MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第4戦 サンマリノGP チームプレビュー  ウィリアムズ


 ヨーロッパラウンドは、今月23日(日)アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ、通称イモラ・サーキットで26回目となるサン-マリノGPからスタートする。4週間で3度もの飛行機移動を強いられたハードな開幕3戦に続き、ヨーロッパラウンドのスタートは真の力をより試される舞台になる。



【F1 ウィリアムズ特集】 楽天ウィリアムズ市場


 イモラで開催されたレースの30%で勝利を挙げているウィリアムズF1チームは、1981年に初レースが行われて以来、最も成功を収めたチーム。前戦のオーストラリアGPでは2台ともリタイアを余儀なくされたため、FW28の信頼性を証明しようとさらに努力を重ねた。チームの誰もが、過去に好成績を残したこのサーキットで幸運に恵まれることを願っている。

 オーストラリアGP後、M.ウェーバーとN.ロズベルグのスケジュールは特に決まっていなかった。しかし、ウェーバーは今週末のレースに先立ち、マーケティング契約を交わすなど、チームのスポンサー活動に貢献している。18日(火)にはイギリスのベッドフォード飛行場で、『ロイター通信』が招いたゲストたちに、シングルシーターのレース技術を披露する予定だ。その後、イタリアに向かい、2005年のパフォーマンスに対して与えられることになった、有名なロレンツォ・バンディーニ賞の授賞式にも出席することになっている。

 オーストラリアGPからサン-マリノGPまでの3週間、チームはバレルンガとバルセロナで2度のテストを行った。アレックス・ブルツはバレルンガで行われた2日間に及ぶテストを担当。サン-マリノGPに向けての重要なタイヤ評価を行い、FW28に新しいサスペンションを搭載し、800kmを走行した。

 4日間に及んだバルセロナテストでは、4人のドライバーが勢ぞろい。ウェーバー、ロズベルグ、ブルツ、そしてカーティケヤンの全員がテストに参加し、信頼性の問題とパフォーマンスの改良に取り組み、およそ3000kmを走破した。チームが断続的に行う開発の一環として、クルマには新しい空力パーツなど、さまざまなメカニカルパーツが搭載され、その全てがサン-マリノGPで使用される予定だ。

 歴史的で、リバッツァやアクア・ミネラリのようなエキサイティングなコーナーをもつイモラは、間違いなく印象深いサーキットのひとつである。しかし、ドライバーにとっては、攻撃性を備えた完璧なハンドリングと、バランスのとれたパッケージを要求するチャレンジングなサーキットでもある。優れた縁石を乗りこなす能力のあるクルマだけが62周のレースで生き残ることができる。その間、ドライバーは全長4.933kmを周回するごとに、左に10回、右に6回曲がるコーナーと格闘しなければならない。長い高速ストレートと中速コーナーが混ざったこのサーキットでは、最適なセットアップが成功へのカギとなる。

★M.ウェーバー
20060420224705.jpg「イモラはみんなが待ち望んでいるサーキットだよ。ヨーロッパラウンドの初戦だし、開幕3戦は飛行機の移動が続いたから、やっと家に帰ってきたように感じだね。新しいシーズンが本当に始まったなって思っているよ。モーターホームからレースに出かけるという、伝統的で慣れ親しんだ風景がとても気分を癒してくれるから、パドックの雰囲気がいつもとてもいいんだ。このコースはたくさんの縁石を使いこなさないといけないから、独特でチャレンジングだね。これまで、イモラのレースはとても楽しんできたし、バルセロナでは素晴らしいテストができたから、ブリヂストンタイヤもウィリアムズのクルマも、よくなっていると思うから、クルマに乗るのが待ち遠しいよ」


★N.ロズベルグ
20060420225021.jpg「イモラでの初レースが楽しみだよ。ブリヂストンがオーストラリアGPで経験したような、低温に対するコンパウンドについて修正してくれた。先週のバルセロナテストはうまくいったし、僕たちは確実に進歩していると思うよ。特に空力パッケージは素晴らしくなっている。イモラ・サーキットはGP2の頃から知っているから、その経験を生かしたいね。レースを楽しみにしているよ」


★サム・マイケル(テクニカルディレクター)
「オーストラリアGP終了後、チームはバレルンガとバルセロナでテストを行い、クルマの信頼性とパフォーマンスの改善に力を注いできた。メルボルンでマークのクルマのギアボックスにトラブルが見つかったが、すでに解決している。二度と同じような失敗を繰り返さないために適切な修正ができたと思う」

「イモラ・サーキットは主に中速コーナーと高速コーナーが混ざっており、シケインも多い。ここの縁石を使いこなすには、クルマのセットアップがとても重要になるだろう。しかし、高速コーナーでの安定性も重要だ。われわれは空力と技術的な面で改良する予定だが、通常のシーズンを通しての開発プログラムに組み込まれているものと変わりはない。ブリヂストンは路面温度が低い場合のタイヤのグリップを改良するために努力を重ねてくれた。その結果、イモラには新しい2種類のタイヤを持ち込むことになっている。タイヤの磨耗はそれほど問題ではないが、ピットレーンが短いことやレースでの燃料搭載量の戦略が重要なカギとなるだろう。開幕3戦でFW28がコンペティティブであることが証明されているし、より大きな信頼性を得れば、もっと上位を狙えるはずだ」


★シモン・コービン(コスワース、F1F1レースエンジニア部門責任者)
「最高の信頼性を得るために、サン-マリノGPでは両ドライバーに新しいCA2006シリーズのエンジンを用意している。マークもニコもオーストラリアGPではフィニッシュすることができなかったので、結果的に、グリッド降格のペナルティに悩まされることがないのは救いだよ。われわれはエンジンの信頼性を証明し、レースにうまく対処できるよう、ウィリアムズと密に仕事をしながら、できるだけベストなパフォーマンスが見せられるようにいつも通りチャレンジするだけだ」



【出光カードまいどプラス】年会費永久無料!入会キャンペーン中

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/758-82740dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。