MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
SUPER GT 第3戦 富士 【FUJI GT 500km RACE】 インフォメーション


ゴールデンウイークはSUPER GT!
 今年も富士で超高速の戦いを体験せよ
  序盤戦最大の山場がそこにある

 富士スピードウェイが改修工事で休業の2004年以外は、1994年以来ずっと開催されているゴールデンウイークまっただ中のビッグレース。それが「FUJI GT 500km」である。
 伝統の超高速コースでは、過去多くの激戦、名勝負が演じられてきた。昨年、新コースに生まれ変わった富士スピードウェイではあるが、その本質は変わらず"超高速"コースだ。
 この富士を舞台に500kmというロングディスタンスで行われる高速バトルは、今年も数々のドラマを生み出すだろう。



楽天市場 ホビー 【SUPER GT NSX】


大会名称 2006 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJI GT 500km RACE
開催日程 2006年5月2日(火) 練習走行
     2006年5月3日(水) スーパーラップ(公式予選)/カート決勝
     2006年5月4日(木) 決 勝

開催サーキット 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)
コース全長 4.563km

20060501155646.jpg
 この第3戦で注目なのは、昨年この富士での2戦を連勝したNo.1 ZENTセルモSC(立川祐路/高木虎之介組)だろう。立川とセルモは新旧の富士で通算5勝を挙げており、この富士を得意としている。これに対抗するのは、やはり同じSC430である開幕を勝ったNo.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)か、それともNSX、フェアレディZなのか?

 昨年は高速コースを得意とするスープラにアドバンテージがあった。このため、下馬評ではその血を引き継ぎ高速性能が優れるSC430勢が有利と言われている。だが、3月28、29日に富士で行われた公式テストでトップタイムを出したのはNo.18 TAKATA童夢NSX(道上龍/小暮卓史組)であり、2番手につけたのは、No.12 カルソニックインパルZ(ブノア・トレルイエ/星野一樹組)だった。

 そこを考えると決してSC430の独壇場にはならないのではないか?
 合同テストトップのNo.18 TAKATA童夢NSXは前戦岡山でパーフェクト勝利を挙げて、90kgのウエイトハンデを背負うだけに勝利は少し厳しいだろう。だが、同じTeam Honda RacingのNo.8 ARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組)など、NSXの有力マシンはまだいる。そして、開幕鈴鹿、第2戦といいレースはしているが、優勝を勝ち得ていないZ勢も、NISMOのNo.23 XANAVI NISMO Z(本山哲/松田次生組)を中心に巻き返しを狙っているはずだ。昨年、富士を苦手としたZだが、今季は確実な富士対策もありそう。
 さらに今季は2台となってしまったスープラも、持ち味の高速性能を存分に発揮すれば、長丁場の500kmレースだけに、実績豊富なスープラが金星をさらう可能性もなきにしもあらずだ。



 GT300クラスは、今季大きく勢力図が変わってきている。
 開幕ではNo.88 アクティオ ムルシェRG-1(マルコ・アピチェラ/桧井保孝組)がGT初優勝。第2戦では、No.27 direxiv ADVAN 320R(密山祥吾/谷口信輝組)が勝つなど、表彰台の顔ぶれが変わっている。

 そこでこの一戦だが、ストレート勝負でパワーが必要な富士では大排気量のマシンが優位と思われる。となると、開幕戦で勝利したNo.88の僚友No.87 トライクジャパン ムルシェRG-1(山西康司/WADA-Q組)やヴィーマックの大排気量組であるNo.62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R(柴原眞介/八木宏之組)とNo.96 EBBRO BTEC MAZIORA 350R(黒澤琢弥/黒澤翼組)などが有力候補と言えるだろう。そして、今季連続3位入賞を果たしているNo.110 TOTALBENFIT GREENTEC BOXSTER(松田秀士/菅一乗組)に注目だ。

 しかし、500kmと距離の長いレースだけに、ポルシェ勢やZ、そしてデイトナに参戦したエンジンを使用するNo.2 Privée Zurich・アップル・紫電(高橋一穂/加藤寛規組)など耐久性やストレートスピードに自信のあるマシンも不気味な存在といえよう。また、開幕、第2戦と十分な走りができなかったNo.55 DHG ADVAN FORD GT(光貞秀俊/池田大祐組)も今回は元気な走りを見せてくれるはずだ。



■お得!出光まいどプラス

スポンサーサイト


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/775-b05c03ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。