MS news & Result
F1を初めとするモータースポーツのリザルト、テスト情報を中心に、最新の情報、ニュースを提供します。


プロフィール

server

  • Author:server
  • 日本GPを16年連続で観戦している、F1大好きなサラリーマンです。F1に限らすFNやSPGTも観戦しています。
    このプログは、個人的に情報を集めた趣味みたいなものですので、気軽に見てやってください。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる











君が代が聴きたい(続)
佐藤琢磨とホンダF1の戦いを追って



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TOP
第5戦 ヨーロッパGP チームプレビュー  ウィリアムズ


 F1世界選手権 第5戦 ヨーロッパGPは、5月5日(金)から7日(日)までの3日間、ドイツのニュルブルクリンクで開催される。
 伝説的な旧コース(ノルトシュライフェ)が、初めてレースやテストに使用されたのは1927年のこと。それ以来、ニュルブルクリンクでF1グランプリが催されるのは今回で36度目になる。



【F1 ウィリアムズ特集】 楽天ウィリアムズ市場


 F1の安全基準の見直しを受け、全長22kmのノルトシュライフェは、数回にわけて改築され、さらに、その工事には長い年数を要した。最近の改築工事は1984年に終了。その改築でできたのがレースコースのニュルブルクリンクだ。ケルンの南西80kmに位置し、美しいアイフェル地域にある同コースの全長は約5km。N.ロズベルグとM.ウェーバーは今回がホームグランプリであり、ロズベルグにとっては初めての地元レースとなる。そんな両ドライバーは、歴史と伝統のある同コースで走ることを楽しみにしているようだ。

 今年はイギリスGPの日程が変更されたため、各チームはサンマリノGP後、早い段階でシルバーストーンテストを実施しなければならなかった。テストドライバーのアレックス・ブルツを含む、ドライバー3名が3日間のテストに参加したウィリアムズ。6月のレースに向けて、タイヤのコンパウンドやケーシングを次々と評価し、新しいリアウィングの配置やブレーキなど、改良された機械部品やエアロ系部品を大量にテストした。3人はこの3日間で2800km以上を走破し、チームはさまざまなデータを記録している。また、テスト最終日の翌28日(金)、ロズベルグとブルツはアリアンツの『グランプリの裏側』シリーズの撮影に参加した。

 現在、進行中のプログラムで、空力面を改善しているようだ。ドイツで登場するFW28は空力面が大幅に改良されているという。ウィリアムズは、全体的な競争力をさらに高めたいと確固たる姿勢を貫いている。

 ヨーロッパGP決勝は60周で争われる。1周5.148kmのリズミカルな起伏が随所に見られるトラックには、低速、中速、高速すべてがブレンドされた、右回りと左回りのコーナーがそれぞれ8つずつあり、その後に続くストレートへとつながっている。リニューアルされたニュルブルクリンクは、スタジアムセクションや、第1コーナーに入る際の最終シケインの出口など、思わず息を呑んでしまうようなオーバーテイクも可能なコースになった。山に囲まれたアイフェル地域特有の変わりやすい天候は、ヨーロッパGPの結果にも影響しそうだ。


★M.ウェーバー
20060505113355.jpg
「イモラの予選や決勝で、これといって、ペースがいいということはなかった。でも、レースでクルマの信頼性をなんとか取り戻せたことは、素晴らしい成果だね。ブリヂストンタイヤの調子はいいけど、僕らが直面している難題は全てのレースで正しいタイヤ選択を行うこと。ライバルに比べてどの程度の力を持っているのか、ニュルブルクリンクではっきりすると思うんだ。もちろん、ベストな結果を得るために、僕らは最適な戦略やタイヤを選択するつもりだよ。この時期、ニュルブルクリンクの天気は変わりやすい。だからレースも予測不可能さ」


★N.ロズベルグ
20060505113647.jpg
「ホームグランプリのレースは素晴らしいさ。以前、僕はニュルブルクリンクでいい結果を出せたことがあるんだ。今回はF1ドライバーとして結果を残したいね。起伏が激しくて、さまざまなタイプのコーナーがあるから、楽しいサーキットだよ。チームはシルバーストーンでかなり改善できたと思うけど、今後も進歩し続けて欲しいと思っている」


★サム・マイケル(テクニカルディレクター)

「ニュルブルクリンクはダウンフォースなサーキット。ピットエントリー前のシケインなど、コース上でオーバーテイクするポイントもある。絶えずクルマの側面に力がかかるため、重要なのはタイヤの耐久性だ。ここでは、昔からウィリアムズがいいパフォーマンスを見せてきたトラックだから、コンペティティブな週末に期待している」

「開発プログラムに続き、われわれはレースに向けて空力面でFW28を改良していく予定だ。現在の予選形式では、ワンストップとツーストップのどちらかの戦略になるだろうが、レースではタイヤの状況が重要になってくる。ブリヂストンが用意してくれた2種類のコンパウンドは、天候に関係なく、うまく機能してくれるだろう。また、われわれは金曜日の午後のプログラムを増大させる予定だ。レースに向けてタイムをセットアップするために、2人のドライバーが今までより多くの距離を走ることになる」


★シモン・コービン(コスワース、F1レースエンジニア部門責任者)

「コスワースCA2006エンジンが搭載されるのはニュルブルクリンクが2度目。トラックの性質や、変わりやすい天候のために予想できないレースになるだろう。だからこそ、ドライバー、特に、ニコが金曜日に多くの周回数を重ねることは有益だろう。ウィリアムズと協力して取り組むよ」



イーバンク銀行 SPAT4ネットバンク投票サービス

スポンサーサイト


テーマ:F1GP 2006 - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://f1supernews.blog8.fc2.com/tb.php/788-ae603be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP

F1商品 注目の一品
 早い者勝ちです!!



F1 次のGPは

SUPER GT 次のGPは

FN 次のレースは

最近の記事

月別(表示数指定)

最近のトラックバック

最近のコメント



F1グッズ


楽天 F1グッズ ランキング


佐藤琢磨


フェラーリ


ウィリアムズ


ザウバー


トヨタ


マクラーレン


ルノー


レッドブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。