MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
FIA  2008年F1参戦チームを発表


 さまざまな憶測が飛び交っていた、2008年F1世界選手権への参加チームが、28日(金)、FIAから正式に発表された。既存の11チームに加え、新規参入を果たすのは、デビッド・リチャーズ率いる『Prodrive(プロドライブ)』に決定。



F1グッズ売れ筋ランキング! 楽天ランキング市場


 FIAは、現在、F1に参戦中の11チームと、新たに参戦を試みた11チームの合計22チームからのエントリー申請を受理していた。

 FIAの公式発表の際、FIA会長のマックス・モズレーは次のようにコメントしている。
「プロドライブは経済的支援もベストなチームだし、技術的な能力もある。モータースポーツの経験も豊富で、すでに、WRCに参戦していることはFIAでも有名な話だ。また、デビッド・リチャーズはF1のチーム代表としての経験も素晴らしい」


●2008年エントリーチーム
BMWザウバーF1チーム
Honda Racing F1チーム
ミッドランドF1レーシング
プロドライブ
レッドブル・レーシング
マイルドセブン・ルノーF1チーム
スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
SUPER AGURI F1チーム
スクーデリア・トロ・ロッソ
パナソニック・トヨタ・レーシング
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
ウィリアムズF1チーム



デビッド・リチャーズ F1エントリー承認を喜ぶ

 28日、プロドライブが2008年FIAワールドチャンピオンシップへの参加を決めた12チームのうちに1チームとして承認された。
「プロドライブに入るみんなにとって、これはすばらしい知らせだ。」とプロドライブの会長であるデビッド・リチャーズは語った。

「我々はワールドラリーチャンピオンシップ、ブリティッシュツーリングカータイトル、ル・マンGT1クラスで勝利しており、我々だけのプロドライブチームを率いて、F1に加わりたいと何度も語ってきた。我々は今最初のステップを踏んでいる。」

 F1に初めてプロドライブが参加することになるだろう。デビッド・リチャーズと彼のマネジメントチームは2002年から2004年までBARF1チームを運営してきた広範囲にわたる経験を持っている。2004年にはマニュファクチャーズチャンピオンシップで2位を獲得している。デビッド・リチャーズもまた、1998年にベネトンF1チームのチームプリンシパルであった。

 FIAは新しいレギュレーションを導入しており、2008年から施工されるだろう。リチャーズは次のように語った。
「我々は新たなレギュレーションがプロドライブにとって、手ごろな予算での競争を許すだけでなく、F1をさらにエキサイティングなものにさせるだろう。世界中のTV視聴者と観衆にとってこれまで以上のエンターテイメントとなる。」

 プロドライブはすでにウォーリックシェアで彼らのF1チームに住宅を与える計画を立てている。これはイギリスの自動車とモータースポーツ産業を支える拡大する開発の一部である。まだ、建築許可を取っている対象であるが、これが認められれば、工事は今年の終わりに始まるだろう。差し当たり、プロドライブはその施設からF1プログラムを起動させるであろう。

「エントリーは始まりに過ぎない。今から、チームを作り、2008年のチャンピオンシップ開幕戦へ向け、スターティンググリッドに2台のマシンを準備するには、2年もない状況である。その作業は莫大であり、設立されるチームの専門的技術と経験がよく認識された。しかしながら、プロドライブはモータースポーツの経験を20年以上持っており、我々みんなが挑戦を楽しみにしている。」とリチャーズは語った。



マックス・モズレー  12チーム以上加えれることも出来るだろう

 FIA代表のマックス・モズレーはさらに多くのチームがF1に加わることが出来るだろうと語っている。

「問題は我々が安全面において12チームを限界としたことであり、12チームを受け入れれるサーキットもいくつかあるが、ピットや、ガレージに変更を行なわなければならない所もある。」

「しかし、もし、オーガナイザーやプロモーターが投資を行ないたいならば、その可能性がないという理由は基本的にはない。」



トレバー・カーリン  F1参入をあきらめず

 2008年のF1世界選手権参戦12チーム決定によって、選から漏れてしまったカーリン・モータースポーツだが、彼らのF1への思いは冷めることなく、2009年以降の参戦を視野に活動を続けていくという。

「2008年のF1世界選手権へのエントリーは、またとないチャンスだった。今回選ばれなかったことは残念だが、 事務局長の方からは気を落とさず、欠員が生じた場合に備えて、今後も連絡を絶やさぬようにとの励ましを受けており、感謝している」とトレバー・カーリン代表は語った。

「われわれはF1に向けたビジネス計画を継続する意向であり、2008年のための資金確保と、2次的財源についての交渉を続けていく」



イーバンク銀行 ゴールドラッシュプログラム

スポンサーサイト


テーマ:F1 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/771-f2acf755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。