。

 このあたりからラップタイムが一気に落ちてきた。とうとう雨の影響が出てきたようだ。ポストからはオイル旗が出ている。この時点でのトップは山本。20秒の間隔をおいて小暮が2番手だ。

 しかし一旦落ちたラップタイムは37周目には持ち直した。不安定な天候に翻弄され、各チームともレインタイヤへ交換すべきかどうかの判断がつかない。

 39周目、金石のリヤから白煙が。エンジントラブルからオイルを吹き上げている。これに乗り上げた星野が1コーナーでコースアウト。
 この周の終わりでトップの山本がピットイン。19秒の作業時間でピットアウト。
 これでピットストップを済ませていないのは小暮だけとなった。しかし小暮はトップに立った直後のデグナーでコースアウト。進入から完全に横を向いた状態だった。再び雨脚が強まり、かなり滑りやすくなってきたようだ。これでビルドハイムに追いつかれた小暮は、41周目の1コーナーでトップの座を奪われる。続いてデュバル、松田、片岡らにも抜かれ、小暮は一気に5番手にまで落ちてしまった。

 一方、2位に上がったデュバルはその勢いにのってビルドハイムとの差を詰めていき、この周のスプーンでインに車体をねじ込んでトップを奪い取る。抜かれたビルドハイムの後ろには松田が迫ってきた。

 消耗したタイヤでウェット路面を走っていた小暮は42周終わりで漸くピットイン。タイヤ交換はせずに作業時間19秒でコースに戻るが、大きく順位を落としてしまった。

 43周目の130Rで松田がコースアウトするが、なんとか片岡を抑えてシケインを立ち上がっていく。

 44周目のデグナーで本山がコースアウト。その脇をトレルイエがすり抜けていく。この時点でトレルイエは5位に浮上した。

 この時点でレインを装着しているのは密山と武藤だけだが、路面はかなり滑りやすくなっており、45周目の1コーナーで松田、片岡に続いて数台が相次いでコースアウトしてしまった。これに乗じたトレルイエは遂に3位、表彰台圏内まで上がってきた。

 路面コンディションの悪化に耐えかねた片岡、本山、松田、道上らは45周終わりでピットイン。レインタイヤに交換してコースに戻っていった。

 スリックタイヤのままコースに留まり、3位を走行していたトレルイエは46周目のデグナーでコースアウト、続いて47周目の1コーナーでもコースアウト。これにより再び5位まで後退してしまった。背後にはレインを履いた武藤が迫ってきた。

 残り周回が4周時点でもトップのデュバル、2番手のビルドハイム、3番手の山本はまだスリックで粘っている。しかしこの判断が功を奏し、48周目には山本が1分57秒台までタイムを戻してきた。更にはトレルイエが54秒台をたたき出す。

 路面コンディションは再び回復の兆しをみせてきた。この勢いを駆ってトレルイエは49周目の1コーナーでロッテラーのインに車体をねじ込み、4位を奪い返した。この周なんと51秒台だ。
 続いてこの時点で6.5秒あった3位山本との差を50周目では1.5秒まで差を詰め、ファイナルラップのシケインでは遂に山本をねじ伏せて3位を取り返してみせた。

 こうした激しいバトルが後方で繰り広げられる中、デュバルは後続を全く寄せ付けない走りで51周を走りきり、デビュー2戦目で日本での初勝利を飾った。

 2位にはビルドハイム、3位にはトレルイエが入り、久々に外国人ドライバーが表彰台を独占する結果となった。以下、4位山本、5位ロッテラー、6位にはルーキーの武藤が入り、デビュー2戦目にして初のポイントを挙げた。

 次回第3戦は5月28日、ツインリンクもてぎで開催される。


1 ロイック・デュバル (PIAA NAKAJIMA HONDA)   1:36'47.366
2 ビヨン・ビルドハイム (DoCoMo DANDELION HONDA)  2.172
3 ブノア・トレルイエ (mobilecast IMPUL TOYOTA)   11.517
4 山本左近 (KONDO TOYOTA)          12.220
5 アンドレ・ロッテラー (DHG TOM'S TOYOTA)      16.757
6 武藤英紀 (PIAA NAKAJIMA HONDA)      23.686
7 片岡龍也 (LeMans TOYOTA)         1:01.202
8 本山哲 (arting IMPUL TOYOTA)       1:14.475
9 松田次生 (mobilecast IMPUL TOYOTA)    1:14.638
10 土屋武士 (DHG TOM'S TOYOTA)       1:22.997
11 平中克幸 (DoCoMo DANDELION HONDA)    1:33.812
12 密山祥吾 (DPR Direxiv HONDA)       +1Lap
13 横溝直輝 (BOSS・INGING TOYOTA)      +1Lap
14 星野一樹 (arting IMPUL TOYOTA)      +1Lap
15 折目遼 (M&O 5ZIGEN HONDA)        +1Lap
16 高木虎之介 (LeMans TOYOTA)        +1Lap
17 小暮卓史 (ARTA HONDA)          +1Lap
18 道上龍 (5ZIGEN HONDA)          +5Laps
-------- 以上規定周回(45 Laps)完走 --------
 柳田真孝 (KONDO TOYOTA)      42Laps
 立川祐路 (RECKLESS CERUMO TOYOTA) 40Laps
 金石年弘 (ARTA HONDA)       38Laps
 ロニー・クインタレッリ (BOSS・INGING TOYOTA) 33Laps



【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net

スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/751-15c90592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。