MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第4戦 サンマリノGP 日曜日 決勝レポート


 ティフォシたちが待望していたフェラーリ一色のイモラ。2006年F1世界選手権 第4戦サンマリノGPでそれを叶えたのは、フェラーリのエース、M.シューマッハだった。



【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ特集


 土曜日の予選で故アイルトン・セナの記録を塗り替え、最多ポールポジション獲得記録を樹立。決勝スタート前には急きょ、燃料システムを交換するなど、対応に追われる場面もあったが、レースでは昨年同様、ルノーのF.アロンソと手に汗握る激闘を繰り広げている。

20060424215556.jpg 日曜日のイモラ・サーキット(アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ)も快晴に恵まれ、気温27℃、路面温度40℃、湿度25%のドライコンディション。スタンドには上半身裸の観客も見られる夏日だ。





20060424215743.jpg 全62周回で争われる決勝レースのスタートは、ポールポジションのシューマッハがトップをキープし、その後ろにはフロントロースタートのJ.バトン(ホンダ)、さらには4番手スタートのF.マッサ(フェラーリ)、そして4番手にはアロンソが続く。3番手スタートのR.バリチェロ(ホンダ)は5番手に後退してしまった。

20060424215912.jpg 順調なスタートを切った22台の隊列は、最後尾で井出有治(スーパー・アグリ)とC.アルバース(ミッドランド)が接触、アルバースは何回転もする大転倒でマシンを大破してしまう。井出もこのアクシデントの影響で緊急ピットインを強いられ、コース上にはセーフティカーが投入された。

 3周目に入るところでセーフティカーが解除されると、シューマッハ、バトン、マッサ、アロンソ、バリチェロ、R.シューマッハ(トヨタ)、J.P.モントーヤ(マクラーレン)、J.トゥルーリ(トヨタ)、M.ウェーバー(ウィリアムズ)、K.ライコネン(マクラーレン)といったトップ10でレース再開。トップを走るシューマッハのペースは盤石だが、2番手バトンも速い。特に、マシンセッティングが問われるアクアミネラリからバリアンテアルタ、リバッツァのセクター3で速さを見せつけている。一方、日本勢の一角、トヨタのトゥルーリはトラブルだろうか、5周目にピットに入った。

 15周目、ホンダ陣営が動く。まずはバリチェロがピットイン、次の周回でバトンもピットに入るが、バリチェロの給油作業で手こずってしまう。

 一方、シューマッハは1分25秒台前半のファステストを刻みながら、トップを快走。20周目に1回目のピットストップを済ませる。ところが、この後のペースが上がらず、2番手に追い上げてきたアロンソに差を縮められてしまった。

 30周目、バトンの2度目の給油作業で大きなアクシデントが発生する。ロリポップマンがロリポップを早めに上げてしまったため、バトンのマシンが急発進。給油ノズルからガソリンがこぼれ、クルーがなぎ倒されるという、あわやのシーンとなった。優勝が期待されたホンダは実質上、この時点で優勝争いから脱落してしまった。

20060424220715.jpg そんな、どたばた劇とは裏腹に、シューマッハとアロンソのバトルは加熱する。依然としてペースの上がらないシューマッハは1分28秒台までタイムを落とし、アロンソとテール・トゥ・ノーズの接近戦を展開。これに業を煮やしたアロンソが41周目、予定より早くピットに入り、逆転を狙うが、次の周回でピットインしたシューマッハは、フェラーリの見事なピットワークに支えられ、アロンソの前でコースに復帰、再びトップで残り20周を戦うこととなった。

20060424220919.jpg 昨年は逆の立場で優勝を争った新旧王者の2人。再びのマッチレースは残り4周のところで、アロンソが縁石に乗り上げすぎて、バランスを崩す痛恨のミス。これで楽になったシューマッハは1分25秒台のペースを取り戻し、今季初勝利のチェッカーを受けた。

 フェラーリの地元でポール・トゥ・ウインを果たしたシューマッハは、昨年のアメリカGP以来の優勝を果たすとともに、通算85勝目を挙げている。2位にはアロンソ、3位にはモントーヤが入り、今季初表彰台を獲得。4位以下はマッサ、ライコネン、ウェーバー、バトン、フィジケラが入賞した。

 その他、日本勢はラルフが9位、バリチェロが10位、スーパー・アグリは開幕戦以来、完走を続けてきた佐藤琢磨が44周リタイア、井出はスタート直後のアクシデントからコース復帰を果たしたものの、33周リタイアとなった。

 久々に強いシューマッハとフェラーリがグランプリを席巻した第4戦サンマリノGP。次戦は舞台をニュルブルクリンクに移し、ヨーロッパGPが開催される。開幕は5月5日(金)。初日のフリー走行1回目は日本時間18時(現地時間11時)に開始される。


1 M.シューマッハ (フェラーリ)   1:31'06.486 202.322Km/h
2 F.アロンソ (ルノー)         2.096 
3 J.P.モントーヤ (マクラーレン)   15.868
4 F.マッサ (フェラーリ)        17.096
5 K.ライコネン (マクラーレン)     17.524
6 M.ウェーバー (ウィリアムズ)     37.739
7 J.バトン (ホンダ)          39.635
8 G.フィジケラ (ルノー)        40.200
9 R.シューマッハ (トヨタ)       45.511
10 R.バリチェロ (ホンダ)        1'17.851
11 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)     1'19.675
12 J.ビルヌーブ (ザウバー)       1'22.370
13 N.ハイドフェルド (BMW)      1Lap
14 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)     1Lap
15 S.スピード (トロ・ロッソ)      1Lap
16 T.モンテイロ (ミナルディ)      2Laps
----------------------------------------------------------------------
 D.クルサード (レッドブル)    47Laps ドライブシャフト
 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    44Laps メカニカル
 C.クリエン (レッドブル)     40Laps 油圧系
 井出有治 (スーパー・アグリ)    23Laps サスペンション
 J.トゥルーリ (トヨタ)      5Laps ステアリング
 C.アルバース (ミッドランド)   0Lap アクシデント



【ファステストラップ】

1 F.アロンソ (ルノー)       23Laps 211.098Km/h 1'24.569
2 M.シューマッハ (フェラーリ)   19Laps 210.961Km/h 1'24.624
3 K.ライコネン (マクラーレン)   49Laps 209.961Km/h 1'25.027
4 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 22Laps 209.791Km/h 1'25.096
5 R.シューマッハ (トヨタ)     45Laps 209.250Km/h 1'25.316
6 J.バトン (ホンダ)        29Laps 209.174Km/h 1'25.347
7 G.フィジケラ (ルノー)      43Laps 209.159Km/h 1'25.353
8 J.ビルヌーブ (BMW)      53Laps 208.951Km/h 1'25.438
9 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   39Laps 208.829Km/h 1'25.488
10 F.マッサ (フェラーリ)      12Laps 208.731Km/h 1'25.528
11 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   43Laps 208.363Km/h 1'25.679
12 N.ハイドフェルド (BMW)    53Laps 207.595Km/h 1'25.996
13 R.バリチェロ (ホンダ)      12Laps 207.275Km/h 1'26.129
14 S.スピード (トロ・ロッソ)    57Laps 206.989Km/h 1'26.248
15 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   30Laps 206.581Km/h 1'26.418
16 C.クリエン (レッドブル)     30Laps 205.770Km/h 1'26.759
17 D.クルサード (レッドブル)    41Laps 205.542Km/h 1'26.855
18 T.モンテイロ (ミッドランド)   53Laps 204.823Km/h 1'27.160
19 J.トゥルーリ (トヨタ)      4Laps 202.778Km/h 1'28.039
20 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    40Laps 200.363Km/h 1'29.100
21 井出有治 (スーパー・アグリ)    15Laps 196.111Km/h 1'31.032



ゴルフダイジェスト・オンライン

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント

TBありがとうございます。
お返事遅くなりました。
これからもヨロシクお願いします。
また遊びに来ます。
【2006/04/26 15:35】 URL | @しゅん #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/767-1c4d36c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1 2006 第4戦 サンマリノGP

 【決勝結果】 1-5:M.シューマッハー(FE) 2-1:F.アロンソ(RE めぃすた。の塔【2006/04/25 00:59】

2006.04.25 News

■バトン、「いまのチームでは勝てない」 そのとうり。意識改革が必要だ。... ホンダエンジン【2006/04/25 07:02】

第4戦 サンマリノGP

■ホンダ決勝リザルト またもや、ダメッぷりを発揮してしまった。 ■決勝結果 ■ホ... ホンダエンジン【2006/04/25 07:04】

第4戦 SanMarino GrandPrix 決勝結果

ネタバレあり! 取り扱い注意。 TRT Communication【2006/04/25 11:22】

[F1] 2006年 サンマリノGP 決勝

フェラーリ・シューマッハ対ルノー・アロンソRead more... ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】【2006/04/25 14:52】
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。