MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第5戦 ヨーロッパGP チームプレビュー  ミッドランド


 ミッドランドF1はシルバーストーンテストの3日間で、タイヤコンパウンドの評価とアップグレードを行い、F1世界選手権 第5戦 ヨーロッパGPが開催されるドイツ西部の美しいアイフェルの地へと向かう。



【ジョーダン グッズ】  楽天 ジョーダン特集


 テストの成果に勇気付けられたチームは、ニュルブルクリンク(全長5.148km)で、改善されたペースを披露しようと意気込んでいる。
 2003年のDTMでC.アルバースが優勝し、さらに、2005年 F3ヨーロッパシリーズでは、テストドライバーのエイドリアン・スティールが表彰台の頂点に上ったこともあり、ミッドランドのドライバーにとってこのニュルブルクリンクは思い出深いコースのようだ。また、現在、チームのスポーティングリレーションズマネジャーを務めるジョニー・ハーバートも、1999年のF1ヨーロッパGP、豪雨のニュルブルクリンクで優勝を飾っている。


★T.モンテイロ
20060505111814.jpg
「サンマリノGPの後、チームはシルバーストーンで3日間のテストを行い、多くの周回を重ね、実施したタイヤテストから有益なデータを得ることができたんだ。ニュルブルクリンクに向けてのタイヤ選択には満足しているよ。ここでは速いタイムを出すのにトラクションが多く求められるし、ヘアピンの出口が重要なポイントだね。テストでは、わずかながらスピードが改善できたから、それをレースで発揮できることを期待している。今シーズンのF1は強敵ぞろいで、グリッドを得るのがかなり難しいんだ。僕らには、まだ速さが足りないから、特に予選が厳しいね。でもチームはできたばかりだし、全力で戦い続けるよ」


★C.アルバース
20060505112003.jpg
「イモラの大事故の後で、再びレースに戻ってくることができうれしいよ。今回はいいスタートを切って、いい位置まで順位を上げられるように願っている。
ニュルブルクリンクは馴染みのあるサーキット。F3やDTM時代に、ここではいい成績を収めてきたからね。今年はベルギーGPが開催されないから、今回がオランダから最も近いグランプリ。つまり、僕にとってはホームグランプリということさ。会場に多くのオランダ人ファンが詰め掛けてくれることを、いつも誇りに思っているんだ。グランドスタンドのオレンジ色を見ると、とても勇気づけられる。モチベーションも格段に上がるし、ベストを尽くして、ファンや懸命に仕事をしてくれているチームのみんなの期待に応えたいね。彼らのサポートは僕にとって非常に重要で、それに報いるために最大限努力しなければならないと思っているよ」


★エイドリアン・スティール(テストドライバー)
20060505112233.jpg
「金曜日の公式セッションを走るのは、今回が初めてだから、とてもうれしいよ。昨年、このサーキットでF3ユーロシリーズが開催されたんだけど、僕がレースで優勝したんだ。だから、ニュルブルクリンクは本当に好きなコースだし、いい思い出があるところだよ。金曜日は力強い走りを披露して、全力でチームのサポートをしたいと思っている。準備はバッチリだから、とても楽しみだね」


★ドミニク・ハーロウ(チーフレースエンジニア)

「全長およそ5kmのニュルブルクリンクには、さまざまなコーナーが組み込まれていて、いつもアンダーステアに悩まされる。特に、ニュータイヤを履いた状態での車のバランスが重要になるので、その修正をする予定だ。レースペースはいいので、予選でも、その状態に近づけたい。先週のシルバーストーンテストを終え、われわれはいくつかのアップグレードを行った。今シーズン3基目になるエンジンも同様に進化している。戦略的には、これまでの数戦と似通ったものになるだろうが、ここでの天候は予想しにくいことを忘れてはいけない。開催時期も、例年より少し早めだから、何が起こっても不思議ではないよ」


★ジョニー・ハーバート(スポーティングリレーションズマネジャー)

「1999年、私はここで優勝したが、ドライブしていたスチュワートが弱小チームだったので、今でもみんながそのときの驚きを話してくるよ。当時のわれわれは、今のMF1と同じ状況下にあった。不運に見舞われ、本来のポテンシャルを発揮できないでいたのだ。しかし、それぞれが役割を果たし、考え抜くことがいかに大切かということが、その優勝で理解できたんだよ。今は、自分たちを信じ、向上しようとチーム全員が懸命に働いている。今週末は、あのときのような幸運が舞い降りてくることを期待しているし、少しでもいいから成功を味わいたいね」



なんか暇だなぁ。そうだ!楽天フリマに出品しよう!

初めての方は30日間無料!簡単に出品可能!


スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/787-6f220356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。